牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「昭和」

 読売新聞ネット版に、昭和と聞くと、「空は青く、芝が緑にもえ、暖かい風がそよいでいる」というイメージを抱くとの記者のコメントがあった。そういえば、そうだったなあと妙に共感を覚えた。

 私にとっての青い空は、横浜の釜利谷から見た空、観音崎灯台から見た空、江ノ島に行くモノレールから見た空などが記憶に刻まれている。緑の芝といえば、当時できたばかりの横浜の子供の国の芝であろうか。そして、暖かい風は、現在の八景島近く、芝漁港を見渡す高台での海風か。

 今も同じように、空の青さ、芝の緑、暖かい風は変らないはずだが、現在の子どもたちにはそれが鮮明な記憶として残るのだろうか。昭和という、あわただしい中にも安らぎのあった時代だったからこそ、自然というものに触れ合った瞬間をさっと記憶に刻むことができたのであろうか。

人気blogランキングに参加しました。クリックご協力いただけるとうれしいです。
[PR]
by nihonkokusai | 2005-12-28 12:46 | 趣味関心 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー