牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:趣味関心( 172 )

「マニアックなものがいずれメジャーに」

 ハイテク絡みではマニアックなものがいずれメジャーになることが良くある。四半世紀前からパソコンを使っている身としては、ここまで普及するなどゆめにも思わなかったし、また昔は音響カプラを使ってパソコン通信を行っていたのが、今ではインターネットがそこらじゅう張り巡らされている。著作権問題も絡み、聞いていることを公表するのもはばかられたMP3も、ここにきて一般化している。ということで、今回はこれから注目されるマニアックなものとしては以前にも指摘したが動画を取り上げてみたい。

 DVDも安価になりポータブルDVDプレーヤーも見かけることが多いが、やはり動画ももう少しハンディータイプのプレーヤーが求められる。すでに携帯電話の一部やPSPなど動画再生機能を持っているものも出てきてはいる。しかし、MP3同様にもとのコンテンツから利用可能なものに圧縮するには、ある程度のパソコンの知識が必要となり、これがネックになっているようである。また結構面倒でもある。

 ただHDやDVDレコーダーも波及しており、すでに手元にデジタルコンテンツを保有している方も多い。通勤時間や空いた時間を利用して、とりためておいた番組を携帯電話などで見たいとの要望もあるのではなかろうか。また、テレビの語学講座などを利用したい人もいるものと思われる。音声だけでなく画像があると、さらに知覚が刺激されるため覚えやすくもなるはずである。

 携帯動画変換君なるフリーソフトも存在するが、いずれHDレコーダーにもSDカードやminiSDカードが取り付け可能となり、手元の動画を持ち運び可能にしてくれるものも出てくると思う。しかし、著作権も絡み技術はあれど製品化が遅れ、またアップルなどに先を越されるといった自体にもなりかねないような気もする。この際、まず著作権もあまり絡まない昔の映画などを安価でネット配信などしてくれるとうれしいのだが。
[PR]
by nihonkokusai | 2005-07-05 11:00 | 趣味関心 | Comments(0)

「V603SH」

「V603SH」

 先週23日に新しい携帯電話を購入した。現在使用しているPHSがやや不便になってきたことで、乗り換えることにした。PHSは主にインターネット接続のためのバックアップとして利用するつもりであったが、そのための利用の機会はなく、せいぜい朝に海外市況をネットで確認する程度であった。また、通話もそれほど多くないし、メールの利用も少ない。

 このため、今度は携帯電話というよりマルチメディアとしての機能を重視した。災害時などの利用も考えてテレビやラジオがついているものが最初の選択肢となった。そうなるとDOCOMOの機種にはない。AUからは新製品として最近出てきたが、先発のvodafoneと比べてひとつ欠点があった。契約を解除するとAUの端末はテレビも見られなくなってしまうのである。このため、最近、評判が落ちるとともに加入者数が急減しているものの vodafoneのV603SHが最終選択肢に入った。

 V603SHはデジタルカメラ機能としては200万画素ある上に2倍の光学ズームもついている。デジタルカメラとして使うにも十分な機能である。また、テレビの録画も可能な上、デジタルカメラを利用しての動画の撮影も可能である。もちろん動画の閲覧もできる。シャープ製であり、液晶が AQUOSの技術が応用されているとかで非常に画像も鮮明である。ただし、テレビとかの閲覧は一回の充電で1時間程度しかできない。

 音楽についてもMP3を聞くことが可能であるが、すでにiPod等を持っているため、この機能はあまり使わない。ボイスコーダー機能もあまり利用する機会はなさそうである。

 この機種はminiSDカードではなく割安なSDカードを使うことができる。日本製の512MBのカードを秋葉原の安売り店で4000円弱で購入した。圧縮方法にもよろうが、そこそこ見ることができる動画では、512MB程度で5時間程度収めることが可能のようである。V603SHのテレビでは電車での移動中などは時折画面が乱れるため録画には適さないため、自宅のパソコンを使ってテレビを録画したものを携帯動画変換君などを使い圧縮して SDカードで見るといったことを考えている。

 このV603SHは、すでに販売されてから時間も経っていることから、秋葉原の電気店などでは条件付きながら新規では0円で購入できる。条件とはvodafoneの購入者減の要因のひとつとも言われるものであるが2年間の契約が必要なのである。少なくとも当初7か月内での解約は高くつく上、7か月以上でも、2年目の契約更新月以外での解約は10500円が必要となる。今回はいずれ10500円払うことを考えても、これだけの機能がついていれば割安と判断した。またV603SHはvodafoneではあるが、通信障害が頻発した3Gではなく2Gタイプのものなのでその点も心配は少ない。

 しかし、これも結局、1年もたてば飽きるような気もする。まもなく携帯電話向け動画配信も始まるものと見られ、そのコンテンツや料金次第ではアナログ地上波テレビなどよりも魅力的なものとなるかもしれないためである。
[PR]
by nihonkokusai | 2005-06-30 10:39 | 趣味関心 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー