人気ブログランキング |

牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

2012年 11月 21日 ( 2 )

10月に都銀は2兆円規模の債券売り越しに。期初の売りか

 11月20日に日本証券業協会は10月の公社債投資家別売買高を発表した。これによると短期国債を除くベースで、都銀は2兆343億円の売り越しとなった。また、信託銀行も7233億円の売り越しとなっていた。

 それに対して地銀が1兆5640億円の買い越し、農林系金融機関も5561億円、第二地銀が4720億円、信用金庫は7110億円のそれぞれ買い越しとなった。

 生保は9107億円の買い越し、そして海外投資家も8334億円の買い越しに。

 国債の投資家別売買高でみると、都銀は長期債を2兆1432億円、そして超長期債を1774億円それぞれ売り越していた(中期債は4344億円の買い越し)。都銀による長期債の2兆円を超す売りは4月の2兆1068億円以来である。これは10月に入り下期入りして、4月と同様に期初の益出売りと思われる。

 また、信託銀行も長期債を1兆310億円の売り越していた(超長期債は1746億円の買い越し)。

 これに対して地銀は長期債を1兆213億円、超長期債を2203億円買い越しており、都銀の売りに対して、結果として買い支えた格好に。農林系金融機関は超長期を3311億円買い越し、長期を1021億円買い越しに。

 生保は超長期債を7581億円の買い越し。そして外国人も長期債を2965億円、中期債を5481億円の買い越していた。

 都銀が大幅売り越しとなっていたものの、地銀などが買い支え、超長期債は生保や農林系金融機関などが買い越しとなり、債券市場の需給はしっかりしている。

 債券先物の日足チャートを見ると、10月は方向感に乏しい展開となっていた。債券先物は143円80銭あたりから144円50銭あたりの間での、狭いレンジの中での小動きとなっていた。

 10月17日にスペインの格付けが維持されたことなど好感されてリスクオンの動きが強まり、スペインやイタリアの国債が買われ、反対に米債やドイツ国債は売られた。このため10月18日に一時先物は143円79銭、10年債利回りは0.795%と0.8%に迫ったが、ここが結局、10月の安値となりその後、じりじりと反発した。

 ちなみに10月の短期債の売買高をみると、外国人がこの月も12兆1459億円の買い越しとなった。9月の13兆2681億円、8月の12兆3960億円、7月の14兆1707億円、6月の11兆4585億円、5月の11兆6562億円と、外国人は昨年10月以降、10兆円を超える短期債の買い越しを継続させている。

キンドルの電子書籍にて書き下ろしました「超低金利時代の終わり -そして、日銀による国債引受のリスク-」を11月22日までキャンペーンとして無料でダウンロードできます(23日以降は定価300円での販売に)。是非、読んでみてください。また、ご感想等をアマゾンのカスタマー・レビューに書き込みいただけるとうれしいです。


「超低金利時代の終わり -そして、日銀による国債引受のリスク-」


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ、通称、牛熊メルマガでは毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。ご登録はこちらからお願いいたします。

BLOGOS版「牛さん熊さんの本日の債券」
まぐまぐ版「牛さん熊さんの本日の債券」

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
by nihonkokusai | 2012-11-21 09:35 | 債券市場

9月の米国債の国別保有残高

 米財務省が発表している米国債国別保有残高(MAJOR FOREIGN HOLDERS OF TREASURY SECURITIES、http://www.ustreas.gov/tic/mfh.txt)によると、2012年9月の日本の米国債(短期債含む)保有残高は1兆1307億ドルとなり、8月の1兆1228億ドルからさらに増加した。

 これに対してトップの中国は1兆1555億ドルと、8月の1兆1552億円から微増というかほぼ変わらず。中国による米国債保有額は今年になって頭打ちとなり、それに対して日本の保有額がじりじりと追いつこうとしている構図が続いている。ただし、年内の逆転は難しそう。中国は保有する外貨準備の運用の多様化を進めたり、介入の頻度を落としているといわれるが、米国債の保有額は昨年末に一時落ち込んでからは、一定水準を維持している。

 前月に比べ増加額が多かったのはルクセンブルグ。また、スイスも引き続き米債保有を増加させている。スイスフラン維持のための介入により、外貨準備が急ピッチで増加しており、その一部が米国債にも振り向けられているものとみられる。

 上位10か国は次の通り(単位、10億ドル)。中国(China, Mainland)1155.5 、日本(Japan)1130.7、石油輸出国(Oil Exporters)267.0、、ブラジル(Brazil)250.5、カリブ海の金融センター(Carib Bnkng Ctrs)240.4、台湾(Taiwan)200.4、スイス(Switzerland)195.8、ロシア(Russia)162.8、ルクセンブルグ(Luxembourg )148.1、香港(Hong Kong)135.7。

 9月の米国債券市場は総じて下落基調となっていた。9月6日のECB政策理事会では償還期間1~3年の国債を無制限で買い入れることを決定。これを受けイタリアやスペイン、ポルトガルの国債が買われた半面、ドイツ国債や米国債は下落した。また、12日のドイツの連邦憲法裁判所はESMの批准を条件付きで同国に認める判断を下し、これを受けてリスクオンの動きが強まり、ドイツや米国の国債が売られた。

 13日のFOMCでFRBはMBSを毎月400億ドル買い入れるなどの追加緩和策を発表した。さらに超低金利政策を据え置く時期を、2015年半ばまでとして時間軸を延長させた。これについては、将来のインフレが懸念されてか米国債券は大きく下落した。しかし、その後、スペインやギリシャの債務問題への警戒感が再燃し、再びリスクオフの動きを強め、米債は反発している。

 キンドルの電子書籍にて書き下ろしました、「超低金利時代の終わり -そして、日銀による国債引受のリスク-」を11月22日までキャンペーンとして無料でダウンロードできます(23日以降は定価300円での販売に)。是非、読んでみてください。また、ご感想等をアマゾンのカスタマー・レビューに書き込みいただけるとうれしいです。

「超低金利時代の終わり -そして、日銀による国債引受のリスク-」


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ、通称、牛熊メルマガでは毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。ご登録はこちらからお願いいたします。

BLOGOS版「牛さん熊さんの本日の債券」
まぐまぐ版「牛さん熊さんの本日の債券」

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
by nihonkokusai | 2012-11-21 09:34 | 債券市場
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー