牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「みどりの日のひたち海浜公園」


 ゴールデンウイーク中、子供たちの予定が入ってないのは4日のみということで、この日は家族で出かけることになった。日帰りということで温泉あたりでもと思ったが、いずれにしても渋滞は避けられず、あまり遠くないところでいくつか候補を選んだ。ショッピングモールにも行きたいとの希望もあり、温泉ではなく「国営ひたち海浜公園」に行くことにした。ここは大型ショッピングセンターが隣接しているところでもある。私は一度も行ったことはなかったが、子供たちは幼稚園の遠足とかで来たことはあるらしい。

 この季節はネモフィラという花が丘一面に咲いているそうで、さらにチューリップもまだ見ごろとか。目の保養とショッピングを兼ねてと目的地は決まった。しかし、ゴールデンウイーク真っ只中ということもあり、下調べも必要かとネットで検索。まず、開園は一応正式には9時半だが、すでに8時半ぐらいには開いているとのこと。早めにクルマで来る人たちがこの時期は多いためのようである。

 そして園内はあまりに広いため、移動するのは自転車が必須となる。しかし、この時期はレンタル自転車の3時間待ちは当たり前だとか。なにはともあれ、高速出口で渋滞にあまり巻き込まれず、自転車を借りるためには8時半ぐらいまでには着いている必要がありそうで、逆算して自宅は7時過ぎに出た。

 常磐高速は渋滞こそなかったものの、すでにかなりのクルマが走っていた。そして8時ぐらいにひたち海浜公園ICに着いたのだが、出口は早くも列を成していた。それでも8時半ごろには公園の駐車場に到着した。

 事前に下調べしていたつもりが、大事なことをチェックしていなかった。5月4日のみどりの日は、この国営ひたち海浜公園は入場料が無料なのだそうだ。ラッキーではあるが、案の定、混み方が尋常ではなかった。

 8時半過ぎにはすでに門は開いており、中央ゲートで自転車を借りようとしたところ、すでにもう1時間待ちとの話。どうしようかと家族で相談していたところ、その話を聞いていたらしい係りの人が、南ゲートか西ゲートにもレンタルするところがあり、そちらはまだ残っているはずと教えてくれた。

 折りたたみ式の自転車を一台積んできたことで、それを使って南口に見に行ったところ、たしかにまだレンタル自転車は残っており、結局、無事に家族の人数分借りることができた。ちなみに南口は休日ののみ開いているとか。教えてくれた係りのおにいさんに感謝。

 南ゲートから自転車でネモフィラが一面に咲いている「みはらしの丘」に向かう。ネモフィラはまだ満開ではなかったものの、なかなか見ごたえがあった。さらにこの丘の上からは太平洋を望むことができた。とにかく人が多いため、この丘の近くでかなり早いものの簡単に食事を取ってしまった。その後、一周9キロあるというサイクリングコースをほぼ一周し、その後に西口近辺で少し散策。とにかくどこも人だらけ。道路は駐車場に入りきれないクルマもあふれていたようで、周りは大渋滞ともなっていた。

 昼過ぎに自転車を返して、遊園地を通って中央口に向かう。このあたりは小さい子供たちがプールなどでまさにイモ洗い状態ともなっていた。ゴールデンウイークに加え無料入園が人手を加速させていたようだ。自転車とはいえさすがに疲れ、早めに公園を出ることにした。

 帰りに那珂湊の魚市場に寄りたいとの声もあり、渋滞は覚悟の上、とにかくそちらに向かった。途中まではスイスイだったものの、魚市場が見えた辺りから、ほとんど動かない状態に。このため一人降りて家人に運転を任せ、途中から徒歩で魚市場に向かった。歩いて5分程度で魚市場であった。クルマの混雑の割には買い物客はそれほど多くなく、帰ったらバーベキューをしたいとの三女のリクエストに答えるために、イシモチ、メヒカリ、ハマグリ、エビなどを物色。

 問題はここからの帰り道。那珂湊から大洗方面は渋滞どころの話ではない状態であったためここは避ける。いったん那珂湊を大洗と反対方向に走り、途中知っている迂回路を通って抜けたところ、途中までは良かったが、途中途中は一部混雑もあった。しかし、51号線をなんとか突き抜けると、さすがに県道はほとんど渋滞はなく、途中渋滞している常磐道を横目で見ながら、明るいうちに帰宅することができた。ちなみに、買ってきたイシモチ、メヒカリ、ハマグリ、エビは十分美味しかった。

 この時期でなければ、国営ひたち海浜公園もほとんど空いているとのことで今回はまさにレアケース。とはいえゴールデンウイーク中、しかも好天に恵まれればどこもかしこも混んでしまうのはいたし方ないところ。もし来年、この時期に、この国営ひたち海浜公園に行かれる方があれば、多少でも参考にしていただければと思う。
[PR]
by nihonkokusai | 2007-05-07 13:05 | 趣味関心 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31