「ほっ」と。キャンペーン

牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

「4月の債券相場予想」


 3月の債券相場は海外投資家によるリスク回避の動きなどにより波乱含みの展開となったが、そういった動きは4月に入り次第に落ち着いてくるものとみられる。しかし、米金融機関の損失拡大といった懸念は引き続き根強く、海外市場の動向によっては円債も引き続き動意を示す可能性は残る。このため米大手金融機関の1-3月期決算発表が集中する4月中旬には注意が必要か。

 日本の金融市場における大きな懸念材料は、日銀総裁の空席という状況にある。世界的な金融市場の混乱の最中にあって、日本の中央銀行総裁が空席という異常事態が早期に解決されないようだと、日銀の金融政策の行方にも影響を与えかねない。4月8日から9日にかけて今年度最初の金融政策決定会合が開催される。このままだと金融政策を決定する政策委員は通常の9人から7人での決定となる。

 さらに中旬にはワシントンでG7も開催される。総裁空席によってG7の中における日本の発言力の低下等も危惧されている。また、4月18 日の日銀支店長会議も予定され、そして4月30日の金融政策決定会合では市場も注目している展望レポートの発表もある。展望レポートは先行きの金融政策の方向性を示す目安となるものだけに、このタイミングでも総裁不在となれば市場からの不信感といったものも強まる恐れもある。

 29日から30日にかけて開催される米FOMCでは追加利下げが実施される可能性があるが、日銀は当面、現状維持を選択してくると予想される。しかし、日本の足元景気についてもやや不透明感も強まっている。4月下旬からは企業決算なども発表されるが、こういった企業決算の内容や経済指標動向によっては、日銀による利下げ観測が強まる可能性もある。

 ここにきて消費者物価指数も上昇しているが、4月からも食品価格の値上げも続く。さらにガソリン価格の動向次第では消費動向などにも影響を与えかねない。引き続き物価動向にも注意が必要となる。

 債券の需給面では、新年度入りしての大手銀行の動向が注目される。当初、益出しの売り等が入る可能性はあるものの、日銀による利下げ観測などが強まる可能性もあることで、そういった売りも限定的となろう。中長期ゾーンは引き続き堅調な地合が維持されるとみられる。さらに注目は一時大きく売り込まれた30年国債や物価連動国債、15年変国である。さすがに割安感も出ていることで、物価連動国債など期が変れば国内投資家の押し目買いへの期待もあるものの、積極的に買い進まれるといったことも考えづらい。

 4月の債券相場は3月ほどの荒れ相場にはならないとみられるが、高値圏での推移が予想される。ただ米国金融市場の動向に神経質となっている面は変わらずとみられ、海外市場の動向やその影響を受けての株式市場や外為市場の動きを睨んでの、展開といったものは継続しよう。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-03-31 12:15 | 債券市場 | Comments(0)

「3月の債券相場を振り返る」


 3月に入り債券市場も米国市場の動向の影響を受けやすくなっていた。月初は3月の国債大量償還などを控えての投資家の買い需要の強さも債券相場の押し上げ要因ともなり、5年債利回りは0.75%を割り込むなど約2年3か月ぶりの水準をつけた。ただし、海外投資家によるフラットニングのアンワインドといった動きもあって相対的に超長期ゾーンは重かった。

 12日に発表された10-12月期GDP2次速報では前年比+3.5%と市場予想は大きく上回った。これにより12日の債券先物は一時 139円を割り込み一時138円98銭まで下落した。しかし、13日にはドル安が進行しドル円は100円近くまで円高ドル安が進行した。ユーロも対ドルでユーロ導入後の最高値を更新。この円高を受け日経平均はザラ場で昨年来安値を更新した、これを受けて債券先物は中心限月としては2005年7月29日以来の140円台乗せとなり、現物は10年290回が2005年7月以来の1.3%割れとなるなどかなり波乱含みの様相ともなった。

 NY原油先物も高値を更新するなどやや投機的な資金が金融市場を混乱させている面もある。またドル売りや株の下落、国債への買いといったものはリスク回避の動きによるものともみられ、日本の債券市場でも格付の低い銘柄主体に一般債が売られたり、T-Lスプレッドが拡大するなどしていた。債券先物は10日に中心限月が6月限に移行したが、3月限よりも6月限の価格が上回るなどこれまでにない動きともなり、これも先物の買いポジションのロール圧力が強かったためとみられた。11日の5年国債入札も安全資産としての資金も入ったとみられ、利率は0.8%に引き下げられたが入札は順調なものとなった。

 14日月曜日の東京時間早朝に米FRBは公定歩合を3.25%に引き下げを実施すると発表。JPモルガン・チェースがベア・スターンズ買収へとの報道にあわせる格好の発表ともなった。98円台への円高も受けての株安もあり、債券先物は買いが先行したが現物はアセットスワップ絡みの海外投資家の売りなどから超長期がさらに売りこまれ、米国の金融機関や金融市場の動向に不透明感も強まり、日本の債券市場でもリスクを落とす動きが強まりそれが超長期ゾーンや物価連動国債、15年変動利付国債などへの売りとなった。グローバルなリスクリダクション、ポジションのアンワインドといった動きが強まったが、その後今度は売られた超長期が大きく買われるなど、債券相場は先物含め17日から19日にかけてかなり値動きの荒い展開ともなり、10年債利回りで 1.23%から1.33%の間での乱高下となった。ちなみに後日財務省が発表した16-22日の外及び対内証券売買契約等の状況によると対内債券投資は報告機関ベースで2兆3467億円の資本流出超とこれは過去最大の流出となっていた。

 月末にかけては米国市場が落ち着きを取り戻しつつあったことから、債券は総じて上値の重い展開となった。しかし、現物は中期ゾーン、超長期ゾーンそれぞれに買いも入り押し目も限られた。ただ決算期末も控えていることもあり銀行や証券会社などは動きづらく、このため債券先物は海外市場の動向などを受けて一時141円台をつける場面もあったが、その後戻り売りから大きく反落するなど、一部の市場参加者による仕掛け的な動きなどから値動きの荒い展開ともなっていた。10年290回利回りも上げ下げはあったものの、1.2%台での動きに終始した。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-03-31 09:39 | 債券市場 | Comments(0)

「2月全国コアCPIは前年比+0.1%に」


朝方総務省が発表した2月の全国の消費者物価指数(除く生鮮)は前年同月比+1.0%となり1%台となり、市場予想の+0.9%も上回った。これにより全国コアCPIの前年比プラスは5か月連続となった。

前年同月比の押し上げ要因となったのは、原油価格の上昇によるエネルギー価格の上昇で、「灯油」や「ガソリン」の上昇が牽引した格好に。また「生鮮食品を除く食料」も押し上げ要因となったが、これは小麦価格の上昇などを受けて即席めんやスパゲティ、食パンなどの値上がりが影響した。また「移動電話通信料」の価格上昇も影響していた。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-03-28 10:00 | 景気物価動向 | Comments(0)

「16-22日の対内債券投資は過去最大の流出に」


財務省が発表した16-22日の外及び対内証券売買契約等の状況によると対内債券投資は報告機関ベースで2兆3467億円の資本流出超となった。これは過去最大の流出となった模様。先週は超長期や15年変国、物価連動国債などを主体にかなり海外投資家からとみられる現物売りが入った。アセットスワップに絡んだポジションの外しといったことも含め、かなり現物が売却されていたことがこれで明らかとなった。反面、債券先物は買戻し圧力を強める格好ともなっていた。

 「財務省は国際収支統計の証券投資とは別に,居住者と非居住者との証券売買の統計を発表しており、これが対内・対外証券投資状況となっている。公表は決済ベースと約定ベースの2通りある。約定ベース(週次、月次)は、指定された大口投資家の証券売買額を集計した統計。約定ベース(週次)の対内証券投資は、非居住者による日本の株式、公社債の取得・処分額。対外証券投資は居住者による外国株式、公社債の取得・処分額を示している。」

 「世界的に資金が大きく流れる時代となっており、それは東京市場でも例外ではない。株式、債券、そして外国為替市場においても海外投資家の動向は常に注目されている。その海外投資家の動向を把握するためにも、速報性にすぐれた週次の対外及び対内証券売買状況が注目されている。」

 「海外投資家は情勢に応じて頻繁に資金を動かしている。それは日本国内の情勢による場合もあれば、海外情勢による影響を受ける場合もある。現在の日本の金融市場の需給状況を確認するためのひとつのツールとして対外及び対内証券売買契約等の状況を確認しておくことが大事となる。」

(拙著「ネットで調べる経済指標」より抜粋)。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-03-27 09:36 | 景気物価動向 | Comments(0)

「米3月の消費者信頼感指数」


 25日に発表された米3月の消費者信頼感指数は64.5と市場予想を下回り、2003年3月来の最低水準に落ち込んだ。さらに先行予測となる6か月先の見通しは47.9とオイルショックや、ウォーターゲート事件でニクソン政権が揺れた1973年12月以来の最低水準に落ち込んだ。

 コンファランスボードが発表している消費者信頼感指数は、調査したもので、米国の景況感をはかる指標のひとつ。消費者信頼感指数は消費者に対し、家計の財政状態・生活水準・購買意欲・雇用・価格見通しなどの全米5000家庭を対象にしたアンケート調査をもとに、消費者のセンチメントを指数化したもの。

 この指数は民間の調査機関が出している数値ながら、グリーンスパン前FRB議長も見ていたともされ、市場における注目度も高くなっています。個人消費動向を把握する際に利用される。

 消費者信頼感指数は他に、ミシガン大学などが調査したものとがあるが、調査対象がコンファレンスボードよりも少ないといったことから、コンファレンスボードの同指数の方が注目されている。またコンファレンスボードで発表されるのは消費者信頼感指数のほかに、景気先行指数、求人広告指数などもあり。これらも経済の重要な指標とされている。(以上、拙著「ネットで調べる経済指標」より一部抜粋)
[PR]
by nihonkokusai | 2008-03-26 09:16 | 景気物価動向 | Comments(0)

「ネットで調べる経済指標、発売されました」


私の7冊目の本となる
「ネットで調べる経済指標」
が3月22日に
毎日コミュニケーションズさん
から発売されました。そろそろ全国書店にも並んでいるかと思います。

 この本はネットを使って直接に経済指標を発表している機関から調べるにはどうしたら良いのか、さらにその経済指標に関してのコメントとともに、市場に対しての影響、さらに指標のどこを見たら良いのかといった解説を行なっている本です。

 ネット上の経済指標は様々なウェブページに分散してアップされていることで、どの経済指標がどのページにアップされているのか、わかりにくいのも確かです。この本はこういったネットにおける様々な経済指標の探し方を説明しているのが大きな特徴となっています。本の構成も、各指標を発表している官公庁や団体などの組織ごとに章立てしており、それぞれの官公庁などのウェブサイトのどのページにどの指標がアップされているかが分かるようになっています。

 日本の経済指標に加え、サブプライム問題に端を発する金融市場の混乱などで揺れ動く米国の主要経済指標も取り上げています。こちらを調べるのもなかなか大変でしたが、その分、活用していただけるのではないかとも思っております。


アマゾン
でも購入できます。よろしければぜひお買い求めいただければ幸いです。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-03-25 14:49 | 本の紹介 | Comments(5)

「1~3月期の大企業全産業の景況判断指数はマイナスに」


 内閣府・財務省が発表した法人企業景気予測調査によると、1~3月期の大企業全産業の景況判断指数はマイナス9.3となり、2007年10~12月期のプラス0.5から大幅に悪化した。

 大企業全産業の景況判断指数の4~6月期の見通しはマイナス2.3、同じく7~9月の見通しはプラス6.6となっており、7~9月にかけて回復との見通しとなっている。大企業製造業の1~3月期の景況判断指数はマイナス12.9(10-12月期+5.2)、で大企業非製造業はマイナス 7.2(同-2.2)だった。中堅企業は全産業でマイナス14.1(同-2.6)で、中小企業全産業はマイナス30.4(同-18.7)とそれぞれ 10~12月期から大きく悪化した。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-03-24 09:28 | 景気物価動向 | Comments(0)

「2007年12月末現在の国債保有者別残高」


 2007年10~12月資金循環勘定速報が日銀から発表された。このうち家計の金融資産は、1544兆8347億円と引き続き1500兆円台を維持したものの、株価急落で年末比較で5年ぶりの減少となった。この家計のうち国債は、35兆9568億円(9月末35兆3674億円)となり、国債全体に占めシェアは5.3%と変わらず。株式91兆3000億円(9月末99兆7648億)に減少し、投資信託は71兆8951億円(9月末76兆3363億円) の減少となった。2007年9月末の日経平均は16785円69銭に対して2007年12月末は15307円78銭。長期金利は9月末1.675%に対し、12月末1.500%。

 資金循環勘定速報をもとに 2007年12月末現在日本における国債所有別内訳を算出してみた。

 国債の残高そのものは9月比22兆3378億円の増加となった。2007年10月の郵政民営化にともなって、郵貯分が中小企業金融機関等に入り、また民間生保分という区分けがなくなり簡保分を含めて生命保険に組み入れられていることで、それぞれ単独の数値が今回から抽出できなくなった。

 海外投資家のシェアは7.3%に増加し、家計の全体に占めるシェアも5.3%と5%を維持した。海外と個人を合わせたものの全体に占めるシェアは9月に続いて10%を大きく超えている。

2007年12月末の国債残高と、そして全体に占めるシェア、2007年9月末比(億円)

合計 、684兆3258億円、100.0%、10兆8165億円増

民間預金取扱機関、239兆0726億円、34.9%
民間の保険年金、153兆9299億円、22.5%
公的年金、75兆1894億円、11.0%、4兆4576億円増
日本銀行、65兆0751億円、9.5%、6848億円減
海外、49兆8842億円、7.3%、5兆5627億円増
家計、35兆3674億円、5.3%、1兆8135億円増
投信など金融仲介機関、29兆7117億円、4.3%、7兆49億円増
財政融資資金、16兆5286億円、2.4%、3兆5285億円減
その他、18兆9775億円、2.8%、8022億円増

参考までに自分で集計を始めてからの、日銀資金循環統計を元にした国債残高の推移は下記のようになっている。一番右の数値は前回比である。(単位、億円)

2002年09月末、5,045,257
2002年12月末、5,228,730、183,473
2003年03月末、5,384,464、155,734
2003年06月末、5,441,370、56,906
2003年09月末、5,437,060、-4,310
2003年12月末、5,545,297、108,237
2004年03月末、5,699,256、153,959
2004年06月末、5,759,771、60,515
2004年09月末、5,993,527、233,756
2004年12月末、6,197,909、204,382
2005年03月末、6,424,669、226,760
2005年06月末、6,613,991、189,322
2005年09月末、6,591,695、-22,296
2005年12月末、6,718,823、127,128
2006年03月末、6,670,712、-48,111
2006年06月末、6,591,136、-79,576
2006年09月末、6,750,991、159,855
2006年12月末、6,760,500、 9,509
2007年03月末、6,735,779、-24,721
2007年06月末、6,619,880、-115,899
2007年09月末、6,735,093、115,213
2007年12月末、6,843,258、108,165

(なお上記は、私がエクセルで資金循環勘定速報をもとに再集計したものであり、数値のチェックはしているものの、一部入力ミスしている可能性が皆無とはいえないため、使われる際には、ご注意ください。)
[PR]
by nihonkokusai | 2008-03-21 14:38 | 国債 | Comments(0)

「白川総裁代行を中心とした日銀新体制が発足」


 福井日銀総裁の任期満了までに次期日銀総裁が決まらず総裁空席のまま、副総裁に選任された白川氏を中心とした日銀の新体制が今日発足します。

 『日本銀行の役員とは誰のことを指すのでしょうか。もちろん、総裁や副総裁は役員です。そして金融政策決定会合に参加している審議委員も、日本銀行の常勤の「役員」として内閣から任命されています。日本銀行の組織規定をみてみると、「当銀行に、役員として、審議委員6人、総裁1人、副総裁2人、監事3人以内、理事6人以内及び参与若干人を置く」とあります。このように、監事3人以内、理事6人以内及び参与若干人が、内閣によって任命された政策委員9名とともに役員となっています。(拙著「短期金融市場の基本とカラクリがよ~くわかる本」より)』

 西村氏が副総裁に昇進することで、審議委員も一人空席となり、日銀の金融政策を決定する政策委員会は当面7人体制となります。

 『政策委員会は9名のメンバーによる合議制の委員会です。そのメンバーとは、総裁1名、副総裁2名、そして6名の審議委員の合計9名の政策委員から構成されます。政策委員は衆参議院の同意を得て、内閣が任命することとされる日本銀行の常勤の役員です。現在の審議委員のメンバーは、学者、民間企業や民間金融機関の役員、そして民間エコノミストといったメンバー構成となっています。 政策委員の仕事は、決定会合に参加して金融政策を決定するだけではありません。政策委員会には、月1回もしくは2回開催され、金融政策について審議、決定を行う「金融政策決定会合」がありますが、そのほかに原則週2回定例的に開催され、金融政策以外の重要事項を審議する通常会合があります。(拙著「短期金融市場の基本とカラクリがよ~くわかる本」より)』

 このように拙著「短期金融市場の基本とカラクリがよ~くわかる本」には、日銀の役割や機能、金融政策の役割など日銀に関する記述が約半分を占めています。また、米国では短期金融市場の混乱などによって大手証券会社の資金繰りが悪化し、FRBが新たな対応を迫られるなどしていますが、「短期金融市場の基本とカラクリがよ~くわかる本」では短期金融市場への記述が残り半分を占めており、日銀が大きく関わっている短期金融市場が総括できるようになっています。ご関心、ご興味のある方はぜひ書店にてお手にとってみてください。アマゾンからも購入できます。

「短期金融市場の基本とカラクリがよ~くわかる本」
[PR]
by nihonkokusai | 2008-03-21 09:25 | 日銀 | Comments(0)

「アーサー・C・クラーク氏死去」


 SF会の大御所であり、私が最も敬愛しているSF作家、アーサー・C・クラーク氏が移住先であるスリランカで死去された。テレビアニメに影響され子供のころからベルヌやウェルズの小説を読み漁り、学生時代になってアーサー・C・クラーク氏の小説「幼年期の終わり」を読んで衝撃を受けた。この「幼年期の終わり」はSF愛読者の間でもSF史上の最高傑作ともされている。しかし、アーサー・C・クラーク氏といえば映画となった「2001年宇宙の旅」の方が知られているかもしれない。これは確かに原作はクラークながら監督のスタンリー・キューブリックの手腕によるところが大きい。アーサー・C・クラーク氏の代表作としては他に「都市と星」、「海底牧場」、「渇きの海」そして最近のアニメにも良く登場している宇宙エレベーターを始めて登場させた「楽園の泉」などがある。SF全盛期を支えた一人がまたいなくなってしまったのは寂しい限り。ご冥福をお祈りしたい。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-03-19 10:56 | 趣味関心 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー