牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

2009年 08月 21日 ( 1 )

「キハ04」

 私は鉄ちゃんではない。というよりも、鉄ちゃんになりそこねた。何事も長続きせず、また細かいことが得意ではないこともあり、鉄道は好きだったがそれを趣味に高じることはできなかった。そうは言うもの、昔、神田にあった鉄道博物館で鉄道模型を見てから、いつかは自分で作ってみたいと思っていたが、金額とともに手間がかかるため実現することはなかった。

 しかし、それでも動かなくても良いからほしい鉄道模型がひとつあった。それは「キハ04」と呼ばれる車両であった。その「キハ04」が動く鉄道模型が昨日、講談社から発売された。これは「鉄道模型 少年時代」というジオラマ作成マガジンで、全巻揃うとジオラマが作れるものである。その創刊号に「キハ04」がついていたのである。

 「鉄道模型 少年時代」は昔の田舎をイメージしたものとみられるが、まさに私の少年時代とピタリとオーバーラップするのである。私の母親の実家の近くには昔、筑波線という単線の鉄道が走っていた。その車両のひとつが「キハ04」だったのである。夏休みにはこの列車に乗ってのんびりと里山の風景を見ながら母親の実家に行っていた。

 その後、その母親の実家近くに住むことになり、筑波線は高校から大学にかけて通学の足となった。小学生時代、横浜からこの田舎に引っ越してあまり良い思いはなかったが、この筑波線は好きだった。のんびり流れる車窓の風景は今でも思い浮かべることができる。しかし、この筑波線は1987年4月1日に廃線となってしまった。現在ではその跡が、りんりんロードとして自転車専用レーンとして生かされている。

 その思い出の「キハ04」の鉄道模型を昨日、手に入れることができた。創刊号ということで790円と安価となっていたこともあり、保存用としてもう一冊買っておいた。果たしてこれを集めてジオラマを作れるかどうか。総額で11万円程度となるそうだが、ゼロから作ることを考えると割安だそうである。昔の小さいころの思い出をこつこつと作るのも良いかもしれない。ただし、細かいことが得意ではないのがネックとなりそうな気も。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-08-21 10:22 | 趣味関心 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー