牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧

「欧米金融当局者による物価上昇抑制への牽制球(まとめ)」


 FRBのバーナンキ議長は、6月4日にハーバード大学の卒業式の講演で「インフレは我々が望む水準をかなり上回る、ここ数ヶ月の長期インフレ期待の上昇はかなりの懸念」と発言、ただし「物価上昇率が2ケタまで達した70年代半ばや1980年よりはかなり低い水準にある、と指摘した。

 そして、ECBのトリシェ総裁は、5日の定例理事会後の記者会見において、「次回会合で小幅な利上げを実施する可能性を排除しない」と発言。「本日、数名のメンバーは利上げを主張」とも発言し、すでに5日の会合で即時利上げを求める意見も出ていたことを示した。 

 5日にECBが発表したユーロ圏の物価上昇率の予想は、2008年の予想の中間値は3.4%(予測幅は3.2%~3.6%)と3月時点の見通し2.9%(予測幅は2.6%~3.2%)から0.5ポイントもの引き上げとなり、よりインフレへの警戒を強めた格好となった。

 このようにバーナンキFRB議長に続いて、トリシェECB総裁もインフレ警戒への姿勢を強めたが、欧米の中銀はこれまでのサブプライム問題による金融不安や景気への影響といったものから、軸足をインフレ懸念へと移しつつある。

 ECBによる利上げの可能性も高まってきているが、さらに今度は米FRBによる年内利上げの思惑も強まってきた。9日にニューヨーク連銀のガイトナー総裁は「世界的なインフレ抑制にはおそらく引き締めが必要」と発言し、ダラス連銀のフィッシャー総裁も「ガイトナーNY連銀総裁の引締め策が必要とする意見に賛同」と発言したのである。

 さらに9日にポールソン米財務長官は「為替介入含めいかなる措置も排除せず」と発言した。NY連銀のガイトナー総裁も「連銀はドルを非常に注視している、通貨に無関心でいられる中銀はない」と発言、ダラス連銀のフィッシャー総裁も、「弱いドルは商品価格に反映される可能性を指摘」と発言し、為替介入に対する質問を受けた際「どのような選択肢も排除しない」と発言している。

 原油先物への投機的な動きの背景のひとつとしてドル安が影響していることも確かであり、物価上昇抑制策としての金融引き締めだけでなく、ドル安への対応も金融当局者は意識しており、ここにきて口先介入という牽制球を投じてきたものと思われる。

 ポールソン米財務長官は、米財務省と連銀は緊密に協力と発言していたが、欧米の金融当局者はインフレへ警戒を強めており、その要因のひとつでもある原油先物や為替市場での投機的な動きを抑制しようといった動きを強めてきている。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-06-12 12:49 | Comments(0)

「日本の長期金利にも上昇圧力」


11日の朝方に発表された1~3月期国内GDP改定値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比+1.0%、年率換算で+4.0%と改定値より上方修正され、同じ時間に発表された5月の国内企業物価は前年同月比で4.7%もの上昇となった。これらの指標を見る限り、日本でも足元経済はとりあえずそこそこしっかりしているが、物価には上昇圧力も強まっているとも言える。しかし、4-6月期GDPに関してはゼロ成長もしくはマイナス成長か、といった見通しなどもあり、白川日銀総裁が言うところの、霧はまだ晴れてきた感じではないことも確かである。

 そうはいうものの、ここにきて欧米の金融当局者からはインフレを懸念する発言も相次ぎ、米国にとってインフレ要因としてドル安も懸念され、財務長官はドル買い介入も示唆していた。

 日本もここ数年、為替介入は実施していないが、米国もブッシュ政権になってからの為替介入も実施しておらず、日本の為替介入について、以前は当時のグリーンスパンFRB議長やスノー財務長官などが批判する発言もしていたぐらいである。それにも関わらず、今回の米財務長官の為替介入示唆は、余程ドル安を阻止したいとの意識の現れとも言そうである。

 昨年夏以降のサブプライム問題が深刻化した際に、まず動いたのはFRBやECBといった中央銀行であった。金融不安といったものも意識されての大量の資金供給や、FRBによる利下げといったものが実施されたが、政府そのものの動きはないわけではなかったが比較的遅く、どちらかといえば中銀主導といったようにも見えた。

 しかし、今回の対応は今週末のG8も絡んでいるのか、政府も全面に出てきたのが印象深い、もちろんFRBやECBといった中銀からも、インフレへの対応として利上げを示唆するような発言も出ていたが、なんとか原油をはじめ穀物など含めて商品市況の高騰を阻止し、ドル安も阻止しようとの意気込みも見え隠れしている。

 その背景としては、思いのほか米経済の大きな落ち込みといったものも回避されるとの見方もあるのか。ただ米国も決して霧は晴れたわけではないが、それでも真っ暗闇から少し日が挿しつつあるのも確かか。

 そういった中で、さて日本はどうするのだろうか。現実には、今の中銀の体制で、協調利上げといったものも考えづらい。サブプライム問題により金融不安が強まった際など、利上げではなく協調利下げを市場では意識する場面もあったが、結局、それぞれの中銀が独自の判断で実施していた。このように中銀同士の連絡は密にするものの、協調して何かをするというのは現実としては考えづらいとも思われる。それでも日銀としても物価上昇を放っておくわけにも、いずれはいかなくなるとも思惑も手伝ってか、ここにきて日本の長期金利なども上昇圧力を強め、11日に現物10年293回は一時1.845%が打たれ、2年269回0.995%と一時1%に接近、5年72回も1.510%がヒットされそれぞれ直近での最高利回りをつけてきている。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-06-11 16:04 | 債券市場 | Comments(0)

「マネーストック統計とCI重視の景気動向指数」


 6月発表の分から、日銀が発表しているマネーサプライ統計はマネーストック統計に名称が変わりと内容も改まった。さらに内閣府の発表している景気動向指数についても採用する指標がDIからCIに変った。

 マネーストック統計は以前のマネーサプライ統計の呼称が変更されたもので、世の中に流通している貨幣の量を示す。具体的には、一般法人、個人、地方公共団体等が保有する貨幣で、金融機関、証券会社、短資会社、非居住者と中央政府の保有する預金は含まれない。

 これまで注目されていたのはM2+CDだが、マネーストック統計ではM2+CD 対象預金と郵便貯金・系統金融機関預貯金を統合し、全預金取扱機関の預金を包含する新「M3」が作成され今後は通貨指標としてこちらが注目されてくるとみられる。

 新M2はこれまでの「M2+CD」から非居住者預金を除外したものであるが、この「M2+CD」が通貨指標としての利用される可能性も残っている。しかし、新M2は郵便貯金を含まないこともあり、新M3が注目指標となる可能性が高いのではなかろうか。

 9日に日銀が発表した5月のマネーストックの新M3は前年比+0.7%となり、4月の同+0.5%より伸び率は拡大した。また新M2は前年比+2.0%、広義流動性は同+0.9%となった そして内閣府が発表している景気動向指数については、採用指標がDIからCIにシフトされた。これまで景気動向指数はDI(Diffusion Index)を正式な指数として公表してきたが、DIは景気の方向性は分かるものの、景気の勢いは分からないという欠点があった。

 これに対して、景気の強弱を示す「合成指数」(CI=Composite Index) は採用している景気指標の変化率に着目したものである。

 CIは景気に敏感な指標の量的な動きを合成した指標で、主として景気変動の大きさや量感を測定することを目的としているものである。CIは一般的に一致指数が上昇している時が景気の拡張局面とされ、低下している時が後退局面となる。

 景気動向指数は6月9日発表分よりCIが正式指数になった。4月の景気動向指数速報CI(速報値・平成17 年=100)は、先行指数92.8、一致指数101.7、となり、先行指数は前月比2.0ポイントの上昇、前月比0.7ポイントの低下と発表された。

 内閣府はCI指数の基調判断を「景気動向指数(CI一致指数)によれば、景気はその局面が変化している可能性もあるとみられる。」と下方修正した。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-06-11 08:58 | 景気物価動向 | Comments(0)

「欧米金融当局者による物価上昇抑制への牽制球」


 ECBのトリシェ総裁は、5日の定例理事会後の記者会見において、「次回会合で小幅な利上げを実施する可能性を排除しない」と発言した。「本日、数名のメンバーは利上げを主張」とも発言し、すでに5日の会合で即時利上げを求める意見も出ていたことを示した。5日にECBが発表したユーロ圏の物価上昇率の予想は、2008年の予想の中間値は3.4%(予測幅は3.2%~3.6%)と3月時点の見通し2.9%(予測幅は2.6%~3.2%)から0.5ポイントもの引き上げとなり、よりインフレへの警戒を強めた格好となった。

 バーナンキFRB議長も、4日のハーバード大学の卒業式の講演で「インフレは我々が望む水準をかなり上回る、ここ数ヶ月の長期インフレ期待の上昇はかなりの懸念」と発言、ただし「物価上昇率が2ケタまで達した70年代半ばや1980年よりはかなり低い水準にある、とも指摘していた。

 このようにバーナンキFRB議長に続いて、トリシェECB総裁もインフレ警戒への姿勢を強めたが、欧米の中銀は、これまでのサブプライム問題による金融不安や景気への影響といったものから、軸足をインフレ懸念へと移しつつある。

 トリシェ総裁は9日にも先日利上げの可能性を示唆していたが、昨日も利上げは確実ではないが可能性があると発言したが、今度は米FRBによる年内利上げの思惑も強まってきた。

 9日にニューヨーク連銀のガイトナー総裁は「世界的なインフレ抑制にはおそらく引き締めが必要」と発言し、ダラス連銀のフィッシャー総裁も「ガイトナーNY連銀総裁の引締め策が必要とする意見に賛同」とも発言した。

 9日の米国債券市場では、朝方から売りが先行していたが、これは英国のPPIの大幅上昇受けての英国の債券が大きく下落したことに影響を受けた。さらにガイトナー総裁などによるインフレ警戒への発言を受けて、9日の米国債券市場では特に2年債など期間の短い債券主体に売られ、2年債利回りは前日比+0.33%の2.71%と急落の展開となった。

 さらに9日にはポールソン米財務長官は「為替介入含めいかなる措置も排除せず」と発言した。NY連銀のガイトナー総裁も「連銀はドルを非常に注視している、通貨に無関心でいられる中銀はない」と発言、ダラス連銀のフィッシャー総裁も、「弱いドルは商品価格に反映される可能性を指摘」と発言し、為替介入に対する質問を受けた際「どのような選択肢も排除しない」と発言している。

 原油先物への投機的な動きの背景のひとつとしてドル安が影響していることも確かであり、物価上昇抑制策のひとつとしてドル安への対応を金融当局者は意識しており、ここにきてまずは口先介入という牽制球を投じてきたものと思われる。

 ポールソン米財務長官は、米財務省と連銀は緊密に協力と発言していたが、欧米の金融当局者はインフレへの懸念を強め、その要因のひとつでもある原油先物や為替市場での投機的な動きを抑制しようといった動きをここにきて強めてきている。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-06-10 09:21 | 日銀 | Comments(0)

「最新金融の基本とカラクリがよーくわかる本、が大学のテキストに」


 名古屋の大学の先生からメールをいただき、なんと拙著「最新金融の基本とカラクリがよーくわかる本」を大学の授業のテキストに使っていただいているそうです。しかも他の大学の先生から拙著ーをご推薦いただいたそうで、メールを送ってくださった先生も推薦図書としてほかの先生にもご紹介いただいているとか。本当に光栄でもあり、うれしい限りです。学生の方に少しでも実際の金融現場をこの本を通じて感じていただければうれしいです。

 また、金融の基本とカラクリがよーくわかる本でネット検索をかけたところなんと国立国会図書館のページがヒット(http://www.ndl.go.jp/jp/data/theme/theme_honbun_102695.html)。確認してみたところ、金融業(銀行等)に関する基礎的知識を得るための資料として、拙著を取り上げていただいておりました。こちらもなんとなく恥ずかしい限りです。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-06-09 16:12 | 本の紹介 | Comments(0)

「景気動向指数」


 「景気動向指数はこれまで、DI(Diffusion Index)と呼ばれるデータを正式な指数として公表されてきましたが、DIは景気の方向性は分かるものの、景気の勢いは分からないという欠点がありました。これに対して、景気の強弱を示す「合成指数」(CI=Composite Index) は採用している景気指標の変化率に着目したものであり、今後はこのCIが参考指数から正式指数に格上げされる見込みです。」

 「CIは景気に敏感な指標の量的な動きを合成した指標で、主として景気変動の大きさや量感を測定することを目的としているものです。CIは一般的に一致指数が上昇している時が景気の拡張局面とされ、低下している時が後退局面となります。」

 上記は拙著「ネットで調べる経済指標」の「景気動向指数」の項目からの一部抜粋です。

 景気動向指数は本日発表分よりCIが正式指数となります。4月の景気動向指数速報CIの一致指数は前月比0.7ポイントの低下、先行指数は前月比2.0ポイントの上昇と発表されました。内閣府はCI指数の基調判断を「景気動向指数(CI一致指数)によれば、景気はその局面が変化している可能性もあるとみられる。」と下方修正しています。(http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/di/summary.pdf)
[PR]
by nihonkokusai | 2008-06-09 14:12 | 景気物価動向 | Comments(0)

「ホンダのフリード」


 中学2年の一番下の娘よりも年式が古くなったルシーダも、さすがにそろそろ買い換えなければならない時期かと、先月から少しクルマのディーラー回りをしていた。すでに娘たちも大きくなり、家族全員で行動する機会が少なくなり、エスティマほどの大きさは必要なくなってきた。しかし、多いときで6人乗ることがあるため、5人乗り乗用車ではなく7人ぐらい乗れるほどよい大きさのクルマはないものかと探していた。

 当初、トヨタのWISHやホンダのストリームあたりを見たのだが、さすがに三列目が狭い。もう少し三列目が広いものはないかとホンダの営業の人に聞いたところ、5月下旬にちょうど良いクルマが出るという話を聞いた。

 ということで5月29日にデビューしたホンダのフリードを31日に見てきた。確かに三列目もそこそこ広く問題はなさそう。またなかなかデザインも気に入ったことで、もし購入するならばこれが良さそうと。しかし、特にルシーダの調子が悪いわけでもないため急ぐ必要もなく、購入にあたってもじっくり構えるつもりでいた。ところが色の中で良さそうなホワイトパールが展示されると聞いて、8日にホンダのディーラーに行ったところ、実物の色は確かに問題はなく決めるならホワイトパールとなった。またフリードの試乗もさせてもらったが、エンジンはルシーダなどに較べて小さいもののなかなか快適な走りであった。

 試乗後、そのまま帰るつもりであったのだが、フリードのデビューを紹介してくれた営業の担当者から、テレビコマーシャルなどの影響か、すでに人気車種となっており、最短納期もすでに8月ぐらいになると聞いて、とりあえず再度見積もりを出してもらうことに。こちらの予算等をあらかじめ言ってはあったが、提示価格との乖離が当初あった。しかし、がんばって我が家の予算に合わせるとの返事で少し心が動いた。もう一押しとばかりオプション品を値引きしてもらうことで、そのまま約定が成立となってしまった。もちろん我が家の財務相も同席しており、娘たちの代表として来ていた末娘の了解も得てのものである。

 ということで、最近、ジョン・レノンの息子さんが出ているコマーシャルでもおなじみのホンダのフリードが8月に我が家にやってくることになった。10数年がんばってもらったルシーダには愛着もあるが、最新型の性能とやらを試させてもらうことに。ちなみにホンダのクルマを購入したのはインテグラ以来。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-06-09 10:53 | 趣味関心 | Comments(0)

「今年初のアジ釣り」


 6月7日(土)に友人と今年初めてのアジ釣りに鹿島港に出かけた。8週ぶりの雨ではない土曜日ともなり、アジ釣りシーズン突入で混雑も予想されたが、なんとかいつもの場所を確保。近くの釣り人の話では6月6日の深夜から7日早朝にかけてはそこそこアジが釣れたとの情報も。

 一年ぶりともなり、手順を思い出しながらなんとか準備をした。今回は少し投げもやってみようと練習がてら投げたところシャコが一匹かかった。しかし、日中は肝心のサビキはほとんど当たりなし。夕方以降も掛かったのは豆アジが5匹のみ。本格的なアジ釣りシーズンはこれからでもあり今後に期待か。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-06-09 10:51 | 趣味関心 | Comments(0)

「マネーストック統計」


 マネーストック統計は以前のマネーサプライ統計の呼称が変更されたもので、この呼称の変更とともに2007年10月の郵政民営化を機に「M2+CD」に郵便貯金などを含めた新「M3」を代表的な指標となる可能性がある。

 マネーストック統計は、世の中に流通している貨幣の量を示す。具体的には、一般法人、個人、地方公共団体等が保有する貨幣で、金融機関、証券会社、短資会社、非居住者と中央政府の保有する預金は含まれない。(一部拙著「ネットで調べる経済指標」より)

 これまで注目されていたのはM2+CDだが、マネーストック統計ではM2+CD 対象預金と郵便貯金・系統金融機関預貯金を統合し、全預金取扱機関の預金を包含する新「M3」が作成され注目される。

 日銀が本日発表した5月のマネーストックの新M3は前年比+0.7%となり、4月の同+0.5%より伸び率は拡大した。また新M2は前年比+2.0%、広義流動性は同+0.9%となった

 新M1はこれまでのM1(現金・普通預金などの要求払預金)に郵便貯金・系統金融機関預貯金などのデータを追加し、これに定期預金などの準通貨と譲渡性預金を加えたものが新M3となる。

 新M2はこれまでの「M2+CD」から非居住者預金を除外したものであるが、この「M2+CD」も通貨指標としての有用性が高いとみられることから「日銀は今後、新M2と新M3のどちらを利用するかはまだ決まっていないという。」(ロイターより)
[PR]
by nihonkokusai | 2008-06-09 09:58 | 景気物価動向 | Comments(0)

「ECBのトリシェ総裁が利上げを示唆」


 ECBのトリシェ総裁は、5日の定例理事会後の記者会見において、「次回会合で小幅な利上げを実施する可能性を排除しない」と発言した。「本日、数名のメンバーは利上げを主張」とも発言し、すでに5日の会合で即時利上げを求める意見も出ていたことを示した。5日にECBが発表したユーロ圏の物価上昇率の予想は、2008年の予想の中間値は3.4%(予測幅は3.2%~3.6%)と3月時点の見通し2.9%(予測幅は2.6%~3.2%)から0.5ポイントもの引き上げとなり、よりインフレへの警戒を強めた格好となった。

 バーナンキFRB議長も、4日のハーバード大学の卒業式の講演で「インフレは我々が望む水準をかなり上回る、ここ数ヶ月の長期インフレ期待の上昇はかなりの懸念」と発言、ただし「物価上昇率が2ケタまで達した70年代半ばや1980年よりはかなり低い水準にある、とも指摘していた。

 このようにバーナンキFRB議長に続いて、トリシェECB総裁もインフレ警戒への姿勢を強めたが、欧米の中銀は、これまでのサブプライム問題による金融不安や景気への影響といったものから、軸足をインフレ懸念へと移しつつある。

 トリシェ発言を受けユーロ圏の債券は利回りが急上昇し、5日のドイツ連邦債の2年債利回りは+0.33%の4.67%と約8年ぶりの水準まで上昇、10年債利回りも1年ぶりの4.5%に上昇し、2年-10年は逆イールドに。そしてEURIBOR金利先物は1日としては過去最大の下落となった。5日の米国市場でも、米債はこのトリシェ発言を受けてのドイツ債の急落や米株式市場が上昇したことなどから、米10年債利回りは一時4.05%まで上昇し、引けは前日比+0.06%の4.04%、そして2年債利回りは同+0.04%の2.49%となった。

 6日の東京市場では欧米の債券の下落を受け、債券先物は売り気配のスタートとなり、直近安値133円54銭を下回り、前日比83銭安の134円40銭寄り付いた。寄り付き後、さらに売られ一時前日比1円を超す下げとなり、一時134円を割り込んだ。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-06-06 09:18 | 債券市場 | Comments(2)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー