牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「BLOODY MONDAY」


 最近はめっきりマンガを読まなくなってしまった。この年になってもまだマンガか、と言われそうだが、私の年代は物心ついたときには周りにマンガがすでにあった。小学2年生あたりから父親の友人が、読んだ少年サンデーを持ってきてくれたために毎週読んでいたのである。だから赤塚不二夫といわれれば「もーれつア太郎」、川崎のぼるといえば「アニマル1」、横山光輝といえば「伊賀の影丸」など読みふけった。「巨人の星」や「あしたのジョー」といった少年マガジンのマンガは、いまだにまともに読んでいないぐらいサンデー派となってしまった。その後は、一時ジャンプ派となったのだが。

 しかし、今回、10月にドラマ化されるという少年マガジン連載の「BLOODY MONDAY」が「日本版 24」という宣伝文句に載せられて興味を引かれた。近くの本屋をのぞいたところ、1巻から3巻が置いてあったので試しに3巻とも買ってみた。マンガの単行本を自分で買うというのもいつ以来か思い出せないぐらいである。

 早速、読んでみたところあっという間に3巻クリアー。高校生の天才ハッカーという設定は少年誌である以上しかたなく無理は承知ながらも、なかなかストーリーは面白く、確かに米国のテレビドラマを意識したようなストーリー展開となっている。ドラマがスタートすれば、原作マンガもさらに売れるのではなかろうか。4巻からの展開がどうなっているのかわからないが、手に入れば読んでみたい。

 そういえば我が家の子供たちが夢中になった「鋼の錬金術師」が、あらためてアニメ化されるというニュースも目にした。こちらの最初のアニメは原作に忠実ではなかったことでストーリーは別物となっていたが、アニメ自体は映画化されるほどの大ヒットさなっている。しかし、原作はまだ続いており、こちらも大変売れている。今度のアニメ化はこの原作に沿ったものになるのではないかともみられているそうである。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-08-25 14:40 | 趣味関心 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー