牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「8月の全国消費者物価指数と鉱工業生産指数」


 本日発表された8月の全国消費者物価指数(生鮮食料品除く、2005年=100)は、総合で100.3となり、前年同月比0.3%の上昇と事前予想通りの結果となった。7月の+0.2%とわずかながらも上昇したことで、物価は緩やかながらも上昇傾向にあることが確認された。項目別で価格の上昇幅が大きかったのは光熱・水道(4.2%上昇)であった。生鮮食品を含む総合では100.8と0.9%の上昇となったが、石油製品・その他特殊要因除くCPIは前年比 -0.3%と内閣府は発表している。

 経済産業省が発表した8月の鉱工業生産指数速報(季節調整値)は106.9となり、前月に比べて1.9%の上昇となったが、こちらもほぼ事前予想通りの結果となった。2か月ぶりの上昇となったが2000年を基準とする現行の指数では今年6月を上回って過去最高となっている。経産省は「生産は上昇傾向にある」と基調判断を維持。生産指数を業種別にみると、自動車の欧米向け輸出が好調で輸送機械が5.6%と大幅に上昇しており、電子部品・デバイスも携帯電話向けメモリーなどアジア向け輸出が伸びて5.1%の上昇となっている。また、9月の政策予測は前月比-0.1%、10月は+1.8%と発表された。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-09-29 10:50 | 景気物価動向 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー