牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

2008年 11月 17日 ( 2 )

「日銀とFRBの超過準備に対しての付利と政策金利」

16日から超過準備に対しての付利が実施されたが、日銀の政策金利である無担保コール翌日物金利は誘導目標値である0.3%近辺での推移となっている。一部に付利が実施されたことで、日銀が大量の資金供給を実施し、無担保コール翌日物金利の低下を促すのではないかとの見方もあったようだが、政策金利が変更されるか、もしくは「なお書き」対応で一時的な低下も容認することがない限り、誘導目標値を大きく下回っての誘導は考えづらい。

ただし、すでに超過準備に付利を実施している米国では、政策金利であるフェデラルファンド金利が誘導目標を大きく下回って推移しており、これが意識され日銀も同様のことを行なうのではないかとの思惑も働いた可能性がある。しかし、米国の場合は「売出手形オペという機動的な資金吸収手段を持たず、また超過準備の付利の対象になっていない大きな資金の出し手(GSE等)が銀行間市場にいる中で、Fedが市場救済融資を急拡大させた結果、収拾がつかなくなってしまったということだろう」(東短リサーチ、加藤出氏レポートより>QUICK)」との加藤氏の指摘どおりかと思われる。

準備預金に付利が行なわれたことで、オーバーナイト物の金利には3つの金利が存在することとなる。現在0.5%の基準貸し出し金利(ロンバート・レート)、そして政策金利である誘導目標値の0.3%、さらに今回からここに超過準備に付利される0.1%である。ロンバートレートの0.5%と超過準備に付利される0.1%の間の金利の幅はコリドー(廊下)と呼ばれ、このコリドーが存在することで、何らかの事情でオーバーナイトが揺れ動いたとしてもその幅を抑えることが可能となる。

10月31日に政策金利の変更を巡って意見が分かれたのも、ロンバート金利、政策金利、超過準備に付けられる金利の3つの金利のバランスを意識してのものではなかったのかとも考えられる。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-11-17 12:56 | 日銀 | Comments(0)

「2四半期連続のマイナス成長」

内閣府が発表した7~9月期の実質国内総生産(GDP)速報値は前期比マイナス0.1%、年率でマイナス0.4%と2四半期連続のマイナス成長となった。事前予測の中心値はプラス0.1%近辺(ロイター)となっており、予測より悪化したもののマイナス予想も多かったことで市場への影響は限られた。

前期比マイナスとなったのは、外需寄与度がマイナス0.2%と2002年7-9月期以来の低さとなり、また設備投資もマイナス1.7%と2007年4-9月期以来の低さとなったことが影響した。

外需における輸出は前期比プラスの0.7%となったが、控除項目である輸入が1.9%増加していたことで補いきれなかった。内需の寄与度は0.1%増となったが、このうち設備投資が1.7%の減少、個人消費は0.3%の増加、住宅投資は前期の大幅減の反動もあり4.0%増加したが、設備投資の大幅な落ち込みが響いた。民間在庫の寄与度はプラス0.0%となっていた。

これを受けて与謝野経済財政担当相は「景気がさらに厳しくなるリスクに留意する必要」と発言したが、10-12月期GDPは個人消費などがさらに落ち込む可能性があることで、3四半期連続でのマイナス成長の可能性も高そうである。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-11-17 10:27 | 景気物価動向 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー