牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

2008年 09月 01日 ( 3 )

「ROADSHOW、休刊に」


 中学生の頃、「ロードショー」か「スクリーン」のどちらかを発売日に買うのが楽しみだった。当時の映画スターは自分にとってまさにスターだった。スティーブ・マックィーン、ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、キャサリン・ロスなどがお気に入りであった。映画館に頻繁にいけるほどの小遣いはなく、主にテレビでの映画鑑賞が多かった。当時は水曜ロードショーや金曜ロードショーなど、ほぼ毎日のように映画がテレビで放映されており、もちろんビデオなどない時代であっただけに、食い入るように画面を見つめていた。

 そして「ロードショー」か「スクリーン」に好きな映画スターが載ると、切り抜いて大事にしまっておいた。最新映画の情報も、この2誌から得ることが多かった。当時はインターネットなどはなく、情報を得るには本に頼るしかなかったこともある。

 しかし、いつ頃からだろうか、「ロードショー」も「スクリーン」も買わなくなってしまった。映画を嫌いになったわけではない。映画館にもそこそこ足を運んでいた。ただテレビで映画を見る機会も次第に減っていたことも確かである。映画スターについても関心はなくなり、アカデミー賞の受賞シーンを見ても、名前を知らない映画スターが多くなっていた。しかし、それでも映画は好きであるし、その原点には「ロードショー」があった。ここにきていろいろな雑誌の休刊のニュースが出ているが、「ロードショー」の休刊は自分の中の大切な部分が消えてしまうような感覚であった。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-09-01 17:02 | 趣味関心 | Comments(0)

「50にして天命を知る、のか」


 孔子は「15にして学に志し、30にして立ち、40にして惑わず、50にして天命を知る」とおっしゃったそうだが、本日50歳と半世紀目の誕生日を向かえ、「天命」が何であるのか、良くわからない。とりあえず50年間も何をしてきたのか、しっかり反省したい。

 私が生まれたのは昭和33年9月1日。今年50年を迎える東京タワーと同い年である。記憶にはないものの、両親はあの「三丁目の夕日」のような時代に生活を送っていたのであろう。東京タワーには1歳になったころに上ったそうだが記憶にあるわけない。ただ、子供のころから東京タワーには妙に愛着はあったことは確かである。また、チキンラーメンが生まれたのもこの年であり、物心ついたときにはインスタントラーメンはあった。

 昭和33年生まれの有名人には、岩崎宏美や桜田淳子、久保田早紀など、すぐには女性歌手浮かばないような。海外ではマドンナやマイケル・ジャクソンが同年。スポーツ界からは青島健太や原辰徳監督も。ほかにご本人から一度同い年じゃないと言われたこともある神津カンナ。そして開設当初の頃からJ-WAVEで声を聴いていたジョン・カビラなど。

 さらにネットで調べたところ假屋崎省吾、小室哲哉、そしてしんちゃんの臼井儀人や脚本家の君塚良一もそうだとか。こちらの方々はてっきり先輩だと勝手に思い込んでいた。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-09-01 16:00 | 趣味関心 | Comments(2)

「月曜日10時の債券先物への仕掛け」


 8月25日(月)の前場10時ごろから、債券先物にまとまった買いが入り、当日の安値から1円以上切り返すなど大幅な上昇となっていた。特に材料もない中、現物債にはむしろ高値警戒感なども強まっている中にあっての先物への買いだっただけに、不可解な動きとなった。これは一部のヘッジファンドが数千億円単位で、新規で買いポジションを作ったのではないかとも噂されていた。実際に5月25日の債券先物の建て玉は9千億円程度増加した。その後26日の建て玉は1千億円の増加となったが、27日に3千億円程度減少しており、利食い売りが入っていた可能性がある。

 そして、9月1日(月)の前場10時ごろから10時20分あたりにかけ、今度は数千億円単位のまとまった売りが入り(10時ちょうどから 20分までの先物出来高は1.3兆円)、債券先物は当日高値から74銭の下落となった。売りと買いの違いはあるが、時間帯や規模、値動きなど5月25日の仕掛け的な動きとの類似点も多く、同じ手口の可能性が高いとみられる。9月1日の建て玉を確認しなければわからないものの、買いポジションを解消し、あらためてショートポジションを形成した可能性もある。

 2日の10年国債入札も控えてのヘッジ売りなども加わっての大幅な下落となったとみられるが、債券先物の大口売り一巡後は債券先物はやや買戻されるなどしており、今回の相場が大きく変動した主要因は先物への投機的な売買ではないかとみられる。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-09-01 12:14 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー