牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

「須田日銀審議委員は留任」

人気blogランキング クリックいただけるとうれしいです。 

 27日の毎日新聞は結局誤報であったとみられ、本日の読売新聞や産経新聞では須田委員の再任へとの記事が出ている。

 たしかに過去5年間の任期をまっとうしたのち再任された例はなく、これは極めて異例の続投ともみられている。しかし、日銀にとっては今後の量的緩和解除に向けての舵とりをする際にも須田委員の存在も大きく、まったくの推測ながらも日銀内部からの留任を求める声に政府も結果として了承したものとも捉えられる。

 政府が日銀の量的緩和解除に反対の姿勢であるという認識がなにやらコンセンサスに近いものとなっているようであるが、あまりそのように決め付けるべきではない。確かに竹中総務相などは成長率よりも長期金利が上回らないといった持論もあってか日銀の量的緩和解除に対して強固な反対姿勢を示している。

 竹中氏に近いと言われる中川政調会長も竹中氏を擁護するようなコメントをしているとともに、やはり竹中氏の考え方に近いのが安倍官房長官とみられる。こういった政府・与党の要人に加え、金融政策に関する小委員会の委員長に対日銀の急先鋒たる山本幸三氏が就任していたことで、どうしても日銀に対して批判的な見方がクローズアップされている。さらに谷垣財務大臣は巨額の政府債務を抱える財務大臣としての立場から、やはり日銀の動きを抑制するようなコメントが見られた。

 しかし、今回の須田委員の再任といったことを見ても、こういった政府の意向といわれるものが反映されてはいない。須田委員は審議委員の中にあって量的緩和解除に前向きの立場にいるにも関わらずである。政府が日銀の動きを抑制したければ日銀内部からの意見を無視しても緩和解除に懐疑的な人材、少なくとも中立的な立場の人材を送り込んでもおかしくはないはずである。

 つまりは政府の一部から日銀の量的緩和解除に反対の声が強い余り、それが政府の意向と捉えることはこれを見ても考えづらいところがある。これは以前にも指摘したように、政府側トップの小泉首相の意向を、政府の意向として捉えておくべきものと見られるためである。

 小泉首相は何かを決定する際には、適切な見方を持っているとみられる人たちに意見を聞いて判断することが多いそうである。もし今回の審議委員の人事などについて竹中氏の意見などを尊重していれば結果は異なっていたともみられる。どうやら日銀の金融政策に関しての首相のブレーンはまた違うところにいるのではないかとも思われる。勝手な推測で言わしていただければ、今回、政府の郵政民営化委員長に就任した田中直毅氏なども可能性があるようにも思われる。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-01-31 13:07 | 日銀 | Comments(0)

「須田日銀審議委員の後任は竹内佐和子氏か」

 27日の毎日新聞によると、3月31日に任期満了となる須田美矢子日銀審議委員の後任として、世界銀行エコノミストの竹内佐和子氏を起用する方針を政府は固めたようである。ただし、須田委員の留任の可能性もあるようなので、まだこれについては流動的ともみられている。

 日銀政策委員のメンバーは現在のところ、福井俊彦総裁(任期は平成20. 3.19まで)、武藤敏郎副総裁(同平成20. 3.19)、岩田一政副総裁(同平成20. 3.19)、須田美矢子審議委員(平成18. 3.31)、中原眞審議委員(平成18. 6.16)、春英彦審議委員(平成19. 4. 4)、福間年勝審議委員(平成19. 4. 4)、水野温氏審議委員(平成21.12. 2)、西村清彦審議委員(平成22. 4. 7)と、女性は一人しかいない。バランスから見れば少なくとももう一人ぐらい女性委員がいたほうが良いようにも思うが。

 竹内氏の専門はご自身のホームページによると、投資工学(知的資産価値指標を用いた企業価値評価と成長力分析)やヒューマンニーズに対応した次世代型都市システムのデザインだそうである。世銀においてはでは東南アジア都市融資部門と中国四川省関連のプロジェクトを担当し、マスコミなどでも報じられていたように、昨年11月の経済協力開発機構(OECD)事務総長選に日本の推薦で出馬していた。

人気blogランキング クリックいただけるとうれしいです。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-01-30 12:24 | 日銀 | Comments(0)

「量的緩和解除に向けての備え」

 本日の毎日新聞に「日銀:短期市場部門 大手行に資金取引体制の整備促す」との記事があった。「日銀は26日、量的緩和政策の解除に備え、大手行などに対し、短期金融市場での資金取引体制の整備を促す方針を明らかにした」そうである。しかし、すでにヒアリングなどを通じて、そういった準備を勧めるよう促されていたとも見られているが、それをさらに推し進めるために、日銀はマスコミを通じてのコメントも出してきたものとみられる。

 本日発表された12月の全国消費者物価指数は前年同月比+0.1%となり、2か月連続でプラスとなった。10月も前年比ゼロとなっておりゼロ以上とすれば3か月連続となる。このため、日銀の量的緩和解除に向けた条件も徐々に整いつつあり、早ければ3月、コンセンサスとしては4月末にも量的緩和が解除される可能性は極めて高い。

 しかし、記事にもあるように、無担保コール翌日物取引など短期金融市場の機能は量的緩和政策により、事実上機能不全、休止状態になり、民間金融機関は日銀から金利ゼロの資金をいつでも必要なだけ調達できるようになっている。このため銀行などは担当部署の人員削減などのリストラを進めてきた。これは銀行だけに止まらずその仲介役ともいえる短資会社も同様であると聞く。

 しかし、量的緩和政策が解除されれると、再び民間金融機関同士で資金を融通しあう短期金融市場に資金調達を頼ることになる。かなりの経験やネットワークも必要とされるため、ある種の職人芸に近いものといったものでもある。そういった経験者が皆無となってしまっては、いざ金利が正常化に向かった際には銀行自身が対応できなくなってしまうリスクがある。

 このため日銀も研究論文や政策委員の講演、会見などを通じ、金融機関に短期金融市場部門の充実を要請することにしたようである。ただし、大手行についてはかなり準備も進んでいる見方もある。反面、地方銀行や短資会社などはまだ整備が遅れているところもあると言われる。これまでほとんど何も考えなくても資金が調達できたものから、資金繰りのノウハウが再び求められることとなり、金融機関の早急な対策も必要になろう。

人気blogランキング クリックいただけるとうれしいです。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-01-27 12:34 | 日銀 | Comments(0)

「谷垣発言と与謝野発言」(先週のレポート原稿より)

人気blogランキング クリックいただけるとうれしいです。

13日に訪米中の谷垣財務相は記者団のインタビューに応じ、日銀の量的緩和解除に対して、容認するようにコメントをしていた。仮に今年中にデフレから脱却した場合、量的緩和解除も当然あるということかとの質問に対して、「当然ということかどうかは分からないが、議論としては、ある程度、連続した面があることは事実だろう」

 日銀が年内に量的緩和解除に踏み切った場合、政府との見方が一致している以上は反対しないのかとの質問には、

 「政府と日銀があさっての方向を向いているようなことはよくないので、やはり基本的な認識は日銀法4条にもあるようにすりあわせていかなければいけない。反対するような状況は現在、想定しているわけではもちろんない。日銀は3条件を出しており、日銀自身も、幅広く背景にあるものもみながら考えていく姿勢を総裁が示している。そういうあたりを、よく認識をすりあわせながら幅広く考えていく、そこで、政府と日銀の判断が食い違うことを前提にして考えるのは間違いだと思う」

 谷垣財務相は17日にもあらためて、「量的緩和解除は拙速に判断すべきではない」としながらも「量的緩和解除、日銀が示す3条件を満たすことでよい」ともコメントしている。憶測に過ぎないものの、日銀の量的緩和解除擁護の姿勢とみられるグリーンスパンFRB議長との渡米時の会見の影響といったものも少なからずあった可能性もある。

 そして16日に今度は与謝野経済財政担当相が通信社のインタビューに答え、「量的緩和を少しずつ解除していく、ゼロ金利を若干上げるという時に、マイナスの影響を与えてはならない。注意深い移行が必要だ」と述べたと伝えられている。

 もともと与謝野氏は日銀の量的緩和解除に理解を示していたとも見られていた。しかし、竹中総務相やその意を受けたとみられる中川政調会長が量的緩和解除反対の姿勢を強めていたことで、与謝野氏もややトーンダウンしていたが、小泉首相と福井総裁の会談を経て、さらにここにきて以前の姿勢に修正しつつある。

 最大のキーパーソンが小泉首相であることは以前にも指摘したが、議決延期請求権を行使できる立場にある2人の担当大臣である谷垣財務大臣と内閣府を担当する与謝野大臣が、日銀の量的緩和解除に対して容認とも言える姿勢を示した。これにより4月末にも量的緩和が解除される可能性はさらに高まったとみられる。そして、焦点はその先にある本格的な利上げに移っているとも思われる。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-01-27 08:46 | 日銀 | Comments(0)

「ホロウ」

 結局は耐震強度ゼロ、鉄骨ではなく札束によって形作られた企業がライブドアであった。私もパソコンやネット歴は長いが、その中にあって怪しいものには近づくなという鉄則を守っている。その中にライブドアがあった。自分のブログを選択するにあたって真っ先に排除したのもライブドアである。ネット企業もいろいろ見てきたが、なんとも得体の知れず、実体のない会社であったためである。

 マッキントッシュやiPodを生み出したアップル。アップルの二番煎じと言われながらもウインドウズで世界シェアを取ったマイクロソフト。こういったIT企業は自ら売るものをしっかりと持ってる。しかし、ライブドアが売っているものはせいぜい買収先の企業がこれまでやってきた商売にすぎなかった。

 金融ビックバンや個人のネットによる株売買の隆盛の波をうまく泳ぎ、時価総額の伸びをうまく利用して、実体を持たないホロウの企業が社長のカリスマ性などを武器に巨大化していった。

 しかし、虚像は虚像であった。現代社会にあっても錬金術はなく、何も生み出さずにカネだけを生み出すには法の網を潜り抜ける他に方法がなかったのであろう。

 ライブドアはそのからくりが暴かれた以上は、すでにデスドアと化している。虚像を膨らませようとマネーゲームに現を抜かしたライブドアの経営陣、そしてそのマネーゲームに踊った個人投機家たち、いずれ虚像は消え去るのみ。

人気blogランキング クリックいただけるとうれしいです。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-01-26 10:55 | Comments(0)

「DSがない」

 「脳トレ」がやりたい!、との声に答え、今更ながら秋葉原のゲームコーナーを回ってみると、どこもかしこも「ニンテンドーDSは完売、入荷待ち」状態。ネットのアマゾンも同様であった。

 DSの累計普及台数は昨年末までの実売ですでに500万台を突破し、松嶋菜々子さんのCMでさらに火がついていたそうで、600万台を超えるのも時間の問題だとか。気がつくのがあまりに遅かった。特に「脳トレ」は幅広い世代からのニーズを集めていることで、子供たちにねだられても親が「もう少し待ってお小遣いをためてからにしなさい」状態ではなく、まさに「大人買い」が入ったことであっと言う間に売り切れてしまったとも予想される。

 欧米市場でも「ニンテンドッグス」が北米と欧州でもミリオンセラーを達成しており、やはりDSの人気が高い。そして昨年末、三女がほしがっていた「おいでよ どうぶつの森」は国内累計出荷本数100万本を軽く突破していたようで、ミリオンタイトルもすでに4作品もあるとか。

 今後も売れ筋のタイトルが続々出てくるようで、特に注目されるのはゲームボーイの普及に大きく貢献した「ポケットモンスター」の新作か。ポケモン世代もすでにそれなりの年齢に達していると思うが、やはりニーズは相当あるものとも予想される。

 そんなことより、はやくDS本体を探さなくてはならないのだが。それともその前に任天堂の株を買ったほうが良いのか。ずいぶん高くなってはいるが・・・。

人気blogランキング クリックいただけるとうれしいです。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-01-26 09:39 | 趣味関心 | Comments(0)

「物価連動国債の会計処理見通し」


 財務会計基準機構は、物価連動国債の会計処理見通しについて公開草案を27日に公表するとしたようである。この公開草案では、物価連動国債の会計処理見通しが他の利付債並みにとなり、今3月期からの早期適用も可能としているものとみられる。約1ヶ月の間でパブリックコメント手続きを行い、年度内には最終的な適用指針を公表する運びとなるようである。
 
 物価連動債に関する会計処理の問題については、財務省が財務会計基準機構等との協議を開始して以降、同機構等において検討いたものとみられる。昨年の10月28日には、同機構の企業会計基準委員会において、物価連動債の会計処理の見直しが正式に議題として取り上げられ、金融商品専門委員会に付託されることが決定され、同専門委員会で本格的に議論が行われることとなった。

 物価連動国債は複合金融商品として認識されているが、デリバティブ部分のリスクが当初元本に及ぶ可能性は低いとして、一体としてその他有価証券に区分することを容認する物となると観測されている。包括的な償却原価法の適用が可能になるようである。しかし、リスクが当初元本に及ぶ可能性は低いとしながらも、償還元本及び総受取利息金額が確定しないことから、満期保有目的債権への計上は認めないとされるようである。
(一部、TFJ クレジット・リサーチ部の八須氏のコメントを参考にさせていただきました)

人気blogランキング クリックいただけるとうれしいです。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-01-25 13:50 | 国債 | Comments(0)

「1月20日日銀総裁会見」

人気blogランキング クリックいただけるとうれしいです。

 1月20日の日銀金融政策決定会合終了後における福井総裁の会見要旨が日銀のホームページにアップされたので、その内容を見てみたい。

 「枠組み変更後のプロセスは、極めて低い短期金利の水準を経て、次第に経済・物価情勢に見合った金利水準に調整していくという順序を辿るということである」

 量的緩和解除後のプロセスについてのコメントであるが、これまでの内容とほぼ同じものとなっている。私の個人的な見方ではあるが、4月末の決定会合での量的緩和解除の可能性が高いと思われ、景気の大幅な落ち込みはなく物価が上昇基調となることが確認できることを前提に今年秋あたりの利上げの可能性が十分あるとみられる。

 「物価指数がまだ少しマイナスである、あるいは少しプラスになったばかりであると、非常に視野を狭くして見るのではなく、もう少し経済全体の動き、人々の先行きの物価観、それらの中から出てくる色々な方向への変化をすべて把握した上で、正しい情勢判断をしなければならない。局面はそのように変わってきていると理解している。」

 量的緩和は時期尚早との見方に対してのコメントである。単純に物価だけの動きではなくもう少し視野を広げて、日本経済を取り巻く流れといったものを認識すべきとの意見であるかと思う。日本経済の先行きに楽観的な私としては同意する部分が多い。

 「この先、金融政策にとってもっとも重要なことは、情勢判断に即応できる、つまり機動性の高い金融政策であり、何か特定のことに縛りを受けている──ストレート・ジャケット(拘束服)を着たような──金融政策は必ず害が出るということである。従って、金融政策運営の透明性とフレキシビリティーの両立というポイントは欠かせないと思う。」

 これは量的緩和解除後に何らかの道しるべが必要と述べていたことに対しての追加コメントとみられる。「何か特定のことに縛りを受けている」とか「ストレート・ジャケット(拘束服)を着たような」という言葉から、インフレターゲットやインフレ参照値といったものは採用することは想定していないことがうかがい知れる。。

 「物価に関して特定の参照値という形で何かを示すことが、今後の日本経済情勢とか日本経済を巡って人々が抱いている期待との関係で本当に良い手法なのかどうか、よく検討しなくてはならない。議論としては極めて単純にターゲットだとか参照値だとか出ているが、過去のパターンをそのまま引用したような議論が多く、私どもとしては多少閉口している。実は、透明性の議論の幅は非常に広い。皆さんも心にゆとりを持って、どんなものが出てくるのかというぐらいで楽しみに待っていて頂きたい。」

 上記の続きであるが、「私どもとしては多少閉口している」という部分は学者というよりも政治家に向けられたものなのであろうか。それにしても、どんなものが出てくるのか楽しみではあるが、それほどマーケットに対しては、インパクトのあるものでもないものと思われる。

 「むしろイールド・カーブはよりフラット化する方向になっている。イールド・カーブのフラット化について、市場が先行きのリセッションを明確に予測していると読み取る人は非常に少ない。」

 「今のイールド・カーブの形成のされ方は世界的にまだ十分解明されていないところがある。しかし、実際、実体経済そのものが様々なリスクを吸収しながら安定的に前進しており、先行きの見通しについて非常に多くの人が確信を持っている状況で、今のイールド・カーブの形成のされ方について、どこかに大きな落とし穴があるというよりは、何がしかコンシステント(整合的)なところがあるのではないかという推測を交えながら注意深くみているという状況である。」

 長期金利の動向についてである。世界的にフラットニングの傾向にあり、日本も同様となっているが、それは先行きのリセッションを予測してのものではないとしている。別途要因が当然あるはずであるが、世界的に十分解明されていないともコメント。これはグリーンスパンFRB議長の「謎」発言と相通ずるところか。何がしかコンシステントなところは市場内でも論議されているところではあるが、まだ明確な答えも見つかっていない。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-01-24 12:39 | 日銀 | Comments(0)

「牛さん熊さんの本日の債券(号外)」

人気blogランキング クリックいただけるとうれしいです。

熊「3条件での量的緩和解除は認めずと自民党金融政策小委員会の山本幸三先生がおっしゃったとか」
牛「ふうん、それが何か?」
熊「しっかし、日経平均は重たいなあ」
牛「米株の急落もある意味不気味やし」
熊「原油高とかグーグルとかいろいろ理由付けはされていたものの」
牛「もっと何か別な要因で売られているんやないかといった見方すらあった」
熊「そして日本ではいよいよホリエモンがまさに堀エモンとなりそうな」
牛「堀江社長立件に向けて聴取の日程も検討されているとか」
熊「堀江社長が違法性認識していたとみられるメールを地検が入手」
牛「そしてライブドア株はいよいよ最安値を更新」
熊「ライブドアショックの余波は続き、日経平均は336.04円もの急落に」
牛「いっとき戻るのかなあと思っても上値も重い」
熊「ライブドア問題が片付かないと戻るに戻れないのかもしれないな」
牛「そして債券先物の後場寄付は前場引けと同じく137円95銭」
熊「後場は閑散様子見かとも思われたが」
牛「10年275回は2.5毛強の1.445%が買われ、先物も前場の高値137円97銭を抜いて」.
熊「さらに138円台をあっさりとつけてきた」
牛「20年2%割れに続き、5年52回も2毛強の0.795%が買われて0.8%を割り込み」
熊「債券先物も一時138円07銭まで買われた」
牛「財務省は買入消却1000億円程度の入札を通知」
熊「今回から一回あたり500億円から1000億円になったのだな」
牛「4月からは確かさらに増えて一回あたり1500億円になるんやな」
熊「強かった超長期がさらに買われ、20年83回は3.5毛強の1.965%が買われた」
牛「しかし日経平均先物は押し目買いからじりじりと反発し一時15470円まで値を戻し」
熊「債券先物は一時138円を割り込み137円92銭まで売られたものの」
牛「結局、日経平均は戻りきれなかったことから」
熊「債券先物は138円台に戻して大引けは138円05銭」
牛「株はほぼ全面安、調整もまだ長引きそうやな」
熊「東証は約定処理能力を500万件に増強したようだけど」
猫「結局、今日はだいぶ余裕だったようね」
熊「堀江氏支援とか米産牛肉問題で、武部幹事長への風圧が高まっているよとか」
猫「そういえば誰かが次の首相と占ったとか話題にもなっていたわよね」
牛「イエスマンやなくて、イイエスマンといった感じやな」
[PR]
by nihonkokusai | 2006-01-23 15:38 | 債券市場 | Comments(0)

「歴史は繰り返す」

人気blogランキング クリックいただけるとうれしいです。

 ここのところ株の個人投機家に絡めてのコメントを続けているが、今回もこの問題を取り上げてみたい。債券関係者が20年もの前ぐらいに行ってきたようなことを、現在の個人の投機家たちも行ってきている、まさに歴史は繰り返すというかもしれない。結果としては相場は相場なのであり、債券と株という商品は違えども、売買手法は似たり寄ったりなものとなりうる(ちなみにプロのデイトレーダーは株や為替市場にも存在している)。

 デイトレードや日計りといわれるように一日何度も売り買いを繰り返す売買においては、まず全体のバイアスが売り買いどちらにかかりやすいのか。またそのバイアスを変える可能性のある事象は何になりそうなのかを見極める。それは相場が始まる前にある程度、自分なりで分析をしておく。ただし、状況は常に変化するため、朝方の予想はあくまで朝方の予想であって、状況変化には即時に対応する必要がある。

 そのために見ておく必要があるのがテクニカル分析となる。20年近く前では債券先物のティックデータを残しているようなベンダーはなかった。このため、私はいちいちついた値段をすべてポイント&フィギュアでグラフ用紙に記入して、相場の流れをつかんでいた。もちろんデイリーのローソク足などをグラフ用紙につけることも必須としていた。

 現在ではパソコンやインターネット、そして証券のネット取引の環境整備によって個人も家にいながらにして、こういったグラフも瞬時に引き出せる。しかし、相場の動きを実感としてつかむには、自らグラフ用紙に書き込むのが一番であると今でも思っている。それはともかく、ティックデータを元にしたグラフは、アマといえど随時チェックしているものと思う。

 テクニカル分析はデイトレードにとっては最も重要視されるものではある反面、それが絶対ではないことも経験を積めばよくわかる。当時、流行していたものに「酒田五法」とか「一目均衡表」なるものがある。また月の満ち欠けやアストロジー(占星術)といったものを使う者もいた。最近ではこの酒田五法の本がまた売れているようであるが、さすがにアストロジーとかまでは手は出されていないか。

 債券先物でシステム売買が流行したのも1980年代の終わりごろにかけてかと思う。大手証券や大手銀行が数百億円や数千億円とまとまったロットでの売り買いをまさに機械的に入れてきた。それを利用して儲けようとした参加者もいたこともあるが、残念ながら利益を常に捻出できるシステム売買などは存在しなかった。こういった売買も出ては消え、再び出ては消えていった。

 もし仮に永続的に儲かるシステム売買が存在したとしよう。それは決して表には出てこない。出てしまったら皆同じことをするか、もしくはそのシステム売買のタイミングを事前に察知することで、うまく利用され、結果として利益が捻出できなくなってしまうためである。債券の先物やオプションではロケット工学の博士号を持つ人間なども入って、いろいろなテクニカル売買を模索したようだが、システム売買という錬金術が成功したといったことは聞いたことはない。ましてそれが個人などに可能なはずもない。

 そうはいってもテクニカル指標が使えないというわけではなく、相場に重要なのは自らの感性であるため、それを補う意味でそういったテクニカル指標が重要になるのである。スポーツなどでもそうだが感性なきものは相場でもうまくいくとは思えず、まして他人に頼ったり機械的な売買に頼っては絶対に儲けることなどできない。

 それともうひとつデイトレーダーの目安にしているのが板の状況かと思う。板とは値段ごとの売り買いの数量を一目でわかるようにしてたものであるが、その板上での「見せ玉」が今問題視されている。しかし、すでに20年程度前の債券先物市場でも、まったく同様のことが生じていたのである。大手金融機関などが頻繁に大口の売り買いを入れたり出したりして相場を誘導しようとしていたこともあるし、一部のディーラーがそういった見せ玉を使うことで、利益を上げていたことも確かである。

 歴史は繰り返す。入ることは容易な株のデイトレードも現実に儲けをコンスタントに積み上げるのは並大抵ではない。マスコミで騒がれている個人投機家は債券ディーラーにもいたような一部の天才的な感性を持った者もなのかもしれない。しかし、その人達の中には実際に債券ディーラーにもいたのだが、一時相場の波に乗ってたまたま大勝してしまったことで、その後その利益を全部飛ばしてしまい、さらに損失を膨らませてしまうこととなる者なのかもしれない。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-01-23 12:16 | 投資 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー