牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

2012年 01月 21日 ( 2 )

日本の金融システム不安の歴史と欧州の信用不安の歴史の類似点

 2010年1月のギリシャ・ショックからの欧州の信用不安が、今後解消に向かうのかどうか。それを1990年代後半からの日本の金融システム不安が解消されていった流れから比較してみたい。

 1990年代初めにバブル崩壊の影響を受けて、バランスシート不況が不良債権問題を生み出すことになり、住専問題から1997年には三洋証券、北海道拓殖銀行、山一證券と金融機関が相次いで破綻した。1998年には日本長期信用銀行が国有化され、金融再生法と金融早期健全化法が成立した。1999年3月30日に大手15行に対する公的資金が注入され、金融機関のリスク許容度が改善した。そして、2003年5月の、りそな銀行への資本注入により、政府は大手銀行は潰さないといった意識が強まった。その結果、株式市場では銀行株などが買われ、海外投資家の買いなどにより、日経平均株価は2003年4月の7607円がバブル崩壊後の安値となり、その後上昇基調を強めたのである。

 株式市場の動きを見る限り、流れが変化したのは、2003年4月となるが、それまでに政府や日銀などがどのような対応をして、市場がどのような反応をしていたのかを、振り返ってみることにする。

 1998年9月9日の日銀の金融政策決定会合において、無担保コールレートの誘導目標値を0.25%とする3年ぶりの金融緩和策が実施された。11月17日にはムーディーズは日本国債の格下げを発表した。これで日本国債は最上位格付けを失った。そして、11月から12月にかけて日本国債は運用部ショックと呼ばれた急落が起きた。

 1999年2月12日の金融政策決定会合において、日銀はゼロ金利政策を決定した。この背景にはデフレというよりも、運用部ショックによる日本国債の急落があった。2000年8月11日の決定会合で日銀はいったんゼロ金利政策を解除した。

 しかし、日銀は2001年3月19日の金融政策決定会合において、金融政策の目標を、無担保コールレートという金利から日銀当座預金残高の量に変更するという、量的緩和政策を実施した。

 2001年4月に小泉政権が発足したが、小泉政権に対する期待感は強く、高い支持率を維持するなど政治への認識も変化してきた。

 2001年9月11日に米国で同時多発テロが発生。FRBは17日のニューヨーク株式市場の開始前に緊急利下げを実施し、FRBに促されるように欧州中央銀行やカナダも利下げを決定した。日銀も9月18日の決定会合において、追加緩和を決定。

 2002年9月18日、日銀は金融政策は現状維持のままとしながらも、金融システムの安定化のために金融機関の保有株式を日銀が直接購入すると発表した。この影響を受けたのが何故か国債市場で、9月20日の10年国債入札において、10年国債としては初めての「札割れ」が発生したのである。

 2003年1月、無担保コールオーバーナイト取引において「マイナス金利」が発生した。すでにユーロ円市場ではマイナス金利は発生していたものの、国内では初めてのこととなった。

 2003年3月、速水日銀総裁の任期満了にともない福井俊彦氏が日銀「新」総裁に就任し、就任間もない3月25日に臨時の金融政策決定会合が開催され、4月1日以後郵政公社の発足に伴い当座預金残高目標を17~22兆円程度に引き上げることが決定された。

 以上が1998年あたりから2003年にかけての日本の金融システム不安に絡んだ動きであったが、これを見ると今回の欧州の信用危機にも似たような動きがあったように思われるのである。

 まず中央銀行の動きをみると、2009年5月にECBは主要政策金利を0.25%引き下げて過去最低の1.0%とした。さらに金融機関への資金の貸付期間を半年から1年に延長することも決定した。

 2010年5月にECBは国債市場の安定化を目的として国債の流通市場からの買入れを決定。2011年8月からはイタリア、スペイン国債買入れを開始している。

 ECBは2011年4月と7月にインフレ防止のため、政策金利を0.25%ずつ引き上げ、年1.5%とした。

 2011年11月にはトリシェ総裁の任期満了に伴いドラギ氏がECB総裁に就任したが、11月から12月にかけて連続利下げを実施し、政策金利は1.0%に戻している。さらに非標準的手法として、流動性を供給するため期間36か月の長期リファイナンス・オペ(LTRO)を新設した。このあたり日銀の福井総裁就任時の動きに似てなくもない。ただし、福井新総裁は就任中、国債の買い入れを増やすことはなかったが。

 そして、ドイツ政府が11月23日に実施した10年物国債の入札で札割れが発生し、ドイツ国債が下落するなど市場が動揺した。ドイツ国債の札割れそのものは珍しいものではないにしろ、今回足りなかった割合が39%とかなり高くなっていることが市場では嫌気された。ただし、これによる影響は一時的であったが、これも2002年9月の日本国債の札割れを思い起こさせた。

 さらにドイツでは2012年1月の短期債入札で平均落札利回りがマイナスとなった。すでに2011年12月あたりから流通市場ではマイナスとなっていたようだが、日本でも2003年1月にマイナス金利が発生していたのである。

 そして、2011年11月にはギリシャ、イタリアともに首相が代わり新体制となっている。日本の金融システム不安が払拭するタイミングでは、中国の景気拡大などのフォローもあったが、小泉政権に対する期待感なども影響していたとみられる。

 以上にように、日本の金融システム不安の歴史と欧州の信用不安の歴史を振り返ると、いくつか共通点のようなものも浮かび上がる。歴史は繰り返さないものの、似たようなことは起こりうる。欧州の信用不安が解消に向かうのかどうか占うには、この日本の歴史も参考になるのではなかろうか。


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ、通称、牛熊メルマガでは毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。ご登録はこちらからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0001185491.html

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp




[PR]
by nihonkokusai | 2012-01-21 14:51 | 国債 | Comments(0)

欧州の信用不安は後退したのか

 ここにきてのユーロ圏を取り巻く状況をみていると、一時に比べ緊張感や不安感が緩和しつつあるように思われる。それを示しているのが、外為市場でのユーロの動きとみられ、ユーロ円は100円台を一時回復している。

 11日のドイツの5年債入札、12日のスペインの期間3~4年の国債入札などは順調な結果となり、これによりイタリアやスペインなどの国債利回りが低下した。このあたりですでに地合の変化が感じられたが、その後13日に格付け会社のスタンダード&プアーズ(S&P)はユーロ圏9か国の格付けを一斉に引き下げ、16日にS&Pは、欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の格付けをAAAからAA+に引き下げたことで、また地合が悪化するかに思えた。

 これまでであればこの一連の格下げは欧州の信用不安を再燃させてもおかしくはなかったが、ところがそうはならなかった。もちろん、これにはS&Pが1か月も前に格下げの予告をし、何度となくフランスの格下げ観測が流れるなどしたことで、市場はかなり織り込んでいた面もあろう。それは実際に格下げが発表されたことで、材料出尽くし感としてむしろ信用不安を緩和させる方向に影響した可能性もある。

 ただし、今回の各下げでポルトガルがBBB-からBBと投機的水準に格下げされたことで、ポルトガルの国債はその後も下落基調となっており、まったく影響が出なかった訳でもない。

 それでも19日のスペインの国債入札は目標の45億ユーロに対し66.1億ユーロを調達し、フランスの国債入札でも、79.7億ユーロとほぼ目標上限の金額を調達できたように、国債需給の面においても不安感は後退しつつある。

 これについてはECBが昨年12月8日の理事会で流動性を供給するため期間36か月の長期リファイナンス・オペ(LTRO)を新設したことが大きな役割を果たした。12月のLTROによる4892億ユーロの資金供給により、銀行の資金繰りが楽になり、さらにその資金はいずれ国債に向かうであろうとの期待もあり、それがユーロ圏の国債市場を支えた面もある。

 日本の不良債権問題を振り返っても、日銀による量的緩和政策、そして政府による公的資金の導入により、金融システム不安が徐々に解消していった。このため2003年の足利銀行の経営破綻が明るみに出た際は、これで金融システム問題がさらに悪化するというより、これでもう金融機関の悪化には歯止めが掛かるとの印象が強まり、その後は不良債権問題は市場で悪材料視されなくなっていった。このあたりと今回のユーロ圏を取り巻く地合が似てきてはいまいか。

 要するに相場のセンチメントが変化すると、同じ材料に対しての反応が異なってくる。それが現在の欧米市場でも感じられる動きであり、あきらかに地合が変化しているものと思われる。

 もちろんこれでユーロ圏の信用不安が一気に解消されるとみるのは楽観的すぎるであろう。ギリシャの債務に対する協議も気になる。格付け会社からはギリシャのデフォルトの可能性も指摘されている。さらにユーロ圏の銀行に対しては、今後の保有資産の圧縮や公的資本の注入等の可能性もある。ただし、ユーロ圏の国債価格の下落が止まり、むしろ上昇してくればこれらの状況は緩和されることも確かであろう。

 過度な楽観視も禁物ながら、市場の地合の変化も読み取ることも重要であろう。ユーロ圏の信用不安が後退すれば、今後はあらためて市場は新たな材料を模索する。それはいまのところ米国を主体とした景気動向に向かいつつあるように思われる。


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ、通称、牛熊メルマガでは毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。ご登録はこちらからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0001185491.html

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp




[PR]
by nihonkokusai | 2012-01-21 10:37 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー