牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「10~12月期GDP第一次速報値は実質前期比+1.4%、年率で5.5%」

人気blogランキング クリックのご協力、ありがとうございます。

 2005年10~12月期国内総生産第一次速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比+1.4%増、年率換算で+5.5%と内閣府から発表された。2002年以来の4四半期連続のプラス成長となった。

 寄与度は、国内需要が+0.8%。輸出から輸入を差し引いた外需は+0.6%。項目別に見ると、個人消費は前期比+0.8%と4四半期連続で増加。民間設備投資は+1.7%、住宅投資は+1.9%。個人消費は薄型テレビや金融手数料、飲料、灯油などが寄与した。また輸出に関しても米国、中国向けが好調。

 名目成長率は+0.9%、年率換算で+3.5%となり、2四半期ぶりのプラス成長。総合的な物価の動きを示すGDPデフレーターは前年同期比1.6%低下し、前期より下げ幅を0.3ポイント拡大させた。

 このGDPを受けて、政府も来週発表の2月の月例経済報告で、景気判断をこれまでの「緩やかに回復している」から「回復している」に引き上げる可能性が高まった。次の2006年1~3月期の実質成長率が-2.6%以上なら、政府の2005年度の実績見込みである+2.7%を達成する。

 このGDPを受けて、谷垣財務相は「緩やかながらデフレ続いていること物語っている」「日銀は数字だけでなく背後の情勢よく見て伸張な判断を」とコメント。竹中総務相も「デフレはしつこく続いている」とコメント。さらに安倍官房長官は「デフレは依然継続、克服にむけた日銀との取り組み必要な状況は変わらず」「日銀はデフレ脱却の重要性認識し、金融政策を取ると思う」とコメントした。

 与謝野担当相は「日銀の量的緩和解除、独自の政策判断による」としながらも「日銀の量的緩和解除、仮にそういう方向に進む場合慎重のうえ判断してくれるだろう」とコメント。

 債券相場はこの数値も織り込み済みの様子。すでに景気の良い話には鈍感になりつつあるのか。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-02-17 12:56 | 景気物価動向 | Comments(1)
Commented by 星の王子様 at 2006-02-18 05:02 x
景気の良い話と格差の拡大の同時進行で今後の見方が分かれている局面では 量的緩和先取りして動くもまだ一部に量的緩和がコンセスサスより遅れる可能性を見る向きが存在します。外人動向と海外金利の影響が大きくなってきている感があります。
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー