牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

2014年 11月 04日 ( 2 )

日銀の決定会合終了が遅いとの書き込み

 2014年10月31日、13時半を過ぎたあたりからツイッターでは「少し遅いようだが」、「何か揉めているのかな」との書き込みが出てきた。フェースブックと並びSNSの代表格と言えるツイッターは、他のSNSと異なりニュースの速報性に優れている。これは何を、誰をフォローするかによるが、日経新聞、NHK、ロイター、ブルームバーグなどをフォローするだけでも速報としてニュースが入る。しかし、速報ニュースはむしろ個人の方が速い。2014年9月27日11時52分に噴火した御嶽山についても、NHKが速報を流すよりも早く個人が写真付きでツイートしていた。

 金融に関する情報についても、新聞などのメディアよりも個人の方が流すタイミングは速いことが多い。証券会社や銀行などのディーリングルームの端末画面には、ブルームバーグやQUICK、ロイターなどからフラッシュニュースが流れる。これが金融関係のニュースとしては最も早いものとなろうが、ツイッターにもそのニュースはそれほど時を置かずに流れてくる。

 金融関係者や金融に関心のある人たちのツイートをみると、ディーリングルームでディーラーなどが会話しているものと似たような会話も出てくる。10月31日の1時半あたりからの「遅い」という書き込みがあったタイミングで、ディーリングルームでも同様の会話があったであろうことは想像に難くない。

 それではいったい何が遅かったのか。それはこの日に開かれていた日銀の金融政策決定会合の終了時間であった。日本の金融政策は日銀の金融政策決定会合において、9人の政策委員の多数決によって決められる。

 この日銀の金融政策決定会合は通常は毎月一回開催される。しかし、4月と10月だけは展望レポートと呼ばれる「経済・物価情勢の展望」が発表される。これは今年度、来年度、再来年度の実質GDPや消費者物価指数の見通しを数字で示すとともに、その説明をしたものである。二日にわたる会合が一日だけとなるため、通常より少し遅くなるのは致し方ないはず、と私は「遅い」と書かれたツイートに説明しようと13時半過ぎに、ここ数年の4月と10月の二度目の会合の終了時間を調べていた。

 日銀のサイトには「金融市場調節方針に関する公表文」がアップされている。これは金融政策決定会合直後に公表され、会合の決定結果が記されている。日銀のサイトにはこの公表文とともにその公表時刻も記されている。

 二日にわたる会合の際の二日目の会合終了時間はおおよそ12時前後である。つまり12時前後には金融政策の変更の有無が確認できる。4月と10月の一日だけの会合時は、少し遅くなるが13時半ぐらいあたりまでには終了していることが多い。2014年、2013年、2012年と見ていたところ、2012年10月は14時46分という遅い時間に公表文が発表されていた。このときには追加緩和が決定されていたのである。これに気が付き、これはもしや展望レポートの内容とかで揉めているのではなく、追加緩和があるのではとツイッターに書き込もうとしたまさにそのとき、すでに多くのツイートが流れていた。そこには「日銀が追加緩和を決定」と書き込まれていたのであった。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2014-11-04 17:33 | 日銀 | Comments(0)

日銀とFRBのゼロ金利解除の違い

 10月29日のFOMCでFRBはテーパリングを終了した。こちらは次のゼロ金利の解除が視野に入る。米国の物価そのものは1%となっており、ゴールとされる2%には届いていないが、雇用情勢の改善などから、FRBは着々と正常化に向けた準備を進めてくると予想される。

 そもそも量的緩和政策とゼロ金利政策とは何であったのか。量的緩和政策とは本来の中央銀行の金融政策である政策金利が実質ゼロとなり、これ以上引き下げられないことで、それに代わって国債の買入れなどを通じて、ある一定量の資金を市場に供給することが目的となった。これは伝統的な金融政策に対して非伝統的手段と呼ばれた。

 2001年から2006年の日銀はそのターゲットを日銀の当座預金残高に置いた。イングランド銀行は国債の買入れ規模と時期を示して買入れを実施した。これに対してFRBは毎月の買入れ額を目標に置いたのである。

 このため、以前の日銀にとっての量的緩和の解除とは日銀の当座預金残高そのものを正常に戻すことになった。当座預金残高が目標とされたことで、主に短期市場に資金を供給していた。日銀は量的緩和を解除することにより、日銀当座預金残高を縮小させた。ただし、日銀は短期市場から資金を吸収したことで、比較的短時間に当座預金の残高を縮小させることができたのである。その作業が終わったあとで、ゼロ金利解除を行うことになる。

 注意すべきは日銀は量的緩和解除の際も、ゼロ金利の解除の解除の際も毎月の国債の買入れについては減額していない(できなかったともいえる)。つまりFRBのテーパリングのような国債の買入れ額の縮小はしていなかった。ただし、日銀の保有額は中短期債主体であったこともあり、償還等をうまく使って減少させていた。

 これに対してFRBの量的緩和は毎月米国債とMBSの購入額がターゲットになっていたので、量的緩和解除のためにはこの金額を徐々に引き下げる必要があり、これがテーパリングと呼ばれた作業である。10月のFOMCで毎月の購入額がゼロとしたことで、量的緩和が解除というか終了したことになる。ただし、当面は国債などの償還分は買い入れることになり、バランスシートそのものの縮小作業はあとで行うことになる。

 FRBはバランスシートの縮小よりも、非伝統的手段から伝統的手段への復帰を目指すことが予想される。つまり金融政策のターゲットを再び金利に戻すことになる。そして、ターゲットを金利に戻すには、そのターゲットをゼロから動かす必要がある。つまりゼロ金利解除により、伝統的な金融政策に復帰することができる。

 日銀も2006年3月に量的緩和政策を解除したあと、当座預金残高を通常の状態に戻し、7月に無担保コール翌時物金利の誘導目標0.25%に引き上げてゼロ金利政策を解除した。これにより、伝統的な金融政策に復帰したことになる。

 テーパリングが終了し、量的緩和を解除したFRBの次のターゲットはゼロ金利解除となる。すでに量的緩和も解除できる環境にある以上、ゼロ金利解除に向けての環境も整いつつあるとみて良いかと思われる。その意味では、2006年の日銀の4か月ということないかもしれないが、6か月程度のタームを置いてゼロ金利が解除される可能性はかなり高いとみている。もちろんそれ以前にゼロ金利が解除される可能性もありうる。

 FRBにとりゼロ金利政策を解除したのち、徐々にバランスシートの縮小を行ってくると思われる。日本の場合には日銀の国債の売りオペはタブー視されているが、米国でもこれは難しいかもしれない。償還される国債を短期のものに乗り換え、ゼロ金利解除後は償還分を乗り換えないだけでも残高は意外に早く減少してくる可能性もあり、これは米国債券市場にもあまり影響は与えないと予想される。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2014-11-04 09:45 | 日銀 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー