牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「デジタルカメラ」


 以前に買った松下電器のデジカメ、Panasonic LUMIX DMC-TZ1は自分専用として、家族用にと、もうひとつデジカメを購入した。ただし、同じようなものではあまり意味がないため、パックアップ用に電池が利用できて小型のものを探したところ、面白いデジカメが見つかったので、早速、アマゾンで購入した(またも無駄遣いか?)。

 そのデジカメとは、ユニデンの「UDC-5M」という機種である。ユニデンはデジカメのメーカーとしてはあまり聞いたことがないかもしれないが、北米における家電やコードレス電話分野の大手ベンダーとして知られるデジタル機器を製造している列記とした日本のメーカーである。

 UDC-5Mの機能は、1/2.5型有効508万画素のCCDと光学3倍ズームレンズを採用している。記録メディアはSDメモリーカード /MMCで、2GBまでのSDメモリーカードにも対応しているそうだが、3000円以下で買った1Gのノーブランドの高速SDカードもしっかりと認識してくれた。そして、電源は単三電池2本を使用。設定可能な感度は最大ISO800。さらに11.5万画素の2.5型液晶モニターを備えているにもかかわらず、13980円と低価格に抑えられている。

 小型で胸ポケットにもすっぽりと入る大きさ。価格はトイデジカメと呼ばれるような半分おもちゃのデジカメに近いものの、このカメラについている電池は三洋電機製。電池の推薦も三洋電池、ということである程度察しがつくと思うが、デジカメの登録商標を持っている三洋電機のOEM商品とみられ、基本性能には問題はない。実際使ってみたが、画像もDMC-TZ1に近い綺麗なものとなっている。ただし、現在デジカメの主流となっている手ぶれ補正については、シーンモードについている「手ぶれ軽減モード」と簡易的なものとなっている。さらにしいて難を言えばデザインか・・・。

 動画についても思いのほか綺麗に撮れる。3倍ズームを使いながらの撮影も可能ながら、残念なことに音声はとることができない。値段が値段だけに高性能機と比べれば見劣りする部分もあるかもしれないが、少なくとも携帯電話についているデジカメに比べれば機能としても上ではないかと思う。なんといっても電池駆動だけに電源の心配が少なく、セカンドマシンとしては問題ない。ただ、やはりデザインが・・・、ちなみに私は黒を買いました。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-07-19 10:38 | 趣味関心 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー