牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「青春アミーゴ」

 久しぶりのシングルのミリオンセラーとなった修二と彰の「青春アミーゴ」。第一回の「野ブタ。をプロデュース」のエンディングを聞いたのが最初であったが、その際の自分の印象は、アニメに違和感、ノスタルジー狙いがミエミエ、高校生の喧嘩の歌かよ、といったものであった(ファンには袋叩きに合いそうな・・・)。

 ところが、娘達の反応が違っていた。「いい歌」「もっと聴きたい」というのである。自分でもヒット曲の匂いにはこれまで敏感と思っていたのだが、これは見事に外れてしまい、子供たちの感性が勝っていたようである。

 何回か聴いているうちに、この曲の良さがなんとなくわかってきた。というよりも現在は通勤時間でも「たからもの」などと一緒にしっかり聞いている(「英会話」の学習はどうした?)。

 一時期のラップとかダンスミュージックにはややついていけなかったが、最近のヒット曲は、時期的なものもあろうがしっかりした日本語でしんみりとせつなく歌っているものが多くなってきたように思う。SMAPの新曲「Triangle」やコブクロの「桜」、レミオロメン「粉雪」などが現在のランキングの上位に入っている。

 「歌は世につれ、世は歌につれ」といった昔の名文句もあったが、景気が回復基調になっている現在、やっと少し余裕を取り戻しつつあるのであろうか。

人気blogランキングに参加しました。クリックご協力いただけるとうれしいです。
[PR]
by nihonkokusai | 2005-12-07 10:04 | 趣味関心 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー