牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「日銀の国債引受を禁じた財政法」

 高橋是清は首相や蔵相を歴任し、積極財政によって当時の日本の経済を立て直してきました。1931年再び81歳で蔵相となった高橋是清は日銀引受の国債を発行したのです。それによって得た資金で政府が物資を買うことなどにより経済の状況が回復し、物価も少しずつ上昇しました。政府は日銀が引受けた国債を市中に売却することで余剰な資金を回収するという巧みな政策を実施してきました。

 この積極財政の仕組みは、成功するかに見えたのですが、軍部予算の急膨張によってバランスを失いました。すでにインフレの兆候も出てきたこともあり、1936年の予算編成で高橋蔵相は公債漸減方針を強調しました。

 しかし、健全財政を堅持しようとする大蔵省と軍部との対立が頂点に達したことにより、軍事費の膨張を抑制しようとした高橋是清は二・二六事件により凶弾に倒れました。

 第二次世界大戦による軍事費の膨張により政府の借入金は増大し戦時国債など国債が濫発されました。増税政策も強行されたもの財源は不足したため国債が発行され、これらの国債は公募されずに日銀引受となったのです。このために、日銀の保有国債残高が増加し、日本銀行券の発行高も激増しました。

 1945年8月15日に日本はポツダム宣言の受託により敗戦を迎えました。第二次世界大戦後の大きな痛手を蒙った日本経済は、主食の米不足など消費財の欠乏に加え、終戦処理費として巨額の財政支出などが実施されたことでさらに激しいインフレに見舞われました。

 1946年2月に政府はインフレの進行に歯止めをかけることを目指し、金融緊急措置令および日本銀行券預入令を公布しました。5円以上の日本銀行券を預金、あるいは貯金、金銭信託として強制的に金融機関に預入させ、既存の預金とともに封鎖のうえ、生活費や事業費などに限って新銀行券による払い出しを認める、いわゆる「新円切り替え」が実施されました。

 そして1947年制定された財政法では、「国の歳出は、公債又は借入金以外の歳入を以て、その財源としなければならない。」(第四条)として国債の発行を制限するとともに、「すべて、公債の発行については、日本銀行にこれを引き受けさせ、又、借入金の借入については、日本銀行からこれを借り入れてはならない。」(第5条)として日銀による国債の直接引き受けを禁じたのです。

 これは、戦前において日銀による国債引受などを通じ、安易に公債の発行による財政運営を許したことが戦争の遂行・拡大を支える一因となったことを反省するという趣旨に由来するものとされています。
[PR]
by nihonkokusai | 2010-03-03 10:46 | Comments(6)
Commented by 348ts at 2010-03-04 12:00 x
こんにちは。
日銀引き受けの禁止は歴史を学べば誰でも理解できると思っているのですが、金融大臣自身が日銀引き受けを示唆するようになって、それを嗜める閣僚もいないとなっては、正に末期的症状と言わざるを得ないですね。
世論は政府に思い期待をかけていますが、「できない人たち」に権限を与えて強要した場合に、どういう結果となるか、賢明な方なら容易に想像がつくはずなのですが・・・
私はもう、マイナスになることばかりしかしないのだから、むしろ、なにもしないでもらいたいと思っています。

Commented by 348ts at 2010-03-04 12:00 x
ところで、債券ディーリングの中の人としては、日銀の直接引き受けが始まったら、どのような影響があるとお考えですか?
今は一度市中消化された国債を買い入れしていますが、市中保有期間の問題で、市中に超短期で一瞬保有され、それを日銀が買い入れたとしたら、ほとんど直接買い入れと変わらない訳ですよね。
もちろん私としては直接引き受けなど言語道断だと理解していますが、実際に慢性的買い入れは行われていて、程度の問題なのかな~と思案しています。
例えば、「日銀が直接買い入れをする」と公式に発表された場合、債券市場ではどのようなインパクトが考えられるのでしょうか?
買い入れ規模によるのでしょうが、私は意外と受け入れられてしまうのではないかと危惧しています。
Commented by nihonkokusai at 2010-03-04 16:51
348tsさん コメントありがとうございます。

 現在の国債買入はあくまで日銀の資金調節の一環としての位置づけであり、資金供給手段のひとつです。日銀券の発行残高までという行内ルールもあります。

 これに対して日銀の直接引受は政府の財政ファイナンスに直接手を貸すこととなります。

 債券市場関係者も当然なか゜ら過去の事例などから今後の動向を予測するため、先行きのハイパーインフレを考慮に入れながらの動きが予想されます。

 ただし、当面はむしろ程よい物価上昇となり、景気にもプラスで、株価も上昇するかもしれません。長期金利も当初は緩やかな上昇となる可能性があります。

 ところが歯止が効かないことが明らかになって、長期金利が急騰し、手の打ちようのない事態にいずれ発展すると思われます。あくまでこれは個人的な予測です。

Commented by 348ts at 2010-03-08 15:55 x
お返事どうもです。

日銀の資金供給は、なにも国債じゃなくてよいはずですよね。
諸外国も原則禁止していたはずです。
確か金融危機で特別に例外措置でやっていましたよね。

本当に日銀法が引き受けを禁止した信念を酌むのならば、間接的にでも引き受けに繋がるような行為は厳に慎むべきです。
そういう甘さが、今日の財政規律の緩みに繋がったのではないでしょうか。
すこしぐらい大丈夫だろうという甘い判断が、当時あったのでしょう。
日銀法で間接購入も明確に禁止する法律を作っておけばこんな惨状にはならなかったのではないでしょうか・・・
残念でなりません

今となっては、日銀の定期的な買い入れがなければ、金融市場は機能しません。

Commented by 348ts at 2010-03-08 15:55 x
また、日銀券ルールですが、誰も根拠はいえないはずですよね。
日銀券残高を1円でも超過したら、何か起こるのかというと、何も起こらないははずですよね。
つきつめると何かのおまじないとかと変わらないのかも知れませんw

直接引き受けも、「日銀券ルールの範囲内で」と歯止めをかけて実施すると言われてしまうと、どうやら市場では受け入れられるような雰囲気ですね。
金融史に確実に名を残す特異な状況を日本はひた走るわけですね。
いつまで走り続けられるのでしょうか・・・
Commented by ケーキ屋少尉 at 2010-07-27 20:48 x
一ドル=360円になったお陰で日本は高度経済成長を達成できました。円安が悪い事ばかりではありません。又、この記事では円安を防止するために円高維持政策を行い結果的に昭和恐慌を引き起こした井上蔵相の悪政を述べていません。
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー