牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

「4-6月期実質GDPは前期比年率-2.4%」


 内閣府が朝発表した4-6月期実質GDP速報値は前期比0.6%減、年率2.4%減となり、2007年4-6月期以来の4四半期ぶりのマイナス成長となった。内需の寄与度は-0.6%となり、このうち個人消費は0.5%の減少となった。今年はうるう年となり前期の1-3月期が例年より1日多かったことによる影響の反動もあったが、原油価格や食品価格の値上がりなどもかなり影響したものとみられる。住宅投資はマイナス3.4%となり、設備投資もマイナス 0.2%と2四半期連続で低下した。外需の寄与度はプラス0.0%まで低下したが、これまで景気をけん引してきた輸出が前期比2.3%もの減少となったのが大きく、景気後退を印象づけるような内容ともなった。

 原油価格の上昇などの影響から交易条件はさらに悪化し所得流出は拡大した。所得流出を示す交易損失は1-3月期の25.9兆円から 28.0兆円に拡大。GDPに所得流出分を加えた国内総所得(GDI)は前期比マイナス1.0%と2001年7-9月期以来の下落幅となった。GDIに関してはゼロ近傍との見方もあったが、予想以上のマイナスとなったとみられ、働いてもなかなか儲けにつながらない状況となっている。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-08-13 13:12 | 景気物価動向 | Comments(0)

「ARS」


 シティグループはオークションレート証券(ARS)の不正販売に関してNY州司法当局と和解に達したが、個人投資家に販売した70-80億ドル規模の ARSを3ヶ月以内に、金融機関や法人に販売した120億ドル規模のARSを2009年末までに額面で買い戻す予定と報じられた

 このARSとはAuction Rate Securitiesのことで、オークションレート証券とか金利入札証券、入札方式証券と呼ばれているもの。地方債や政府保証の学資ローン、社債、保険証券、優先株などで構成される長期債で、入札(ダッチオークション形式)で一定期間ごとに金利が再設定される。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-08-08 10:44 | 債券市場 | Comments(0)

「北京五輪後の中国経済を懸念」


 7日付けの日経新聞によると、中国政府は北京五輪後の景気下振れを防ぐため、金融引き締め政策の修正に乗り出したそうである。同じ国で2度目、3度目の五輪はさておいて、その国で初めて開催される際は、威信をかけて五輪に向けての各種インフラ整備を行なうことが多い。昭和39年の東京五輪のときも東海道新幹線、首都高速道路、東名高速道路など一気に整備されたが、その反動で40年不況を生む事となった。

 中国ではこういった五輪後の景気後退を緩和するため、早めに景気重視に軸足を移してきたものとみられる。もちろん五輪の影響だけでなく、サブプライム問題の影響により米国経済も後退しつつあり、欧州、そして日本経済も景気後退の可能性も強めていることで、世界経済全体の落ち込みによる影響にも配慮したものとみられる。

 ただし、世界的な景気減速の要因としては、ここにきて価格が下落基調とはなっているが原油などの商品市況の値上がりによる影響も大きい。中国でも物価上昇を抑制するため、金融引き締めを強化していたが、中国の中央銀行である中国人民銀行が銀行融資の総量規制を緩和するなど、景気に配慮しての金融引き締め政策を修正するものとみられる。ただし、このタイミングでの金融緩和はインフレ加速される懸念もあるが、物価上昇の鎮静化を待っているような時間的な余裕もなかったものとみられる。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-08-07 10:37 | 景気物価動向 | Comments(0)

「旗は降ろすな」


 自民党の麻生太郎幹事長は5日の記者会見で、2011年度にプライマリーバランスを黒字化する目標について「目標とするのはよいが、ちょっと状況が厳しくなってきているだろう」と述べ、目標年限の先送りを示唆したそうである。

 確かに「日本に限らず世界を取り巻く経済環境はこの1 年間でかなり急激に変わってきた」ことも確かであり、日本経済も景気後退観測が強まっている。企業業績の悪化もあり税収減も予想され、それでなくとも達成は難しいとみられていた2011年度のプライマリーバランス黒字化という目標は、ある意味現実的ではないかもしれない。

 しかし、福田康夫首相は黒字化目標について「困難は困難だが、あらゆる手法を使って目標を達成するという心構えが極めて大事。それを実現したい」と語ったそうだが、国際公約でもあり閣議決定事項でもある「2011年度のプライマリーバランスの黒字化目標」の旗は簡単に下ろすべきではない。特に国債への信認を維持するためには、財政構造改革を推し進めていくと言う姿勢が今後も必要不可欠である。

 年末年始とみられる衆院の解散総選挙に向けての、バラマキ型機動的財政出動が必要だとの意見も今後与党内でも強まってこようが、それが選挙対策であり財政問題の先送りに過ぎないとの認識が国民の間で強まれば、逆効果にもなりかねないことも認識すべきであろう。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-08-06 09:22 | 国債 | Comments(0)

「景気動向と足元長期金利の行方」


 6月29日に発表された6月の完全失業率は4.1%となり、前月に比べ 0.1ポイント上昇した。非自発的失業者数が増加に転じるなど、雇用情勢の悪化を示す内容となった。また、経済産業省が6月30日に発表した6月の鉱工業生産指数速報値は前月比2.0%低下と2か月ぶりの低下となり、市場予想を下回った。4~6月期の生産指数は前期比0.7%の低下、これにより低下は2四半期連続となったが、2四半期連続のマイナスは2005年基準では初めてとなった。7~9月期もマイナスとなる可能性が高く、そうなれば3四半期連続のマイナスとなる。このように雇用や生産の悪化が確認され、日本経済は景気後退局面入りした可能性が強まった。

 日本だけではなく欧米含めた世界経済の減速から、日本経済を支えていた輸出が減少してきている。高い成長率を誇った新興諸国の成長率が物価高などから今後は落ち込む可能性も強い。原油価格はピークアウトしたとして引き続き輸入物価の上昇は続くとみられ、交易条件はさらに悪化してこよう。内需のペースダウンも重なり、政府による景気対策の効果もあまり大きな期待はできず、当面の足元の日本経済はかなり厳しい状況となろう。

 景気後退観測により、政府による景気対策も実施されるとみられ、税収の減少などにより、国債増発への懸念も出ている。しかし市場に動揺を与えるような国債増発は財政規律を重んじる現政権では考えづらい。むしろ日銀の金融政策が今後はより景気後退を意識したものとなるとみられ、金利の先安感の方が強まりやすい。長期金利は一時1.5%を割り込んでおり、投資家動向次第では1.4%あたりまでの低下もありえる。しかし、原油先物価格の上昇圧力が後退したとはいえ、食料品価格などの上昇などもあり当面物価上昇基調は続くとみられ、年内の日銀の利下げも考えづらい。このため1.3%や1.2%への長期金利の低下も現時点では考えづらい。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-08-05 09:58 | 景気物価動向 | Comments(0)

「15年変動利付国債の今後の取り扱いについて」


 1日に国債市場特別参加者会合が開催され、この中で今後の15年変動利付国債の取り扱いについて話し合いが行なわれた。財務省のホームページにアップされた国債市場特別参加者会合(第21回)議事要旨から、この内容を追ってみたい。まず最初に理財局からの以下のような説明があった。

 「先般主要な市場参加者からヒアリングをしたところでは、これ以上15年変動債の残高を増やさないよう、今年度のネット発行額を、ゼロ又はマイナスにするよう見直すべきとの意見が数多く聞かれたところである。当局としても、市中発行の計画については、時々の市場状況に応じて必要な場合には柔軟に変更するべきものと考えており、こうした意見や本日の議論を受けて、早急に対応を検討したいと考えている。」

 ただし「15年変動債については、将来の金利状況の変化に対するヘッジ手段にもなるなど、商品の多様化の観点では重要な商品であると認識しており、今後の発行を打ち切るといったことは全く考えていないことを予め申し上げたい。」との発言もあった。

 目先の需給改善のためには、まず今年度15年変動債の発行額の減額が必要となるが、それに対して会合参加者からは、今年度の残りの新規発行について下期の1回、5000億円から6000億円程度に減額すべきとの声が多く聞かれた。

 15年変動債の新規発行額の減額にともなう増発分については、2年国債やTB、もしくは20年国債の増額で対応すべきとの声が出ていた。また買入消却額については、現状維持とすべきであるとの意見が多かったようである。

 また、市場振興策として、残存2~5年程度の15年変動債を発行してはどうか、15年変動債のストリップス化検討はどうか、との声も出ていた。

 8月5日に国債投資家懇談会が開催されるが、ここでさらに15年変動債の取り扱いについて議論され。その後理財局から今後の取り扱いについての発表があるとみられる。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-08-04 09:57 | Comments(0)

「フリードが来た」


 7月26日は地元のお祭りであった。今年は順番により地区の役員を務めていることから、朝8時から神社に詰めて受付を担当することに。結局、お祭りが終了したのが夜9時となり、13時間労働。ほとんど座りっぱなしであったが、地元の方々との交流などもあって、疲れたものの有意義な一日となった。翌日も午前中はその片付けを行なって、午後になり、いよいよフリードとご対面となった。

 当初6月8日に、ホンダでフリードを成約した際には、納車は8月との予定であったがその後少し予定が早まり7月末に可能となって、26日に納車することになったのである。ホンダの店に午後、変わりに売却するルシーダで嫁さんと長女と行った。

 15年近く娘たちが小さいころから我が家で活躍してくれたルシーダだけに、ホンダの店に行くまではその思い出話に花が咲いた。ルシーダはずっとこれまで家族での夏休みの旅行や、冬のスキーなどでも活躍してくれた。ポケモンジェットを見に羽田空港に行った際、まだ小さかった三女がクルマの中で大暴れしたことなどもあったが、いまとなっては良き思い出となった。ルシーダはまさに我が家の思い出が詰まったクルマであり、ポツンとホンダの駐車場に置かれ、別れを告げる際にはとても寂しそうな様子に見えた。本当にお疲れ様でした。

 そして、そのルシーダに変って我が家に来たのが、フリードである。最近のクルマ離れの影響もあって新車が売れない中、うまく消費者ニーズを掴んだのか、このフリードは1か月で目標の月4千台を大幅に上回る2万台を販売したと報じられている。納車した日にも、何組かの家族が試乗を順番にしていたが、その後の売れ行きも好調のようである。

 我が家に来たフリードはホワイトパールの7人乗りのLパッケージというものであり、純正のカーナビをつけている。実は新車を買うまで我慢と、ルシーダにはカーナビは付けなかったことで、こんな時期になって初めて我が家のクルマのカーナビ設置となった。

 自分で運転したのは納車日にホンダの店から自宅までだけであったが、乗り心地は良い。これからどのぐらい我が家で活躍してくれるのか。まあ、ルシーダ超えということはないと思うが、なるべく大切にして長く乗って行きたいと思う。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-08-01 10:55 | 趣味関心 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー