牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「続、ビオトープ」

「投資信託と個人向け国債がよ~くわかる本」 発売中です。よろしくお願いいたします。

 睡蓮鉢の水の透明度がややなくなった上に、ここにきてメダカが2匹ほど死んでしまい、昨日は天気が良かったこともあり、ビオトープの中を少し調整した。増えすぎたホテイアオイの一部を別の容器に移し替えたり、中のキンギョソウを少し取り除く。メダカの卵らしきものもあり、それも別の容器に移し替えた。ヌマエビが生存しているのかどうかを確認したかったが、水の透明度が薄れた上、普通は底の方にいるため確認はできなかった。

 睡蓮は一枚一枚、葉を広げてきて、現在4~5枚程度の葉が浮かんでいる。睡蓮の花が咲くのが楽しみであり、その際にはモネの真似して絵でも描いて見たい気もするが、なにせ絵心がない。

 ホテイアオイを含めて植物はかなり元気が良い。残っているメダカたちも元気に泳いでいる。当初、このメダカたちにえさをやるべきかどうか考えたが、うまく自然が循環すればメダカの数があまり多くなければ、えさの必要もないと聞き、当初からえさもほとんどやっていなかった。メダカ2匹の死因が栄養失調でなければ良いが。植物プランクトンはかなり旺盛でもあり、動物性プランクトンもそれなりにいると期待はしている(顕微鏡で睡蓮鉢の水をチェックすればわかることだが・・・)。

 先日、尾瀬で鉢植えの水芭蕉を買ってきたが、さすがにこの水芭蕉まで鉢にいれるとわけがわからなくなりそうでやめた。とにかく透明度が少しでも回復すれば良いのだが。しかしエビは生きているのであろうか。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-05-22 10:37 | 趣味関心 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー