牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

2014年 07月 01日 ( 2 )

地政学的リスクとは何か

 地政学的リスク(Geopolitical risk)は、地政学リスクとも呼ばれる。ある特定地域の政治的・軍事的・社会的な緊張の高まりが、世界経済の先行き、というよりも足元の金融市場を揺るがすような時に使われる。

 地政学的リスクとの用語は、FRBが2002年9月に米国のイラク攻撃に対して使用して以来、市場で認知されたようである。地政学リスクとしては地域紛争の勃発とテロの脅威が代表として挙げられる。過去に地政学的リスクとして認識されたのは、イラクやイラン、イスラエルとパレスチナ問題、アフガニスタン、さらに北朝鮮の核問題などである。

 最近になって地政学的リスクとして取り上げられるようになったものに、ウクライナ情勢とイラク情勢などがある。ウクライナ情勢とは、ウクライナ国内でのロシア派と欧米に近い反ロシア派の対立によりクリミアが独立し、さらにウクライナ東部でも分離独立を目指す動きが出ており、そこにロシアも介入し国際問題化したものである。

 イラクに関してはスンニー派とシーア派の宗教対立である。アメリカが3年前に軍を完全撤退したことで、政府軍は火器、戦闘能力で上回る過激派組織に太刀打ちできなくなったことで軍事力の均衡が崩れ、内戦のような状況となっている。

 ウクライナ問題はロシアと欧米諸国の対立とともに、経済的にはウクライナを経由したロシアからの天然ガスの供給問題などが絡んでくる。ロシア国営ガス会社ガスプロムが6月に16日、ウクライナへの天然ガスの供給を停止した。これによる欧州へのガス供給に支障は出ていないが市場では地政学的リスクが意識された。

 イラク問題では6月18日に激しい戦闘が起り、イラク最大の製油施設、バイジ精油所が閉鎖された。これによる原油価格への影響が懸念された。ただし、実際には世界的に原油の備蓄は十分にあるため、原油の供給に直接的な影響が出ているわけではない。それでもその懸念だけで相場は動いた。

 地政学的リスクとは、現実に世界経済に直接影響を与えるケースもあるが、影響は出ていなくても懸念だけで相場が動くこともあり、現在のウクライナやイラクの情勢は後者の状態にある。ただし、相場の振れ方によっては、思惑的な動きも相場の動きを加速させることもありうる。相場が動いたことによって、地政学的リスクが高まったとの認識がもたれることもある。

 地政学的リスクと一括りにされている用語は、現実の影響についても吟味する必要がある。先行きの不透明感が強い分、思惑的な動きも入り安く相場の変動要因ともなりうる。ただし、思惑先行となる分、経済に影響が具体的に波及するようなことがないと、そのポジションは相殺され何事もなかったかのような結果となることも多い。

 現在のウクライナとイラク情勢についてもリスクは抱えており、ロシアや欧州、そして米国政府も巻き込んでいる。しかし、石油危機のようなショックをもたらすほどのものではないとも思われ、あくまで地政学的なリスク要因のひとつとして捉えておく必要があるのではなかろうか。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2014-07-01 18:49 | 国際情勢 | Comments(0)

長期金利とCPIとマネタリーベース

e0013821_9293231.jpg
 
 ネットにはいろいろな情報がアップされているが、数値のデータとなると入手するのが難しいことが多い。もちろん金融に関わるものであればQUICKなどの端末から入手できるものも多いが、債券関係で言えば長期金利の日々のデータや債券先物の四本値などをネットから直接入手しようとしても容易ではない。

 そもそも日本の長期金利とは、どこが発表しているのかご存じであろうか。債券市場の関係者であれば今更何を言っているのかと言われそうだが、債券市場に関してそれほど詳しくない人にとって、長期金利がどこでどのような形で発表されているのかを知っている人は限られるのではなかろうか。正解は財務省、ではなく日銀、でもない。東証や大取でもない。正確に言えば日本の長期金利として「正式」に公表されている数字は存在しない。これは日本だけではなく海外も同様である。

 長期金利とは通常、10年国債の利回りを指す場合が多い。市場参加者が参考にしている10年国債の利回りは10年新発債の日本相互証券で出合ったものとなる。このため日本相互証券や日本証券業協会が業者のデータを元に集計し発表している15時現在の10年新発債の利回り(BB引け値・店頭気配)が日本の長期金利とされるものとなる。ただしもそれが集計され発表されるまでにタイムラグも存在し、だいたいのところは15時にBBで付いていた10年新発債の利回りということになろう。

 この長期金利の直近分はBBなどでもアップされているが、たとえば過去10年分をネットで集めようとしても、なかなか探し出すことは難しい。債券先物の価格データも同様である。注意すべきはその先物の価格データにはイブニング・セッションも含まれてしまうことである。当日の夕方以降のイブニング・セッションは翌営業日の約定分となるため、形式上は翌日の値動きに加算されてしまう。当日の日中の動きを正確に知りたいとなれば、イブニングの動きを別にして前後場だけのものを抜き出しておく必要がある。

 長期金利と債券先物のデータは自分で入力していることもあり、特に10年債利回りは多少、BBや日本証券業協会の引け値と違うところもあるかもしれないが、おおよそのところは自分で掴めた。

 今度はCPIの数字を掴もうとしたところ、これも総務省のデータベースなどからはなかなか見いだせなかった。いろいろと手を変え品を変えてなんとか見つけ出した。このCPIについては基準年の変更の影響とともに、今年4月からは消費増税の影響も加わる点にも注意する必要がある。

 長期金利とCPIのデータをExcelに入力し、そこに日銀のサイトにデータベースとしてアップされているものからマネタリーベースの前年比を出して比較してみた。つまり名目長期金利とコアCPIから実質長期金利のようなものを出して、それとマネタリーベースの変化と重ねてみたのである。

 その結果、何が見出せたか。結論から言えば何も関連性は見出せなかった。昨年の異次元緩和以降、マネタリーベースの前年比は大きく増加しているが、実質長期金利の低下は2009年8月あたりからすでに始まって低下基調にあった。マネタリーベースの増減が特に実質長期金利に影響を与えているようには見えない。

 さらにコアCPIとマネタリーベースだけを比べてみると、昨年の異次元緩和以降はたしかに似たような上昇となっている。しかし、それ以前は特に相関は見出せない。異次元緩和により、期待が発生し、それにより物価を素直に押し上げた、との説明も見方によっては可能かもしれないが、そう結論づけるにはデータが不足しているように思われるのである。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2014-07-01 09:15 | 日銀 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー