牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

「19日の白川日銀総裁の会見より」


 19日の金融政策決定会合後の白川日銀総裁の会見より、特に景気と物価のリスクに関して次のように発言している。これから見る限りは、いずれ交易条件の悪化は解消に向かい、それとともに「エネルギー・原材料価格の上昇がずっと続くという強い仮定」は置いてないとみられ、物価の上昇率はいずれ低下に向かうとの見方である。現在は景気が「停滞」しており、それとともに物価上昇率が2%台に乗せてくるといった状況にある。このため、利上げ・利下げともに動きづらく、金融政策に関しては現状維持が続いている。

 それでは先行き、商品市況の下落とともに、景気が停滞から回復へと向かい、交易条件が改善し、さらに商品市況の落ち着きによって物価が「前年比でみた上昇率は下がってくる」となれば、引き続き、利上げにも利下げにも動けない状況となる可能性がある。もちろんこれが同時進行するのではなく、景気と物価のいずれかが何らかの理由で予想外の動きをとるようならば、金融政策を変更する可能性はある。しかし、白川総裁の見方の通りに景気と物価が動くとなれば、日銀は年内どころか来年にかけてほとんど動きが取れない状況が継続してくる可能性がありそうである。

 「現在、日本の景気が停滞してきた一番大きな理由は交易条件の悪化であることはこれまでも申し上げた通りです。エネルギー・食料品価格上昇がずっと続くということであれば、この交易条件の悪化がさらに景気の悪化をもたらすことにもなりますが、これがいつまでも続くわけではなく、どこかで止まると思います。もちろんこれを正確には予測できないので、リスクとして認識しておこうということになりますが、いずれにせよ、景気が深く落ち込んでいくリスクがどの程度あるかを判断するとすれば、先程申し上げた通りそのリスクはそれほど大きくはないとみています。」

「一方、物価上昇率は、これまでゼロ%近辺であったものが最近2%間近になり、来月以降は2%台に乗って暫く2%台で推移するとの見通しがあります。これは従来無かったものなのでやはり注意が必要であるということです。ただし、物価が上がったとしても、エネルギー・原材料価格の上昇がずっと続くという強い仮定を置かなければ、やがては前年比でみた上昇率は下がってくることになりますので、私どもとしては、いわゆる二次的効果、セカンド・ラウンド・エフェクトが起こるかどうかを注意してみていく必要があるということだと思います。以上の二つのリスクを正確に定量化し比率を出すのはなかなか難しいわけですが、いつも申し上げていることは、両方のリスクに対して注意を払っていく必要があるということです。」
[PR]
by nihonkokusai | 2008-08-21 16:51 | 日銀 | Comments(0)

「静か過ぎるクルマ対策」


 クルマの騒音が問題視されている。とは言っても暴走族とかの話ではなく、騒音が出ないクルマが問題視されている。プリウスなどハイブリッドの音が静かすぎて歩行者に危険なのではないかと言うのである。これは米国での話しであるが、英国では「エコカー」に騒音を発生させる装置も開発したとか。

 ハイブリッドカーだけでなく、最近のクルマは昔のクルマに較べてエンジン音が非常に小さくなっている。我が家のフリードも前のエスティマに較べると格段に静かであり、これまで家の中でクルマが帰ってきたことを確認できたのが、フリードではほとんどわからない。

燃費性能の向上とともに騒音対策も講じられていることは本来良いことのはずではあるが、クルマの騒音が歩行者の安全に影響、特に難聴者に対して影響していたことは、言われるまでは気がつかないことでもあった。しかし、無理に騒音を発するというのも本末転倒のような気もする。

 今後はハイブリッドカーだけでなく電気自動車もまもなく普及してくるとみられ、音の静かなクルマが多くなろう。歩行者の安全対策のために、歩行者にクルマの接近を知らせる装置を今後は自動車メーカーなどが開発する必要もあるのかもしれない。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-08-21 13:41 | 趣味関心 | Comments(0)

「対中輸出額が、戦後初めて対米輸出を上回る」


 21日の朝方に発表された貿易統計で、輸出は7兆6321億円となり前年同月比で+8.1%と2か月ぶりの増加となった。また、輸入は7兆5410億円と前年同月比+18.2%とこちらは10か月連続の増加となった。

 地域別の貿易動向では、対米輸出は1兆2763億円と11か月連続の減少となった反面、対中国への輸出が1兆2864億円と38か月連続の増加となり、輸出額で戦後初めて対米輸出を対中輸出が上回る結果となった。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-08-21 09:19 | 景気物価動向 | Comments(0)

「白川日銀総裁の言い間違え」


 人間誰しも間違いはある。日銀トップで、冷静で頭脳明晰のあの白川総裁でも、一番肝心な政策金利を、金融政策決定会合後の結果発表時に言い間違えてしまうのである。別に攻める気は毛頭ない。私など年中間違いだらけであるので攻められるような立場にもない。それでも今回の白川総裁の単純な言い間違いには少し興味がある。

 何故、0.5%のところを0.75%と言い間違えたのか。基準貸し出し金利、つまり昔の公定歩合が0.75%だからとの見方もあろうが、決定会合後の結果発表時はまずは政策金利の無担保コール翌日物の誘導目標値を発表する。このため、基準貸し出し金利が念頭にあったというのはやや腑に落ちない。

 もともと日銀プロパーであり量的緩和政策解除やゼロ金利解除に向けて裏で支えていた方でもあり、今後の利上げを意識してのものではないのかという見方もあろう。しかし、同時に発表した声明文では景気の現状を下方修正しており、現在、日銀が利上げを模索している状況にはないことで、総裁も今、利上げを急いでいるわけではないはずである。

 それでも、あの白川総裁から「0.75%」という数字が出てしまうのは、0.75%は何かしら意識している数字なのであろうか。少なくとも今後の金融政策の変更も0.25%刻みで行なうであろうことはこれで確かなのもしれないが。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-08-20 09:54 | 日銀 | Comments(0)

「声明文の変化」


 日銀は7月の金融政策決定会合から「決定内容に加え、その背景となる経済・物価情勢の評価を2つの柱に基づいて整理して示すとともに、先行きの金融政策運営の考え方について公表する」ことになった。

 これまでは「日本銀行は、本日、政策委員会・金融政策決定会合において、次回金融政策決定会合までの金融市場調節方針を、以下のとおりとすることを決定した(全員一致)。無担保コールレート(オーバーナイト物)を、0.5%前後で推移するよう促す。」といったような簡潔な内容となっていたが

 7月15日に発表された「当面の金融政策運営について」では、決定事項とともに景気物価の現状と見通し、4月の「展望レポート」の見通しとの比較、そして今後の「リスク要因」、先行きの金融政策運営の考え方がまとめられた。

 8月18日から19日にかけて開催された金融政策決定会合では、全員一致で現状の金融政策を維持することが決定されたが、同時に発表された声明文を確認してみたい。景気物価動向については、足元景気に対し7月の「さらに減速している」から、「停滞している」に下方修正された。日銀の景気判断における停滞との表現は1998年以来の10年ぶり。先行きについても景気回復のためには「国際商品市況高が一服し、海外経済も減速局面を脱するにつれて」という条件を付記している。物価面については「90年代前半以来の高い伸び」との表現が加わった。そして今後の経済動向については、7月の「持続的な成長を続ける可能性が相対的に高い」との表現から8月は「成長経路に復していくとみられる」との表現に変った。

(8月19日) わが国の景気は、エネルギー・原材料価格高や「輸出の増勢鈍化」など背景に「停滞している」。先行きは、当面減速を続け可能性が高いものの、「国際商品市況高が一服し、海外経済も減速局面を脱するにつれて」、次第に緩やかな成長経路に復していくと予想される。物価面では、消費者物価(除く生鮮食品)の前年比は、石油製品や食料品の価格上昇などから、足許+1%台半ばと「90年代前半以来の高い伸びと」なっている。先行きは、当面上昇率がやや高まった後、徐々に低下していくと予想される。このように、わが国経済は、物価安定の下で持続的な「成長経路に復していくとみられる」。

(7月15日) わが国の景気は、エネルギー・原材料価格高を背景に、設備投資や個人消費の伸びが鈍化するなど、さらに減速している。先行きは、当面減速が続くものの、その後次第に緩やかな成長経路に復していくと予想される。物価面では、消費者物価(除く生鮮食品)の前年比は、石油製品や食料品の価格上昇などから、足許+1%台半ばとなっている。先行きは、当面上昇率がやや高まった後、徐々に低下していくと予想される。このように、わが国経済は、物価安定の下で持続的な成長を続ける可能性が相対的に高い。

 リスク要因についての中では、7月の「国際商品市況の高騰」という表現が「国際商品市況の動向を反映した」と変化した。また景気の下振れリスクについては「設備・雇用面での調整圧力を抱えていないとはいえ」との表現が8月には加味されており、むしろ設備・雇用面での調整圧力の可能性にも注意を払っているようにも伺える。物価面においては、世界的にインフレ圧力が7月の「一段と高まっている」から「高い状況が続いている」に変化した。

(8月19日) 国際金融資本市場は不安定な状態が続いている。また、米国経済など世界経済には下振れリスクがある。国内民間需要については、国際商品市況の「動向を反映した」所得形成の弱まりから下振れるリスクがある。「設備・雇用面での調整圧力を抱えていないとはいえ」、景気の下振れリスクには注意が必要である。物価面では、世界的にインフレ圧力が「高い状況が続いている」。わが国の物価については、エネルギー・原材料価格の動向に加え、消費者のインフレ予想や企業の価格設定行動の変化など、上振れリスクに注意が必要である。この間、景気の下振れリスクが薄れる場合には、緩和的な金融環境の長期化が経済・物価の振幅をもたらすリスクが高まると考えられる。

(7月15日) 国際金融資本市場は不安定な状態が続いている。また、米国経済など世界経済には下振れリスクがある。国内民間需要については、国際商品市況の高騰に伴う所得形成の弱まりから下振れるリスクがある。このように、景気の面では下振れリスクに注意する必要がある。物価面では、世界的にインフレ圧力が一段と高まっている。わが国の物価については、エネルギー・原材料価格の動向に加え、消費者のインフレ予想や企業の価格設定行動の変化など、上振れリスクに注意が必要である。この間、景気の下振れリスクが薄れる場合には、緩和的な金融環境の長期化が経済・物価の振幅をもたらすリスクが高まると考えられる。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-08-19 13:32 | 日銀 | Comments(0)

「20th J-WAVE LIVE 2000+8」


 17日(日)に代々木競技場体育館で行なわれた「20th J-WAVE LIVE 2000+8」に行ってきた。今回チケットが取れたのは4枚だったので、娘たち3人を連れて小雨が降る中、JR原宿駅から現地に向かった。

 娘たちにとっては本格的なライブは今回が初めて。これも夏休みの社会見学のひとつと、事前に申し込んでたまたまチケットを入手できたのだが、17日は「20th J-WAVE LIVE 2000+8」では3日目のライブとなる。その出演者を会場の看板で確認した娘たちは、どうも初日の木村カエラ、倖田來未や2日目の大塚愛の方が良かった様子。確かに3日はどちらかというとファンの年代層も高かったようにも思われる。若い女性も多い中、私と同年代のおじさんたちも混ざっていた。

 確かに自分で買った以上は趣味趣向が働いてしまうのは致し方ない。なんといっても一度、私自身がかねてからスガシカオのライブを観てみたかったのだから。ということで14時半過ぎに開場入りし、15時半の開演を待つことに。席はアリーナ席の真ん中の列ながらやや後方となり、ステージが小さく見えていた。会場が大きいだけに致し方ないところか。

 出演者は決まっているが、ステージの順番は明かされておらず、その場で発表される。最初に登場したのが、森山直太郎。「夏の終わり」に始まり、今いろいろと話題の「生きていることが辛いなら」が最後の4曲目に。この曲だけは歌詞がスクリーンに表示されていた。確かにこの曲は決して自殺を煽るような曲ではない。

 2組目に登場は、青山テルマ。ヒット曲の「何度も」と「そばにいるね」を挟んでの前後の曲はパワフルな曲であった。娘たちも好きな曲でもあったことで、少し乗ってきたようだ。

 3組目の登場は、くるり。正直、私がくるりの曲で知っていたのは「ばらの花」だけであった。子供たちもあまり聞いたことがないようであるが、周りはかなり盛り上がっており人気のほどが伺えた。そして、ここでスペシャルゲストが登場。「小田和正」の名前に会場、驚きの声が上がる。娘たちからも驚きの声が、「ねえ、小田和正って、誰」。某生命保険会社のCMでも流れているので知っていたかと思ったら、どうやら知らないようである。これもジェネレーション・ギャップか。何はさておき、八景小学校の先輩でもあった小田和正を生で観ることができるとは思わなかった。できればご本人の曲を聴きたかったが「ばらの花」をくるりと歌った。

 後半戦、4組目に登場がアンジェラ・アキ。ピアノだけの演奏ながら、いきなりハイテンション。あとでスペシャルゲストに登場のKANがびっくりするほどのパワフルな弾き語りであった。これには会場もかなり盛り上がりを見せ、5時間半及ぶ長丁場で最後までいるのは困難とみていたものの、アンジェラ・アキを聞き終って、娘たちからは最後まで聴きたいとの要望が。

 5組目に登場したのが、平井堅。最初の「POP STAR」で盛り上がり、「瞳をとじて」のあとはスペシャルゲストとのトークで盛りがった。ここでのゲストがKAN。もちろん子供たちからは「誰なの」との質問が。「愛は勝つ」は1990年のヒット曲で子供たちは生まれていなかった。もう一組のスペシャルゲストゲストが、なぜか清水ミチコと三谷幸喜。主催のJ-WAVEの番組を持っていることでのゲストのようであった。清水ミチコのピアノに監督の縦笛演奏による「君の好きなとこ」。しかし、平井堅、聞いてはいたが、なかなかMCは上手であった。

 そして、今日のトリというか、3日間の「20th J-WAVE LIVE 2000+8」の大トリを務めたのが、スガシカオ。かなり緊張していたようであるが、出てきたときから会場は大盛り上がり。「19才」を最初に、途中「午後のパレード」など含めて7曲を歌い、そして最後にアンコールで「POP MUSIC」。生のスガシカオ、さすがに良かったが、最後のほうで言うべき台詞をド忘れてしまったあたり、ある意味、スガシカオらしさが出てこれもまた魅力のひとつ。

 ということで、娘三人も今回のライブをしっかり楽しんでくれたようであるが、6時間近くの長丁場で終わったのが21時を過ぎており、三女は眠くなったようであった。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-08-18 17:00 | 趣味関心 | Comments(0)

「GDI」


 4-6月期は、原油価格の上昇などの影響から交易条件はさらに悪化し所得流出は拡大した。所得流出を示す交易損失は1-3月期の25.9兆円から28.0 兆円に拡大。GDPにこの所得流出分を加えた国内総所得(GDI)は前期比マイナス1.0%と2001年7-9月期以来の下落幅となった。GDIとは Gross Domestic Incomeと略したもので、国内総所得と呼ばれるものである。

 GDPそのものに加え、原油や穀物など輸入原材料価格高騰に伴う交易条件の悪化による海外への所得流出を加味したGDIの動向には今後も注意が必要か。原油価格はここにきて下落基調となり、一時のインフレ圧力は後退しているものの、当面、交易損失が続くものとみられる。このような「稼いでも儲からない」という日本経済の現状が改善されない限り、日本の景気もなかなか改善されないものとみられる。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-08-18 10:01 | 景気物価動向 | Comments(0)

「ユーロ圏4-6月期実質GDPは0.2%の減少」


 昨日、欧州連合の統計局(ユーロスタット)が発表したユーロ圏15か国の2008年4-6月期の実質GDPは、前期比でマイナス0.2%となり、1999 年の通貨統合以来、初のマイナス成長となった。ユーロ圏経済のマイナス成長は、通貨統合前の95年に現行方式で統計を取り始めてから初めてとなる。

 国別にみると、この日発表された国別の4-6月期のGDP統計ではドイツが前期比マイナス0.5%と4年ぶりのマイナス成長となり、フランスもマイナス0.3%、イタリアもマイナス0.3%と主要国が軒並みマイナス成長にとなった。東欧では年2%を超す成長を維持した国もあったが、ユーロ圏主要国の不振によりEU加盟27カ国全体のGDPも前期比でマイナス0.1%となった。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-08-15 09:58 | 景気物価動向 | Comments(0)

「アーバンコーポレイション、東京地裁に民事再生法の手続き開始を申請」


 13日に不動産開発やマンション分譲を手がけるアーバンコーポレイションは、東京地裁に民事再生法の手続き開始を申請したと発表した。発表によると、7月末時点の負債総額は2558億円。東京証券取引所は同社株式を14日から整理銘柄に割り当て、9月14日付で上場廃止にすることを決めたとも伝えられた。

 アーバンコーポレイションは2006年12月に2009年12月21日償還の公募無担保社債を200億円発行しており、6月のスルガコーポレーション、7月のゼファーに続き、三か月連続で今年3件目の公募無担保社債でのデフォルトが発生した。

 民事再生手続開始の申立ての発表とともに、「2010 年満期転換社債型新株予約権付社債の発行(第三者割当)のお知らせ」の一部訂正及び営業外損失の発生について、が突然に発表され、これが市場ではやや問題視されている。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-08-14 10:19 | 投資 | Comments(0)

「今年の夏休み」


 今年の我が家の夏休みは、毎年恒例の7回目の江の島へ。我が家に来た新車のフリードで初めての高速道路を走ったが、フリードは高速運転もまったく問題なく快適。今年は例年と違い9日の土曜日から海上亭さんに二泊することに。9日は早朝家を出て8時ごろに江の島の駐車場に着いた。片瀬東浜海岸で海水浴を楽しんだが、午後雲行きが怪しくなり、雷も鳴ってきたことで、14時ごろに海岸から引き上げ宿に向かった。15時のチェックイン後に、親しくさせていただいている奥津宮近く売店のおばさんのところに御挨拶に。この期間、江の島は江の島灯篭というイベントが開催されており、夜になると1000基もの灯篭が道に並んでおり、夜はなかなか幻想的である。

 10日の午前中は私は釣り道具を借りて磯釣り、ほかの家族は磯遊び。磯遊びでは海老やうウミウシやら成果があったものの、私は今年もボ。掛かるのだけれど手元までお魚さんは来てくれなかった。この日の昼食はこれまた恒例のサムエル・コッキング苑にあるLON CAFEのフレンチトースト。そのあともう一度東浜海岸で海水浴を楽しんだ。そして2日目の海上亭さんで豪華な夕食を堪能。もちろん生シラスも。

 11日最終日はまず新江の島水族館に。月曜平日ということで午前中は海水浴場の駐車場や道路も空いていたにもかかわらず新江の島水族館はなぜか人、人、人。ゆっくり見ることもできず、軽く昼食を取ってお土産を買って15時ぐらいに江の島を後にすることに。この日は鎌倉の花火大会の日。いつも朝比奈峠を経由していくため、混雑を避けるため早めに出たつもりが、鎌倉近辺はすでにかなりの人手となりクルマも渋滞に巻き込まれた。しかし、八幡宮を過ぎたあたりでは、スイスイと動くようになり、そのまま横浜八景島に向かう。

 あまり早い時間に帰ると都内での渋滞に巻き込まれるため、八景島シーパラダイスで夜まで遊ぶことに。早めの夕食を海の公園近くのレストランで済ませ、そのままシーパラへ。シーパラの花火が20時半からなので、それまで水族館やふれあいラグーンで遊ぶ。結局、この日は新江の島水族館とシーパラの水族館の梯子となった。時間帯もあってかシーパラの方が人は少なくゆっくり見ることができた。新江の島水族館はクラゲやカメなどが有名だが、シーパラには新江の島水族館にはいないホッキョクグマやセイウチがいる。比較してみるとそれぞれ個性があって面白い。

 以前に一度見たことがある八景島シーパラダイスの花火は意外と見ごたえがある。音楽に合わせ、えっ、これで終わりかと思わせぶりを重ねて、最後にドーンとまとめるあたり、なかなか演出上手。

 ということで、あっ言う間の3日間が過ぎた。今年もなんとか無事に夏休みを家族で楽しく過ごすことができたが、疲れた。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-08-13 14:44 | 趣味関心 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31