牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「Wii」

「投資信託と個人向け国債がよ~くわかる本」 発売中です。よろしくお願いいたします。

 世界最大のゲーム見本市E3が開幕し、これにあわせて次世代ゲーム機の概要が見えてきた。一番の注目はソニーが今年11月に発売するPS3と、任天堂が 10~12月頃投入するとみられるWiiであったが、すでに勝負は見えている。まずはPS3の価格が約6万円からと設定されており、これが高すぎる。

 PS2導入の際にはゲーム機としてだけではなく、DVDプレーヤーとしての機能も含めてニーズが強まり、価格についてもある程度納得のいくものであった。今回も狙いはブルーレイのプレーヤー機能がついていることで、複合機としての割安感を狙ったものと思われる。しかし、ビデオからDVDへの普及はレコードからCDへの普及同様に大きな変革であったものの、DVDからブルーレイへの移行はバージョンアップ程度の認識でしかないとみられる。残念ながらブルーレイのプレーヤーとして購入する消費者は限られよう。そうなれば6万円台のゲーム機となってしまい、割高感が強まってしまう。

 そこにもってきて任天堂のWiiは、DSによって本来のゲーム好きの消費者のニーズを意識した電子ゲームの基本に回帰したものとなっている。つまりゲーム本来の面白さが追求できるのである。DSが出た当初は、2画面なんて必要ない、タッチペンなんてなくしそうで使いづらいとの先入観を持っていた。しかし、現実にはこの2つの機能をうまく生かした脳トレなどが大ヒット。実際に使ってみるとタッチペンの操作性はパソコンでのマウスのようにかなり良い。そういえば、自分のDSliteを買ってから、本体の十字キーなどには触れたことすらない。

 そういったゲーム機としての使い良さを、据え置き型でも実現可能としたのが、Wiiのコントローラーである。振る、打つ、動かすといった操作がコントローラーで可能となったことで、ゲームセンターでの高額な機器で遊んでいる感覚と同じような状況になりうる。さらにこのコントローラーにはスピーカーがついている。たとえば銃の代わりとして打ったときに手元で音が鳴るのである。

 ゲームは見るものではなく遊ぶものであることをあらためて実感させてくれそうなのが、このWiiである。価格も25000円程度となることが予想されており、この価格帯ならば問題なく購入意欲を誘う。これまでに体感したことのない感覚で遊べるとなれば、同じゲームのタイトルでもまったく別のゲームとしての遊び方が可能となる、しかも、DSのように操作性をやさしくしたことで、ゲームの初心者も取り込めるものと思われる。

 株式市場でも本日は日経平均が一時400円以上の下げとなり、ソニーも200円近く下げていたが、任天堂の株は一時330円も上昇していた。これをもってしても如何にWiiが期待されているかがわかる。ゲームも能力や画質とかにこだわる時代ではなくなってきており、遊ぶ心が重要な要素になっているという基本にソニーも立ち返るべきではなかろうか。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-05-12 13:48 | 趣味関心 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー