牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

ご心配をおかけいたしました

 11日の東北関東大震災の影響で、11日の「引け後の牛さん熊さん本日の債券」の配信ができず大変申し訳ございませんでした。また、ブログの配信もできない状況の中、12日にはブログに多数のアクセスをいただきました。また、ツイッター上でもご心配いただいた方々からの書き込みも多くいただくなど、皆様にはたいへんご心配をおかけいたしました。我が家は茨城にありますが、家族は全員無事であり、家屋の損傷も軽微でした。

 あらためまして、被災された方々にお見舞い申し上げます。特に地震だけでなく津波での大きな被害があったことを、昨夜、やっと通じた電気によりテレビの画像で観たことで、今回の被害の大きさを実感いたしました。

 現在、私は自宅にて「牛さん熊さんの本日の債券」と「コラム」をQUICK様より配信していただき、またメルマガにても配信しております。このため、11日も自宅2階の自宅にて作業をしておりました。地震が起きたのはちょうど「牛さん熊さんの本日の債券」を書いていた時間帯でしたが、大きな揺れとともに机脇の本棚が倒れそうになり、電気が切れたことでパソコンも切れました。部屋の中は落ちてきた本などが散乱し足の踏み場もない状況となりました。少し落ち着いてから下の部屋に行くと、家人と春休みで家にいた長女が外に避難しておりました。まずは玄関を開けて、出入口を確保したのことでした。一瞬、私を忘れていないか、と思いましたが、とりあえず呼んだとのこと。

 それはさておき、牛熊が送れないことを伝えようとしたのですが、Xperiaでのネット接続も出来ない状況で、携帯電話も繋がりにくい状態のため、それよりもまず家族の安全と今後のライフライン遮断の影響を考えて、その対策を取ることを優先しました。牛熊をご覧いただいている方々にはたいへんご迷惑をおかけいたしました。まず、ガソリンと食料の確保とともに次女を迎えにクルマで出かけましたが、道路の信号は消えておりました。それでも皆、慎重な運転となっており、またゆずり合いにより、特に危ないような状況にはありませんでした。

 近くのガソリンスタンドは電気が落ちて販売できないとのこと。自家発電を持つスタンドに廻ってくれと言われましたが、ガソリンは多少、余裕もあるとみて食料を優先しました。しかし、近くのスーパーは電源が落ちて閉店しており、これは無理かと思っていたところコンビニは真っ暗な店舗の中、がんばって営業しておりました。実はこの点について家人と意見が別れており、コンビニは大丈夫という家人に対しPOSを使って管理しているのでコンビニも無理と言っていた私。しかし、結果は家人の意見通りでした。このコンビニでは、緊急時の対応についてもしっかりできていたようです。

 まだ地震発生からそれほど時間は経過していなかったのですが、すでに乾電池や水は売り切れ。ただし、パンなど食料品はその時点ではまだ豊富にあり、少なくとも3日間は5人で食いつなげる程度にパンとカップ麺を購入しました。また、チョコレートやウエットティシュも購入しておきました。3日あればとりあえずライフラインは復旧するとの話を以前から聞いており、それを信じることにしたのです。コンビニのレジでは、価格を確認する人、計算をする人と別れ、テキパキと対応しておりました。次第に長い列が出来ていたものの、それほど待たせられることはありませんでした。

 ちなみにカップ麺についてですが、これには水とそれを沸かすものが必要です。電気が切れると同時に、水を汲み上げるには電気が必要となるため水道も切れます。我が家の地区も同様でした。しかし、我が家にはペットボトルでの飲料水の在庫が多少あり、また自宅には新築時にも非常時のために残しておいた井戸があります。水に関してはなんとかなる状態でした。ただし、我が家の井戸の水は水質が悪く、飲料水にはあまり適さないため当面は生活用水として使うことにしました。また、ガスについては都市ガスではなくプロパンガスであったことで利用可能で、お湯を沸かすことも可能でした。

 コンピニでの調達後は次女を迎えに学校に向かいました。なんとか携帯メールが通じて次女を拾って、三女の学校に向かうかどうか検討しました。ただし、三女の学校は携帯保有が許されておらず、しかもスクールバスということで、行き違いになる懸念もあるため、自宅にて待つこととしました。しかし、これは結果的には判断ミスとなりました。そのまま三女を学校に迎えに行っていれば、なんとかバスに乗る前に拾えたのですが、結局、三女はバスで帰宅したものの、通常30分程度で着くはずが3時間以上も掛かってしまいました。主要道路は信号が消えていたこともあり大渋滞となっていたのです。

 当日夜は三女の帰りを待って、100円ショップなどで購入していた電池式の小型の灯りを頼りにカップ麺での食事となりました。それ以降、12日の夜に電気が通じるまでは夜は真っ暗な状態で、水道も使えないという不便な中で、過ごしておりました。12日の夜に灯りが点いたときは、これで少し普通の生活に戻れると喜びました。今朝はパソコンも立ち上げて、ネットの接続も確認できました。ただし、いまだに水道の復旧の目処はたっていません。

 東北地方などの被害に比べれば、全然たいしたことのないものではありましたが、あって当然のライフラインがなくなったときの厳しさを身にしみて感じました。今後、同様のことはあってはならないと思いたいのですが、自然災害ばかりは防ぎようがありません。今回の私の体験が多少なり非常時にお役に立てていただければ幸いです。そして、大きな被害に合われた地域では一刻も早い救助活動をお願いし、また原子力発電所についても適切な対応を望むばかりです。


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

「牛さん熊さんの本日の債券」をメルマガで配信しております。
登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。
価格は税込で月額1050円です。ご登録はこちらからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0001185491.html
[PR]
by nihonkokusai | 2011-03-13 13:14 | 自己紹介 | Comments(2)
Commented by いかさんま at 2011-03-13 13:49 x
いつも風呂具を拝見しております。
ご無事が確認できて何よりです。
Commented by nihonkokusai at 2011-03-13 16:36
ご心配をおかけいたしました。電気もなく、ネットにもつながらず、水道も出ずに、情報はラジオだけという状態でした。
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー