牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「決定会合、全員一致で現状維持、CP買入などを発表」

日銀は本日の金融政策決定会合において現状の金融政策を維持することを全員一致で決定した。発表文では「わが国の景気は大幅に悪化しており、当面、悪化を続ける可能性が高い」と前回の「わが国の景気は悪化しており、当面、厳しさを増す可能性が高い」からさらに厳しい表現に変った。発表された展望レポートの中間レビューでは、実質GDPに関しては2008年度で-1.8%(10月見通し+0.1%)、2009年度で-2.0%(10月見通し+0.6%)、2010年度+1.5%(10月見通し+1.7%)と修正され、CPIについても2008年度+1.2%(10月見通し+1.6%)、2009年度で-1.1%(10月見通し+0.0%)、2010年度-0.4%(10月見通し+0.3%)と修正された。

3兆円のCPおよびABCPの買入を1月30日から実施することなどを公表したが、この日銀による企業金融に係る金融商品の買入れ方針については7対1の採決となり、須田委員が反対した。残存期間1年以内の社債の買入れについて実務的な検討を行い速やかに成案を得るよう議長から執行部に対し指示があった。さらに日銀の適格担保にREITの発行する投資法人債も対象になることも発表した。加えて、日銀による期間別の長期国債買入れに関しても発表し、30年債、変動利付債および物価連動債の買入れならびに残存期間による区分別の買入れは、2月分から実施されることとなった。超長期ゾーンについては市場が想定していたほどは買入比率は高くなかった。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-01-22 15:01 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31