牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 04月 ( 38 )   > この月の画像一覧

「株の下落とブログ」

 20日の米国市場では、再び金融不安の再燃から金融株主体に大幅な下落となった。これには、バンカメの決算内容がきっかけと言われるが、どうも変な噂も含めていくつかの要因も重なったとみられる。

 バンク・オブ・アメリカが昨日発表した1~3月期決算はメリルリンチの買収などを背景に、利益が前年同期から2倍以上増加し市場予想を上回った。しかし、クレジット損失の引当金は133.8億ドルと前四半期の85.4億ドルから大きく拡大し、純貸倒損失は69.4億ドルと前年同期の27.2億ドルから拡大し、不良資産も3倍以上増加したことを受けて、金融機関の先行き業績については不透明感強いとの見方も強まり、バンカメ株は24%もの下げとなった。

 さらに、ゴールドマンサックスがレポートで、シティグループの信用損失は引き続き急ピッチで増えていると指摘したことや、JPモルガン証券が信用危機に絡む銀行の損失が今後4千億ドル拡大する見通しで、一部金融機関は追加資本増強が必要との見方を示したことも金融株の下落要因とされた。

 それに加えて妙な噂なども出ていたことも指摘されている。ターナー・ラジオ・ネットワークブログで、ストレステストを受けた19行中16行が厳密には破たんしていると書かれていたそうである。このブログでは、厳密には破たんしている16行のうち、キャッシュフローが途切れたり、不良債権の状況が一段と悪化したりした場合に持ちこたえることができる銀行は1行もない、といった書き込みもあったとか(ロイター)。

ターナー・ラジオ・ネットワークブログ http://turnerradionetwork.blogspot.com/

 ちなみに、このブログはタイム・ワーナー傘下のターナー・ブロードキャスティング・システムとは直接の関係はないそうだが、それでも、一部報道機関が書き込み内容を報じたことなどで、これも金融株の下げ要因となった。米財務省のウィリアムズ報道官も、わざわざこれについて、根拠はない。財務省はまだ結果を入手していない、と述べたとか。

 市場に影響を与えるようなターナー・ラジオ・ネットワークというブログの書き手はいったい誰なのか。風説の流布にもなりかねない書き込みの理由は何なのか。この書き込みの意図も知りたいところである。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-04-21 09:04 | 債券市場 | Comments(0)

「国債市場特別参加者会合(第26回)議事要旨より」

 国債市場特別参加者会合(第26回)議事要旨より、まずは経済危機対策に伴う国債発行計画に関しての出席者意見を見てみたい。

 40年債を各回1000億円増額し計3000億円増額、30年債を各回1000億円増額し計4000億円増額、20年債と10年債を各回2000億円増額し計3.6兆円増額、5年債を各回3000億円増額し計2.7兆円増額、2年債と国庫短期証券1年物を各回4000億円増額し計7.2兆円増額、流動性供給入札を各回1500億円増額し計2.7兆円増額し、合計で16.9兆円の増額との意見が出されたが、もう一人全く同様の配分の意見があった。

 また、40年債及び30年債は各回2000億円増額、20年債及び10年債が各回1000億円増額、5年債が各回2000億円増額、2年債及び国庫短期証券1年物を各回3000億円とし、流動性供給入札については各回2000億円の増額としてはどうかとの意見も。

 超長期債はここもと10年との入れ替えが行われており、長期金利に影響が出たことから、増額は徐々に行うべきであるとの意見もあったが、総じて、超長期ゾーンへの増額は20年は2000億円、30年と40年は1000億円との意見が多数となっていたようである。10年債については2000億円との意見が比較期多く、中短期債については、5年や2年、国庫短期証券1年物については3000億円から4000億円との見方で、中短期債主体に厚みを置くべきとの意見が多かった。

 3年債については慎重な意見が多かった。2年債や5年債とのトレードオフの懸念や、数千億円の規模の発行ではショートスクイーズの発生が予想され、流動性に問題が出る可能性があるとの指摘があった。また、半年から1年程度のローリング収益を取って売却することが投資行動の主体となった場合に、3年債の新規発行は2年債市場に悪影響を及ぼす恐れがあると指摘する声もあった。

 また、今後の税収減などで第二次補正において10兆円規模の増額が必要になり、また来年度は参院選があり追加的な経済対策も予想されることで、この対応として、前倒債を利用したり、国庫短期証券6か月物を集中的に発行する必要があるなどすることで、回の増額では出来る限り長い年限で発行した方が良いとの意見もあった。

 同様に、近い将来の借換債の増加に繋がることや年末の補正を考慮すると、現段階から短い年限に依存するということは避け、流動性供給入札や超長期ゾーンを中心に増額した方がよいとの意見もあった。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-04-20 13:54 | 国債 | Comments(0)

「国債増発の行方」

 先週末17日の夕方に開催された国債市場特別参加者会合では、ほぼ全年限での増額が可能との見方で参加者の意見が一致したと報じられた。3年国債とか7年国債の発行とかは見送りとなったようである。

 市場参加者から示された増額幅で多かったのは、2年債と5年債、1年物短期国庫証券が月額3~4千億円程度、10年債と20年債が月額2千億円、30年債40年債がそれぞれ入札ごとに1千億円程度、動性供給入札については現行から倍増しても良いのではとの声も出ていたそうである。

 業者としては中短期ゾーンに厚みを置きたいとの意見のようだが、果たして今日の投資家懇談会では投資家からどのような意見が出るのか。将来のことを見据えれば、、多少の利回り上昇は覚悟した上で、もう少し超長期ゾーンに厚みを持たせても良いように思うのだが。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-04-20 09:37 | Comments(0)

「筍」

 今年も我が家の庭先にある竹薮に筍が生えてきた。6本ほど掘って夕食でまずはわさび醤油で筍の刺身を食した。ほとんど苦味もなく食感が良く美味しい。味噌汁の具にもしてもらったが、こちらも取りたてということもあってか、程よい歯ごたえとなりやはり旬のものは美味しい。また、三女が家庭菜園で育てたダイコンも一本抜いてもらい、ダイコンおろしで食した。旬のものを新鮮なうちいただくというのはなかなか贅沢。我が家には数日前にツバメもやってきた。メダカ池の睡蓮も葉を浮かべてきた。いよいよ春本番か。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-04-20 09:36 | 趣味関心 | Comments(0)

「ラジオ出演のお知らせ」


4月18日(土)と25日(土)の朝7時から
「幸田真音のIt's Mine!」(文化放送)に出演します。
国債のことを中心に幸田さんとお話します。
ぜひ、お聞きください。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-04-17 17:00 | 国債 | Comments(0)

「米金融機関を健全度で4分類」


17日の日経新聞によると、米政府が大手金融機関に対して健全性審査、所謂、ストレステストを終えたあと、経営の健全性によって4分類の対応を検討することを検討していると伝えた。

健全度の高い順にカテゴリーAからカテゴリーDに分類され、最上位の「A」については特段の問題がなく、公的資金の返済を認める方向。「B」については自主経営が可能ながら、資本力がやや劣り、十分な増資が課題となる。「C」に対しては資本が大幅に不足し、抜本的な公的支援が必要となる。トップ更迭や事業売却などを条件に公的資金の追加注入に踏み切る公算が大きい。「D」については極めて財務内容が脆弱で自主経営が困難なグループとなり、実質国有化などを通じた信用不安の沈静化に取り組むこととなる。

ある意味、政府による公的格付といったランク分けとなる。5月4日にもストレステストの結果が公開されるが、それによるランク分けの動向にも注目が集りそうである。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-04-17 09:08 | 景気物価動向 | Comments(0)

「東のエデン」

 なんとも不思議な、と言うか面白いアニメが始まった。先週4月9日からスタートした「東のエデン」である。原作・脚本・監督が神山健治氏ということもあって試しに録画したのだが、これがなかなか面白い。高視聴率も記録と報じられたが、なるほどといった内容である。まだ観てない方は本日、2話が放映されるため試しにご覧になってはいかがか。予定では11話で終了し、その後映画も製作される予定であるとか。まだ謎だらけであり、いったいどのように進んでゆくのか。ある意味、謎が多かったエヴァンゲリオンを最初に観たときの印象にも近かった。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-04-16 09:40 | 趣味関心 | Comments(2)

「強弱混ざった米経済指標」

 昨日発表された3月の米消費者物価指数は、前年同月比でマイナス0.4%となり、単月ベースでは1955年8月以来、約54年ぶりのマイナスとなった。ただし、タバコなどの値上がりが影響しエネルギー・食品を除くコア指数は前月比0.2%の上昇となった。景気悪化に伴うデフレ圧力の動向にも注意が必要となる。

 そして、3月の米鉱工業生産指数は前月比マイナス1.5%と5か月連続の低下となり、3月の設備稼働率は1967年の統計開始以来の水準に落ち込んだ。

 ただし、ニューヨーク連銀が発表した4月の製造業景況感指数はマイナス14.7と前月から改善し市場予想も大きく上回り、4月のNAHB住宅建設業者指数は市場予想を大幅に上回り、昨年10月以来の水準を回復した。

 そして、午後に発表されたベージュブック(米地区連銀経済報告)で、基調判断として「Reports from the Federal Reserve Banks indicate that overall economic activity contracted further or remained weak. However, five of the twelve Districts noted a moderation in the pace of decline, and several saw signs that activity in some sectors was stabilizing at a low level.」と、「経済活動は一段と収縮し、引き続き弱い。しかしながら、12地区のうち5地区において経済の収縮ペース鈍化がみられ、いくつかの地域では、業種によって低水準ながら景気が安定してきた兆しがある」との見解を示した。

 経済指標など強弱入れ混ざったものとなっているが、昨秋のリーマン・ショック以降の急激な景気の落ち込みについてはさすがにブレーキがかかってきたとみておいた方がよさそうである。まだまだ楽観論も禁物かもしれないが、過度の悲観論はやや後退してくる可能性もある。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-04-16 09:06 | 景気物価動向 | Comments(0)

「嵐の嵐」

 人気グループ「嵐」のライブDVD「ARASHI AROUND ASIA 2008 in TOKYO」がミュージックDVDで総合部門3週連続首位の新記録を樹立したそうである。我が家でも一枚の売り上げに貢献している。昨年から吹き荒れている嵐の旋風はますます勢いを増しており、我が家でも嵐の嵐が吹き荒れている。

 そのきっかけは昨年、日本テレビのNEWS ZEROの村尾さんのご好意で、生で櫻井翔君を見させてもらって以来ではあるが、ちょうどそのころから嵐の人気が急上昇しており、我が家もその流れに乗っていった。それ以降、発売されるCDはすべて長女が購入し、嵐のメンバーが出ているテレビは村尾さんのNEWS ZEROを含めてすべて録画されている。最近では我が家の嵐ブーム前に放映されていた二宮君と櫻井君が出ていたドラマ「山田太郎ものがたり」のDVDを借りて熱心に観ていた。

 ジャニーズといえば、以前は実はあまり好印象はなかった。どちらかといえば突っ張った若者キャラクターのイメージに好感が持てなかった。しかし、嵐のメンバーはむしろアットホームのイメージが強く、メンバー間の仲の良さなどもあって好感度が高い。リーダーの大野君や櫻井君は自宅に両親と住んでいるなど、これまでのジャニーズのイメージとはかなり異なる。

 メンバーの出ているドラマやミュージカルなども他のメンバーはしっかり見ており、特に一番年下の松本君にいたってはメンバーの動向などをしっかりチェックしているようである。以前、村尾さんの番組内で松本君の映画の紹介をしたことがあったそうで、その後テレビ局内で村尾さんが松本君とすれ違った際に、松本君が村尾さんのところに駆け寄りそのお礼を言われたというエピソードを聞いた。他のメンバーのチェックは、メンバーの動向を探っているといったことではなく、どんなことをしているのかなという友人としての関心からのことであるのだと思う。しかも、お礼を忘れないというあたりは人間としてもしっかりしているのであろう。

 我が家の嵐の嵐は当分止む様子はないが、世間の嵐人気もさらに強まる一方のようである。暗雲漂っている日本経済に対しても嵐を起こして、暗雲を吹き払ってほしい気もする。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-04-15 09:34 | 趣味関心 | Comments(0)

「母を訪ねて、はて何里」

我が家の庭にはネコが2匹住んでいる。一応、次女と三女が餌をやっているため、飼っているとも言えるが、ネコ嫌いの家人はいついていると表現している。この二匹は両方ともメスネコで親子である。

このうちの子供の方のネコが4月始めに突然姿を消し、それから10日以上も経過した。家の近くで新築工事が始まっており、トラックなどが出入りしていたが、その現場にそのネコが出入りしていたとの目撃談もあり、どうやらそのトラックに乗ったまま、遠くに出かけてしまった可能性が濃厚となった。もしくは交通事故といった可能性もあったが。

親猫はまだしっかりしているが、子の方はすでにそれなりの年ではあるが親離れできないような状況で、いったん遠くに行ってしまえば、帰ってくるのは難しいと思われた。

しかし、その子のネコが昨日、ひょっこりと帰ってきた。朝、ネコの鳴き声を聞いた長女が、子のネコだと判断し見に行ったところ、庭にそのネコはいた。いったいどこに行っていたのやら。もし仮にクルマに乗っていったとすればそれなりの距離はあったはずである。なにより10日以上もいなくなっていたのも事実である。

人間ならば場所を聞きながらなんとか帰宅もできようが、ネコはいったいどのように帰ってきたのか。動物の帰巣本能というのはなかなかすごいと思った次第。そういえば酔っ払ったお父さんの帰巣ではなく帰省本能もなかなかすごいと思われるが。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-04-14 10:51 | 趣味関心 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー