牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

2009年 06月 05日 ( 3 )

「来週の債券相場の予想」

 国債入札は9日に30年債、11日に5年債が予定されている。それぞれ買い手が存在することで無難な入札が予想される。ただし、7月から17兆円規模の国債が増額される。昨年の税収不足や今年度の税収見積もり修正などによる年末に向けての国債増発も確実視されている。7月以降の国債入札動向を見極めたいと、予想以上に投資家が慎重となる可能性もある。また、米国では総額650億ドルの国債入札が実施される。9日の3年債350億ドル、10日の10年債190億ドル、11日の30年債110億の入札が予定され、それぞれの動向も注目されよう。

 債券先物は6月11日に6月限の最終売買日を迎える。中心限月移行に伴う6月限への買戻しの動きはかなり進んできていることで、踏み上げといったことは考えづらい。むしろ6月限の買戻し圧力の後退に伴って、9月限主体に売り圧力が強まる可能性もある。

 長期金利は6月3日に昨年10月以来の1.55%をつけてきた。1.5%台後半では投資家の押し目買いも控えているとみられるが、マインドが弱気に傾きつつあるため、ここは通過点となる可能性が高い。景気動向や欧米の債券市場の動向を睨みながら、長期金利は1.6%に向けて上昇してくるものと予想している。

予想レンジ 1.45%~1.60%
[PR]
by nihonkokusai | 2009-06-05 16:49 | 債券市場 | Comments(0)

「ヘビ騒動」

 昨日、自宅から玄関前にヘビがいるのでどうしたら良いかとの電話があった。私はヘビが大の苦手だが家人も同様。しかし、その時間帯に都内にいる私はどうしようもない。家に入ってくる可能性もあるため、なんとかするようにと伝えた。

 自宅では庭に二匹のネコが居座っている。娘達が餌をやっているが、このネコ達はなかなか狩りがうまくネズミなどとともにヘビも捕まえてくる。今回もガーディアンとして期待したが、何故か肝心なときにいなかったようである。

 少し時間が経過して、家人が毒蛇のリスクを考慮して完全防備でそのヘビをビンに閉じ込めることに成功したと電話があった。近所の人に聞いたところマムシなどの毒蛇ではなく、ジムグリ(地もぐり)と呼ばれる種類のヘビの子供だったとか。

 ジムグリは主にネズミなど小型哺乳類を食べているそうだが、鳥なども餌にしている。我が家の玄関の軒先にはツバメが巣作りをしており、それを狙ってきたとも考えられる。

 その捕獲したジムグリは私はさすがに処分できず、近所の方にお願いした。我が家にいつくネコは、捕まえたビンの中のジムグリを興味津々で見ていたようだが、しっかり課せられた働きをしてほしいものである。餌もらっているんだから。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-06-05 10:26 | 趣味関心 | Comments(0)

「ECBとBOEは政策金利を据え置く」

 昨日のECB理事会では、政策金利を年1.0%のまま据え置いた。ドイツのメルケル首相は、ECBが量的緩和に踏み込むべきではないと牽制していたが、ECB内部で急激な金融緩和に対する警戒感が強まったと見られると日経新聞が報じていた。

 トリシェ総裁は定例理事会後の記者会見で、常に成長率が低いと述べ景気判断を下方修正した。2009年のユーロ圏の実質成長率をマイナス4.6%と見込み、3月時点の予想から2ポイント近い大幅な引き下げとした。ただし、トリシェECB総裁は、第1四半期は極めて弱かったが、年内の経済成長はマイナスの度合いがかなり縮小すると予想するとも発言した。

 カバードボンドの600億ユーロの買い入れについては、発行市場と流通市場の双方から格付けがダブルA以上の債券を買い入れると表明し、この買い入れは、2010年6月末までに終了するした。

 イングランド銀行も昨日の金融政策委員会で、政策金利は据え置いたが、そのイギリスでは、ブラウン首相が辞任するのではないかという根も葉もない噂が流れ、英ポンドがやや売られた。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-06-05 08:44 | 日銀 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー