牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

「Wiiを購入」


 昨年29日の大納会の日の夕方、つくば市にある石丸電気のDVDレンタル館に借りていたDVDの「スーパーマン リターンズ」を返却しに行った。そこはゲームコーナーも併設されているのだが、ふとレジのところにある張り紙を見たところ「Wii入荷しました」とあった。人もまばらであり疑心暗鬼になりながらもレジで聞いたところ「本体でよろしいでしょうか」との返事。いずれは購入するつもりであったことと、まだまだ入手困難も予想されていたこともあり即座に購入してしまった。

 買う際にふと考えてソフトも購入、ソフトがなければただの箱になってしまう。ソフトは日本での売れ筋「Wiiスポーツ」にした。米国ではゼルダが売れているそうだが、ゼルダはファミコン当時もクリアーしたことがないため今回は購入せず。

 Wii本体はXBOX360に比べかなり小さい。液晶テレビの上部にセンサーを取り付けて、早速「Wiiスポーツ」を試した。センサーの感度もなかなか良く、こつさえ掴めば面白い。操作もレーザーポインターのような操作方法となっている。ただあまりに先入観も強すぎてか、こんなものかといった感も強かったことも確か。しかし、Wiiそのものについている似顔絵などがゲームにも反映されるなど、今後出てくるゲーム次第ではいろいろと面白い楽しみ方が出来そうである。

 無線LANもXBOX360の高い別売りなどと違ってWiiはすでに内蔵されている。我が家で使っている無線LANのバッファローのAOSS機能も使えることで、設定もかなり楽であった。まだお天気チャンネルあたりしか使えないものの、3月からは専用の正式のブラウザソフトも配付される予定だが、現在はお試し版でネットサーフィンも楽しめる。

 ゲームの保存などはSDカードを使うこともたいへん便利。自分で使っている携帯電話やデジカメ、MP3プレーヤー、そしてiPaqはすべて普通のSDカードに統一していたことで、SDカードは都合5G程度分もある。しかし、ついでにと秋葉原で別途1Gのものを買ったのだが、これがさらに安くなって1700円程度で国内メーカー品を購入できた。この1GタイプのものをWiiに差し込んでみたが問題なく認識した。ちなみにXBOX360のメモリーカードは64MBしかなくて3360円もする。ただし、これでは足りなくなると思い20GBのハードディスクを別途購入したが、こちらは1万円近くもする。ハードディスクの方がコストパフォーマンスの良いものの20Gはさすがに使い切れないことを考えると、消費者にやさしいのはやはり任天堂である。

 なにはともあれ、Wiiがこれだけ売れているのも、その面白さも実際にゲームをしてみると理解できる。今後はこの面白い機能を上手に生かしたゲームが出てくるかが鍵となろう。Wiiスポーツではまだ少し物足りない気もするが。
[PR]
by nihonkokusai | 2007-01-05 14:47 | 趣味関心 | Comments(0)

「小説『日本国債』オリジナル文庫版明日発売」


 幸田真音さんのベストセラー小説『日本国債』オリジナル文庫版が明日6日に発売されます。もちろん久保井も登場します。幸田さんの「日本国債」が発売されたのが2000年11月でした。財務省の資料からプライマリーバランスの推移を追ってみると、当初予算ベースで、この2000年度は-10.6兆円であり、その後年々赤字幅が拡大し2003年度には19.6兆円に拡大しています。しかし、2004年度以降は赤字幅が縮小し2007年度には-4.4兆円になりました。

 「日本国債」が発売されベストセラーとなった背景のひとつが、日本の政府債務が拡大し続けていることで、日本が財政破綻を起こすのではないかとの危惧が広がっていたこともあったかと思います。そういった危機意識の広がりに対処するためにも、やはり2000年から登場した小泉政権は財政構造改革を進めました。国民もそれを受け入れ、その結果、財政構造改革が進むとともに、民間企業のがんばりに加え景気回復というフォローの風も吹いたことで税収も伸びた結果、プライマリーバランスの赤字幅は大きく縮小しました。

 このため一時の危機意識は後退し、結果として「日本国債は危なくない」ことも立証されました。しかし、そうはいっても政府債務が増加し続け、いまだに国債発行額は世界最大となっている上、発行残高も547兆円にも膨らんできています。

 昨年の平成19年度予算の財務省における説明会でも、プライマリーバランスの均衡といった目標だけでなく、さらに踏み込んで政府債務そのものを減らすような目標を立てるべきではないかといった質問が財務省に向けられていました。財政は健全化の方向に向けて動いてはいるものの、健全化に至るにはまだまだ道のりは長いことも事実です。安易な増税といったものではなく、規制緩和などを含めての構造そのものの改革の余地はまだまだあると思われます。日本の金融の大きな柱ともなっている「日本国債」の信任を維持させるためにもこの財政の健全化への歩みは止めるべきではないのも事実です。

 こういった国債や国の財政について再び考えてみるのも必要ではないでしょうか。小説「日本国債」はストーリーそのものもたいへん面白いものとなっているとともに、やや取っ付き難い国債のことを知るためにも絶好の教科書ともなっています。まだ読んでいない方はもちろん、一度読んだ方も再度目を通されてはいかがでしょうか。
[PR]
by nihonkokusai | 2007-01-05 10:12 | 国債 | Comments(0)

「新年あけましておめでとうございます」


新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 1月1日の読売新聞は、日本銀行が、1月にも追加利上げを実施する方向で検討する見通しと伝えています。昨年末の経済指標で日本経済の底堅さが確認されたとして、利上げに向けた環境が整いつつあるとの判断を固めた模様だそうです。

 その経済指標を振り返ってみますと、1月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)は前年同月比+0.2%と市場予想通りの数字、また1月の全世帯の家計調査によると物価変動の影響を除いた実質で前年同月比-0.7%。11月鉱工業生産速報値は前月比+0.7%と予想の平均(+1.0%近辺)は下回ったものの、好調だった10月に続いて2か月プラスとなり、生産指数は過去最高を更新していました。それほど強い数字ではなかったものの、確かに「底堅さ」は確認できたともいえます。

 今月12日には日銀の支店長会議も開催されます。ここで各地の景気・物価情勢なども見極める必要もあり、さらに政府・与党との調整を経たうえで、17~18日に開く金融政策決定会合で最終判断するそうです。特にこの政府・与党との調整次第では利上げが2月以降にずれ込む可能性も残されているとも読売は伝えています。

 また、ここにきて米国の経済指標も明るいものが多く出ており、特に住宅市況が回復しつつあるなどしていることも日銀にはフォローの風となっているのかもしれません。しかし、なぜ12月が出来ずに1月なのかという面は釈然としていません。個人的にはもう少し様子を見て、12月の数字を確認した上で2月に追加利上げをしても良いのではないかと思っているのですが。

 昨年は量的緩和政策が解除され、ゼロ金利政策も解除されました。税収も予想を大きく上回るなど経済が正常化しつつあることは疑うべくもない状態にはあるようです。この基調が維持されれば、今年は年内、1月か2月に1回、さらに7月選挙後あたりにもう一回程度の日銀の利上げが実施できるのではないかとも思っています。

 今年の景気も明るい状態が続き、追加利上げが可能となるような状況が維持されることを願っております。本年も引き続き「若き知」ともどもよろしくお願いいたします。
[PR]
by nihonkokusai | 2007-01-05 09:25 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー