牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「フリードが来た」


 7月26日は地元のお祭りであった。今年は順番により地区の役員を務めていることから、朝8時から神社に詰めて受付を担当することに。結局、お祭りが終了したのが夜9時となり、13時間労働。ほとんど座りっぱなしであったが、地元の方々との交流などもあって、疲れたものの有意義な一日となった。翌日も午前中はその片付けを行なって、午後になり、いよいよフリードとご対面となった。

 当初6月8日に、ホンダでフリードを成約した際には、納車は8月との予定であったがその後少し予定が早まり7月末に可能となって、26日に納車することになったのである。ホンダの店に午後、変わりに売却するルシーダで嫁さんと長女と行った。

 15年近く娘たちが小さいころから我が家で活躍してくれたルシーダだけに、ホンダの店に行くまではその思い出話に花が咲いた。ルシーダはずっとこれまで家族での夏休みの旅行や、冬のスキーなどでも活躍してくれた。ポケモンジェットを見に羽田空港に行った際、まだ小さかった三女がクルマの中で大暴れしたことなどもあったが、いまとなっては良き思い出となった。ルシーダはまさに我が家の思い出が詰まったクルマであり、ポツンとホンダの駐車場に置かれ、別れを告げる際にはとても寂しそうな様子に見えた。本当にお疲れ様でした。

 そして、そのルシーダに変って我が家に来たのが、フリードである。最近のクルマ離れの影響もあって新車が売れない中、うまく消費者ニーズを掴んだのか、このフリードは1か月で目標の月4千台を大幅に上回る2万台を販売したと報じられている。納車した日にも、何組かの家族が試乗を順番にしていたが、その後の売れ行きも好調のようである。

 我が家に来たフリードはホワイトパールの7人乗りのLパッケージというものであり、純正のカーナビをつけている。実は新車を買うまで我慢と、ルシーダにはカーナビは付けなかったことで、こんな時期になって初めて我が家のクルマのカーナビ設置となった。

 自分で運転したのは納車日にホンダの店から自宅までだけであったが、乗り心地は良い。これからどのぐらい我が家で活躍してくれるのか。まあ、ルシーダ超えということはないと思うが、なるべく大切にして長く乗って行きたいと思う。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-08-01 10:55 | 趣味関心 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31