牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「12月の日銀短観」

 日銀が発表した12月の日銀短観によると、大企業製造業の業況判断DIはマイナス24となり、予想のマイナス27よりも改善を示した。3期連続の改善となり、2008年12月(マイナス24)以来の水準を回復した。2010年3月予想はマイナス18と改善幅はやや鈍化するもののさらなる改善の予想となっている。しかし、大企業全産業の設備投資計画(含む土地投資額)は前年比13.8%減となり、12月短観としては過去最悪となった。

 雇用人員判断DI(全産業)は大企業が15と9月の18より改善を示しており、3月予想も13に。 金融機関の貸出態度判断DI(全産業)も 大企業はマイナス1と9月のマイナス4から3ポイントの改善に。

 設備投資は慎重となっているものの、大企業製造業の業況判断DIなどから見て景気は2009年3月期に底打ちし、その後回復過程に入っていることを示している。今回は改善幅が前回より縮小したものの、二番底を警戒するほどではない。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-12-14 09:58 | 景気物価動向 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー