牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 06月 ( 38 )   > この月の画像一覧

「金融政策と債券市場との関係」


 私は債券市場と関わってきて20年以上も経過しました。債券先物が日本の金融先物として初めて東京証券取引所に上場されてから1年経った1986年10月に債券ディーラーとなり、億円単位の売買を経験することになりました。債券ディーラーといっても顧客対応といったものではなく、完全に自らの思惑で売買する所謂、デイトレーダーでした。日々、自らの損益が明らかになり日報に掲載され、成績が一目瞭然でした。いずれ役に立つだろうと毎日ノートにその日の売買をつけてもいました。1986年10月から1987年3月までは完全に赤字、つまり損失が出ました。しかし、これが大きな教訓ともなり、年度ベースとしてはこの1986年が唯一の赤字となりました。それからはいかにすればマイナスを出さずある程度安定した収益が出せるのか、試行錯誤の連続となりました。

 日々の値動きや、相場を動かす要因などを分析することも重要です。先輩からは株式市場での経験からのチャートの見方を教えられ、さらに自分で足を引く大切さも教わりました。当時は自動的にチャートを書いてくれるパソコンなどなかったこともありますが、手で書いて身を持って覚えることはもやはり大切です。相場の読みは経験の積み重ねで養われますが、そのパターン分析力を身につけるには、目も頭もそして手も総動員する必要があります。大きな相場変動の前兆といったものがなんとなく掴めるようになれば、大きな損失から免れるとともに、それをチャンスとしてある程度の収益を得ることで、相場変動が小さいときの細かいロスといったものも補えたのです。

 そんなストレスに晒された債券ディーラーという業務を14年以上経験しました。その経験から見て、金融政策と債券相場の関係を改めて見直してみると、金融政策が債券市場に大きな影響を与えていたことは確かです。印象的だったものとしては、1987年の10年89回債が当時としては史上最低利回りの2.555%をつけたときのことがあげられます。この日の新聞に大手証券の債券売買担当者から「公定歩合が高すぎる」とのコメントが掲載されました。長期金利が低すぎるのではなく、公定歩合が高いと決め付けていたのです。当時は債券のディーリング全盛時代でした。

 しかし、この債券ディーリング全盛時代も日本のバブル崩壊により終局を迎えます。1989年の5月と10月に公定歩合が引き上げられ、これにより債券相場は調整局面を迎えました。しかし、日経平均は1989年末まで上昇を続け、すでに債券バブルの終焉を見ていたものとしてはこの株価の上昇にはかなり違和感も覚えていました。実際にはこのあと株も急落することとなります。1990年8月30日に日銀は第5次公定歩合の引き上げを実施し、この影響で債券先物は急落し史上最安値となる87円08銭まで下落したのです。

 このように昔は日銀の金融政策の変更は、現在と異なりダイナミックに債券相場に影響を与えました。しかし、日銀法が改正されたあたりからは、日銀の金融政策の変更が大きなショックとして影響を与えることは少なくなってきているのも事実です。その中にあってひとつの例外といえるのが、日銀の金融政策の変更ではありませんが、2002年9月18日に金融システム安定化策としても日銀が直接に金融機関から株を買い取ることを発表したことによる債券急落です。この発表を受けて債券先物は1999年6月11日以来のストップ安をつけ、さらに翌々日の20日の10年国債入札における札割れが発生してしまったのです。ちなみにこの札割れのあった当日に、拙著「日本国債は危なくない」が発売されました。

 バブル崩壊後に長期金利が低位安定し続けていた背景には、ディスインフレといった影響も大きかったと思われますが、それとともに金融政策の変更時のショックがかなり緩和されてきていることも要因です。さらに投機的な動きが限られ投資家主導となるなどしたことで値動きの荒さが抑えられた側面もありますが、ある程度事前に金融政策の変更を織り込んできていることで、日銀の金融政策に対しての不確性が軽減されてきていることも事実です。

 長期金利は現在の短期金利の居所と将来の短期金利の予想が反映されて形成されていると言われます。そこに将来の不確実性に対するリスクプレミアムが加わって長期金利は短期金利よりも高いことが多くなっているのです。長短金利が逆転するといったことも過去の日本でもあったため、一概にイールドカーブが順イールドではあると決め付けることもできません。その時々の金利を取り巻く環境に応じて、リスクプレミアムなどへの見方も変化するためです。

 日銀の金融政策は、短期金利を操作することによって長期金利に働きかけて経済や物価に影響を与えようとするものです。しかし、2007年3月のゼロ金利解除、7月の量的緩和解除といった大きな政策変更があったものの、長期金利は非常に落ち着いたものとなっていました。これは将来に向けてのインフレ予想が CPIなどによって極めて限られたものになっていたことなども要因かと思われます。しかし、経済の正常化とともに物価も次第に上昇圧力を強めてくるとみられ、やや日銀の金融政策の変更からラグを置きながらも、長期金利もじわりじわりと上昇圧力を強めてくるものと思われます。
[PR]
by nihonkokusai | 2007-06-06 13:36 | 債券市場 | Comments(0)

「夏の個人向け国債、10年変動タイプの初期利子は1%台に、FB金利も上昇」


 本日は10年国債入札があった。利率は昨年11月以来の1.8%、回号は286回債。結果は最低落札価格99円91銭、平均落札価格99円92銭、応札倍率3.20倍と発表され、順調な結果となった。ただし投資家需要を反映したというよりも業者のショートカバーといった要因も大きいとみられる。

 この10年国債の入札の結果から求められた個人向け国債の基準利回りは、1.81%となり、6月13日から募集が開始される個人向け国債の10年変動タイプの初期利子は1.01%となり、10年変動タイプの初期利子としては2006年7月に発行された15回債以来の1%台乗せとなった。

 今日は6か月もののFBの入札も実施されている。453回債で償還は12月10日。入札の結果、最高落札利回りは0.6985%となり、 6か月もののFB・TBとしては、1996年8月7日入札のTB154回以来の水準となった。TBの落札利回りの上昇は、日銀の追加利上げもかなり意識されているとみられる。
[PR]
by nihonkokusai | 2007-06-05 13:03 | 国債 | Comments(0)

「F904i」


 これまで使っていた携帯電話の更新月がやっときた。6月1日から30日までならば違約金を取られることなく機種変更等が可能となる。ボーダフォンからソフトバンクに変わっての料金体系は、個人的には納得できないというか、感覚的にソフトバンクで使うことは避けるつもりでいた。家族もすでに私以外はすべてドコモを利用している。つまり私は形式上というか料金支払い上では、すでにドコモの携帯を4台所有していることとなっている。

 子供たちには申し訳なかったが、彼女たちにはなるべく購入費用を抑えるために割安の機種を購入していた。その結果、型がやや古い富士通製が3台、同じく松下製が一台となっていた。しかし、借りて使ってみるとなかなか富士通製も使い易い。そんなところにちょうど6月1日からF904iが発売されると知った。904シリーズでの初のワンセグ付である。ハイスピード対応ではなく、直感ゲーム対応でもないが、GPSやフルプラウザなどかなりフル装備に近い機種であった。そんなに機能はたぶん使わないが。ないよりは良い。

 発売日当日の6月1日に帰り道途中の秋葉原の大手家電販量店で販売価格をチェック。表示は27000円近い表示価格。近くの店員にこの値段かと聞いたところ、値引きの意思はなさそうで、別途費用がかかることなどを熱心にご説明いただいたので、その場は価格チェックのみとした。ちなみにネット情報によると、関西など地域によっては2万円割れというのもあったことを事前に調べておいた。

 価格チェックとともに、ナンバーポータビリティ(MNP)の手続きも必要。手元の携帯電話からもそれは可能だが、念の為、ヨドバシアキバのソフトバンクコーナーで手続きをした。なんで変えるの、といったアンケート調査もあったが、他の家族が全員ドコモであるといったら納得したようである。結局、あっさりと手続きに必要な予約ンバーとやらを取得した。これに伴う手数料(2100円)は、通話料と一緒に請求されるとか。

 翌6月2日に地元にある最大手家電量販店に行ってみた。F904iの価格をみると31500円となっており、秋葉原の量販店よりも高い。しかし、他店より高い場合はお申し出くださいとの張り紙があったので、その旨申し出たところ、表示は31500円だが実際は21000円の販売価格との返事。だったら表示も最初からそうしろ、と言いたいところではあったが、とにかく許容の範囲内ということで即決した。ドコモポイントがあったことで、実際にこの際に払った金額は17000円程度となった(別途、契約事務手数料が3150円あとで必要)。色は無難な白、ブランシェと言うそうである。

 ということで、やっとボーダフォンというかソフトバンクから、ドコモに戻ることができた。これでドコモの家族割りが適用されるが、家族内メールは無料となるため、家族内の業務連絡はなるべく通話ではなくメールを利用したほうが良いとの娘たちからの提案があった。お父ちゃんは携帯メールは得意ではないのだが、致し方ない。この際、絵文字、デコメールなどの積極的な活用も考慮しなければならない、のか。
[PR]
by nihonkokusai | 2007-06-05 09:40 | 趣味関心 | Comments(0)

「幸田真音さんのNHKスペシャル」


 5月18日の丸善日本橋店でのサイン会の様子を含め、幸田真音さんのナレーションやインタビューなどで構成されるNHKでの特集番組が、6月18日夜10 時からに総合テレビで放映される。当初、6月11日の放映予定だったそうだが、6月18日に変更されたと、幸田さんからご連絡をいただいた。

 サイン会での私の後姿が果たして放映されるのかといったことはさておき、あちらこちらで活躍される幸田真音さんの様子がこのNHK特集でも映し出されるものと思う。先日は読売新聞において、ネット小説「CC:」の紹介が写真付で掲載され、また売れ行き好調の新作「バイアウト」の大きな広告も日経新聞などで掲載されていた。幸田さんは、ますます読者の層も広げられ、ご活躍される場も広がっている。

 小説「日本国債」の取材をきっかけに、幸田さんとお知り合いとなって、およそ7年ぐらい経つのであろうか。私が初めてお会いする人に自己紹介する際も、あの「日本国債」の、と紹介させていたただくと、ほとんどの人にわかっていただける。小説の力はすごいとあらためて感じる次第。まもなく、村尾博之なる人物も登場する小説も発売されるとか。こちらも大変楽しみである。
[PR]
by nihonkokusai | 2007-06-04 13:05 | 本の紹介 | Comments(0)

「今後の目処は2年1.0%、5年1.5%、10年2.0%」


先週末の米国市場では、発表された5月の雇用統計での非農業雇用者数が15.7万人と予想上回り、失業率は前月と同じ4.5%となり、雇用の堅調さを確認。4月のコアPCEデフレーターは、前年比+2.0%と落ち着いたものとなり、FRBが物価の安定圏としている1~2%に、1年ぶりに収まった。その後発表されたミシガン大学調べの消費者態度指数と、サプライマネジメント協会製造業景気指数はともに市場予想を上回ったことで、これを受けて米債は下げ幅を拡大させ、米10年債利回りは、一時4.96%とし2006年8月15日以来の水準まで利回りが上昇した。

 先週末のダウは40.47ドル高の13668.11ドルと最高値を更新し、本日の日経平均株価は寄り付きから18000円の大台に乗せている。

 朝方発表された1-3月期法人企業統計では、設備投資は全産業で前年同期比+13.6%、製造業で+12.7%、非製造業で+14.1%となった。また経常利益は前年同期比+7.4%。1-3月期の売上高、経常利益、設備投資はいずれも過去最高を更新。

 先週末は米債だけできなく欧州の債券も売られており、ここにきて欧米の長期金利の上昇傾向が顕著となっている。日本の長期金利も5月23日あたりから動きに変化があり、1.6%から1.7%のレンジ相場から上昇局面に転じてきつつある。

 本日、10年債の利回りは1.800%をつけ、2006年10月以来の1.8%台となった。5年債利回りも1.400%がヒットされ、こちらは2006年8月以来となる。2年最利回りは0.995%と1%に接近した。

 1日にも書き込んだが、2年債利回りでの1.0%がまず目先の節となる。その後は5年債利回りの1.5%、そして10年利回りでの2.0%が、いずれは視野に入ってくるのではないかとみている。

 イールドカーブの形状については予想も難しいが、いったんは10年ゾーンあたりまでのベアスティープといった場面もありそうだが、7月の追加利上げといったものが意識されれば中短期の金利にさらに上昇圧力が加わる可能性もある。

 本日の1-3月期法人企業統計なども含め、ここにきて発表される経済指標は予想以上に好調な景気動向を示すものが多くなっている。これは米国も同様か。物価についてもガソリンなどを初め価格上昇圧力が強まっており、それがいずれ消費者物価にも影響を与えそうである。あまり目先の指標だけで判断してしまうのも危険ながら、日本の景気実態は1-3月の好調さを、4-6月まで持続させてきているように思われる。あらためて4-6月期のGDPを確認せずとも、7月までにそろう指標だけでも足元景気の良さ、物価の上昇圧力を感じさせるものが多く出てくるのではないかとも思う。
[PR]
by nihonkokusai | 2007-06-04 10:19 | 債券市場 | Comments(0)

「日本クレジット総論」


 安田秩敏さんの書かれた「日本クレジット総論、知られざる巨大市場のすべて」(パン・ローリング 定価税込み3990円)が、6月13日に発売されます。安田さんからいただいた紹介文によりますと、「日本のクレジット市場がこれ一冊で分かる」本となっており、「現在出版されているクレジットに関する書物は、大別して社債・CDSである。ここで注意してほしいのは、国内債券発行残高全体のおおよそ3割を占める国債以外の債券部分が抜け落ちているということだ。本書は、Japan Creditの世界すべてを対象としている。債券種で抜けている部分とクレジットのデリバティブであるCDS(Credit Default Swap)市場に関して解説した。さらに「すべて」ということで、クレジットの理論・起源・歴史に関しても、知っておいてほしい事柄を私の20年近い経験とともに書き記している。日本で20年クレジットを見続けてきている人間はいない。使命感にも似た感覚を感じつつ書き上げた。本書が、私の考えるJapan Creditのすべてである。」

 国内債券発行残高全体のおおよそ7割を占める日本国債につきましては、拙著「日本国債は危なくない」(文春新書)、「図解入門ビジネス 投資信託と個人向け国債がよーくわかる本」(秀和システム)をご覧いただくとして、国債以外の債券につきましてはぜひこちらの本にて知識を深めていただければと思います。
[PR]
by nihonkokusai | 2007-06-01 14:14 | 本の紹介 | Comments(0)

「最近の債券相場動向」


 欧米の長期金利の上昇に加え、日銀の早期追加利上げ観測の強まりなどを受け、債券はここにきて全般に売り圧力を強めている。25日に発表された4月の全国消費者物価指数(除く生鮮)は前年比-0.1%となり、引き続き水面下ながらややマイナス幅を縮小させた。

 28日に発表された需給ギャップは10年ぶりに2期連続でプラスとなり、企業向けサービス価格指数が前年同月比+1.1%となった。さらに29日に発表された完全失業率は、1998年3月以来の3.8%となり、この4%割れの3.8%という位置は、フィリップス曲線からみるとインフレが加速度的に上昇しやすい状況に近づきつつあるとの見方もあった。

 雇用の改善、物価の上昇といったものも意識され、それが中短期主体に売り圧力に繋がったものとみられる。6月1日には先物中心限月は 2006年8月24日以来の133円割れとなり、10年285回も1.760%を上回ったことで今年の最高利回りを記録し、2年利回りは1%に接近した。月末月初ということで超長期などへのインデックス絡みの買いも入ったとみられるが、それ以上に売り圧力が強かったものとみられた。

 債券市場では、早ければ7月12日にも実施される可能性がある日銀の追加利上げを意識しはじめている。日本の長期金利も欧米の長期金利上昇に、ここにきて歩調を合わせてきた格好ともなっている。日経平均が18000円台に乗せてきているが、株高も債券の上値を抑えている。

 長期金利での1.6%から1.7%のレンジ相場からは逸脱し、長期金利はさらに今後上昇基調となることが予想される。物価や雇用、個人消費などの経済指標に明るさが見えており、日銀の展望レポートに沿った動きともなっていることで、中短期主体に追加利上げを織り込みにきている。

 まずは、2年債利回りでの1.0%がひとつの節となるが、その後、5年債利回りの1.5%、そして10年利回りでの2.0%がいずれは視野に入ってくるのではないかとみている。その10年国債り入札が6月5日に予定されており、その動向にも注意が必要か。また追加利上げ観測が高まっているだけに5日のTB、6日のFBの入札も注意したい。
[PR]
by nihonkokusai | 2007-06-01 12:58 | 債券市場 | Comments(0)

「訃報」


 「牛熊友の会」発足時からご参加いただき、たいへんお世話になった財務省の小林雅昭さんが急死されました。財務省のホームページの人事発令に名前があり、まさか、嘘だろうと調べたところ、25日に交通事故で亡くなったことがわかりました。

 小林雅昭さんは、財務省で国有財産の管理などをされており、北陸財務局部長をされていました。たいへん気さくな方で、お話好きな方でした。京都にお住まいを移されてから一度お会いしましたが、それがお元気な小林さんを見た最後となってしまいました。本当に残念でなりません。

 小林雅昭さんといつどのような経緯で知り合うきっかけとなったのか、すでに10年以上も前となり、記憶も薄れつつありますが、たしか私の「債券ディーリングルーム」を見ていただいてメールをくださったことがきっかけであったように記憶しています。

 牛熊友の会メンバーの中で数少ない年上の方で、いろいろとアドバイスなどもいただきました。日本酒がお好きな方でもあり、「牛熊友の会」にわささわざ一升瓶を持ち込んでいただいたこともありました。それをきっかけに私も日本酒党となり、今でも晩酌は地酒の冷酒を飲んでいます。

 今度、一升瓶を持ってお墓に参らせていただきたいと思っています。ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by nihonkokusai | 2007-06-01 12:57 | Comments(2)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー