牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:インフレ・デフレ( 2 )

マネーの膨張は何を招くのか

 日経新聞が11月14日から連載をはじめた「モネータ 女神の警告」という特集が面白い。14日の「第一部 異次元緩和の領域」ではいくつか興味深い指摘があった。

 そのひとつが、カンボジアでの通貨の流通のうち85%がドルであるとの指摘である。カンボジアの自国通貨のリエルは15%であるが、これは主に少額貨幣のセントが使えない分の代用になっているようである。カンボジアの地価は急騰し、バブルの様相を呈しており、FRBの出口戦略次第ではカンボジア経済に大きな影響を与えかねない状況になっている。

 もうひとつの興味深い指摘が、アップルの保有する1500億ドルもの社債である。保有社債そのものではなく、1500億ドルの余資を抱えている点に注意したい。余資は積み上がる一方となっている。これはもちろんアップルの業績好調による面が大きいものの、重厚長大産業のように巨額の設備投資が必要ないデジタル産業であることも大きい。米国経済を支えているのが、いわゆるハイテク産業であり、このような余資が積み上がりやすい環境となっている。

 さらに世界銀行の統計を基に2016年の通貨供給量が87.9調ドルと日本円で約1京円に膨らんでいる点も指摘している。2000年代半ばまでは、この世界全体のマネーの増加と世界全体のGDPがほぼ同じ規模で膨らんできた。ところが、リーマン危機後の日米欧の中銀による金融緩和策によって、マネーだけが膨らみ続けGDPを大きく上回る状況となってきた。

 特集のタイトルにあった「モネータ」とは英語のマネーの語源となったラテン語だそうだが、そのマネーには3つの機能がある。価値の保存機能、交換機能(決済機能)、価値の尺度機能である。

 日本など先進国では長寿社会となり老後に不安を抱えた個人とともに、企業なども余資を蓄えている。これはマネーの保存機能を重視していると言えよう。金利は極めて低い状態となっているが、積極的な投資というよりも価値の保存が優先されているように思われる。

 カンボジアなどではマネーの交換機能を重視するあまり、他国通貨への依存度を深め、それは自国内で調整が利かないリスクを孕むことになる。

 マネーの価値尺度という機能面では、これだけのマネーの流通量がありながら、その価値を維持し続けている。つまりインフレが抑制されている。

 日本の物価の低迷の要因を含めて、1990年あたりからマネーを巡る外部環境が大きく変化した。このあたりを認識しておかないと、いまの置かれた状況が読めなくなる。さらに今後、マネーの膨張にブレーキが掛かかることが予想され、その際に何が起きるのかも想定しておく必要がありそうである。


[PR]
by nihonkokusai | 2017-11-20 09:36 | インフレ・デフレ | Comments(0)

もはやデフレではない、の意味

 政府が月内に策定する経済財政運営の基本方針「骨太の方針」の原案が判明し、このなかで日本経済の現状を「もはやデフレ状況ではない」と強調し、戦後復興を象徴する流行語となった「もはや戦後ではない」(1956年の経済白書)を彷彿とさせる表現で経済政策「アベノミクス」の成果を評価した(毎日新聞)。

 国際通貨基金や国際復興開発銀行などの組織を中心したブレトン・ウッズ体制のもと、1955年あたりから日本経済は高度経済成長の波に乗り、好景気が1964年まで続いた。その期間の中でも、1955年から1957年にかけて日本は「神武景気」と呼ばれた大型景気を迎えたのである。主要な経済指標は戦前水準を回復し、1956年度の「経済白書」では「もはや戦後ではない」と宣言した。それだけ戦後の日本経済が立ち直ってきたという証でもあった。

 「骨太の方針」の原案によるとアベノミクスの成果として、1~3月期まで6四半期連続のプラス成長となった実質GDPや、3%台半ばまで低下した失業率などの経済指標を取り上げ、「もはやデフレ状況ではなく、デフレ脱却に向けて着実に前進している」と明記しているそうである。

 念のため、日本のGDPの推移を確認してみるとアベノミクスが登場した2012年第4四半期にプラスに転じ、そこから2014年第1四半期まで6四半期連続でプラスとなっている。米国はこの間、2014年第1四半期がマイナス1.0%となるまでプラスが維持されている。ユーロ圏は日本よりは遅れたが、2013年第2四半期にプラスとなり4期連続のプラスとなっている。英国は日本と同じく2012年第4四半期にプラスに転じ、そこから2014年第1四半期まで6期連続でプラスとなっている。日本の6四半期連続のプラス成長の要因とは何であったのか。アベノミクスによる急激な円高修正が影響したことは確かであるが、それ以外の要因も考慮する必要がある。

 失業率についても、アベノミクスが開始される前にすでに改善傾向にあった。景気回復がさらなる改善に寄与した可能性はあるが、世界的な危機の後退による経済の回復や円高修正による影響を除いて、どの程度アベノミクスと呼ばれた政策が寄与したのか。特に第三の矢と呼ばれた成長戦略に具体性がなかったこともあり疑問が残る。

 物価そのものについては、市場よりも日銀の見方が正しかったという結果となっており、その意味で予想以上の物価上昇となっている。4月は消費増税の影響を除くと日銀が目標としているコアCPIは前年比プラス1.5%となっている。これには円安の影響もあり、消費増税を機にこれまで売上げの伸び悩みを恐れて行ってこなかった価格転嫁も起きていた可能性も否定はできない。

 しかし、そもそもデフレとは何か。今回のデフレ脱却宣言に見えるものも、物価そのものを全面に押し出すのではなくGDPや失業率を持ってきている。物価さえ上がればうまくゆくとしたのがリフレ政策であったとすれば、物価上昇を基調において、その結果としてGDPや雇用も回復したものであったのか。景気が回復してその結果物価も上がるというのは本来あるべきものと思うが、少なくとも一本目の矢は物価そのものをターゲットにおいていたはずである。この最初の矢の効果はどれだけあったのか。アベノミクスの成果を評価するのであれば、ここをまず重視しなければいけないのではあるまいか。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2014-06-06 09:11 | インフレ・デフレ | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31