牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

2008年 03月 26日 ( 1 )

「米3月の消費者信頼感指数」


 25日に発表された米3月の消費者信頼感指数は64.5と市場予想を下回り、2003年3月来の最低水準に落ち込んだ。さらに先行予測となる6か月先の見通しは47.9とオイルショックや、ウォーターゲート事件でニクソン政権が揺れた1973年12月以来の最低水準に落ち込んだ。

 コンファランスボードが発表している消費者信頼感指数は、調査したもので、米国の景況感をはかる指標のひとつ。消費者信頼感指数は消費者に対し、家計の財政状態・生活水準・購買意欲・雇用・価格見通しなどの全米5000家庭を対象にしたアンケート調査をもとに、消費者のセンチメントを指数化したもの。

 この指数は民間の調査機関が出している数値ながら、グリーンスパン前FRB議長も見ていたともされ、市場における注目度も高くなっています。個人消費動向を把握する際に利用される。

 消費者信頼感指数は他に、ミシガン大学などが調査したものとがあるが、調査対象がコンファレンスボードよりも少ないといったことから、コンファレンスボードの同指数の方が注目されている。またコンファレンスボードで発表されるのは消費者信頼感指数のほかに、景気先行指数、求人広告指数などもあり。これらも経済の重要な指標とされている。(以上、拙著「ネットで調べる経済指標」より一部抜粋)
[PR]
by nihonkokusai | 2008-03-26 09:16 | 景気物価動向 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー