牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

2011年 10月 03日 ( 2 )

牛熊ゼミナール金融の歴史第5回 日本における金利の起源

 日本の歴史の中での金利の起源についてみてみましょう。日本における金利の起源は世界史の中の金利の起源と同様には稲の貸し借りとなる「出挙(すいこ)」だといわれています。 貯蔵した初穂の稲を春に種籾として貸し出して、秋の収穫時に神へのお礼として五把の稲を利息の名目でお返しするというのが「出挙」で、これが日本における金利の起源であり、金融の起源ともいえます。

 中国では古くからこういった利子付き貸借の慣習が存在し、日本でも同様の慣習が行なわれていました。文献などでは、日本書紀に「貸稲」の語が登場し、これが出挙の前身ではないかとの見方もありますが、実際には757年に施行された養老令において「出挙」の語が現れ、これが制度化された日本の金利の起源だとみなされています。

 出挙という制度のそもそもの目的は、農民の生活を維持していくためのひとつの手段でした。出挙には国司が官稲を用いて行う「公出挙」と、個人が行う「私出挙」とがありました。律令制のもと、出挙は公出挙であれば、繁雑な事務を行わなくとも、強制的な公出挙を行うことで、多額の収入を確保することができたことなどから、国家の重要な財源となっていったのです。金利に当たる雑税のことは「利稲」と呼ばれていましたが、その利息は一般に公出挙で50%という高い利息だったのです。


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

「牛さん熊さんの本日の債券」をメルマガで配信しております。

毎営業日の朝と夕方にその日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。
10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。
昼には、コラムも1本配信しています。
毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。
登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。
ご登録はこちらからお願いいたします。

http://www.mag2.com/m/0001185491.html
[PR]
by nihonkokusai | 2011-10-03 15:48 | 金融の歴史 | Comments(0)

11月より債券先物の取引時間が変更

 東京証券取引所は11月21日(月)より、国債先物の取引時間を拡大すると発表した。11月21日から東証では、先物取引及びオプション取引を取り扱う「次期Tdex+システム」並びに株式及びCB等のToSTNeT取引を取り扱う「第3次ToSTNeTシステム」を本番稼働させる。これに併せて、現物市場及び派生商品市場における昼休みの短縮並びに派生商品市場におけるイブニングセッションの延長等の取引時間の一部見直しが行なわれるのである。

 現在の国債先物(以下、債券先物)の取引時間は、前場が9時から11時、後場が12時30分から15時までとなっているが、11月21日からは前場が8時45分から11時2分、そして後場は12時30分から15時2分までとなる。

 業者間での国債を主体とした売買を行なっている日本相互証券(BB)は、午前中が8時40分から11時5分、午後は12時25分から17時となっており、現物債の売買が集中するBBの取引時間を意識した時間延長といえる。

 また、午後15時30分から開始している夜間取引(イブニングセッション)についても、これまでの18時の終了時間を11月21日からは23時30分まで延長される。こちらは、欧州時間での売買を意識したものといえる。

 この時間延長については、幅広い投資者層の取引機会を拡大する観点から行なうそうであるが、果たしてこれが市場にとってプラス要因となるのかは定かではない。

 朝の取引開始時間を早めることには意味はありそうではある。しかし、債券先物の寄り付きは前日の欧米市場の動向とともに、当日の株式市場の動向も意識することもあり、株式市場の開始前の取引は慎重になる可能性もある。

 また、過去に短観や鉱工業生産などの経済指標の発表が8時50分となっているのは、東証の寄り付き前に発表を行なうためであったかと思うが、11月21日以降は先物寄り付き後にこれら経済指標が発表されることになる(ただし、CPIなどのように8時30分発表の経済指標も多い)。

 そして、前場と後場の引けの時間が2分間だけ延長される意味がよくわからない。日本相互証券の午前中の終わりが11時5分であることで、それが意識された時間設定なのかもしれないが、何かしら別の要因があるのであろうか。サッカーでいえばロスタイムのような時間は果たして必要なのであろうか。

 さらに、イブニングセッションが23時30分まで延長する必要が果たしてあるのであろうか。もちろん時間が延長されれば、それだけ取引機会が広がることは確かである。しかし、相場が開いている以上、もし人を張り付かせることが必要となれば、業者にとり負担がその分、増加することになりかねない。

 また、相互決済は行なわれてはいないものの、LIFFEの円債先物取引との棲み分けも微妙なものとなる。それでなくても日本国債の先物は東証に集中されており、海外ではLIFFEがかろうじて売買が多少成立しているような状態にあるが、東証のイブニングセッションの延長により、LIFFEの売買に影響を与える可能性がある。参考までに、LIFFEでの日本国債先物の取引時間は、現地時間の朝7時から夕方4時までとなっている。


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

「牛さん熊さんの本日の債券」をメルマガで配信しております。

毎営業日の朝と夕方にその日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。
10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。
昼には、コラムも1本配信しています。
毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。
登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。
ご登録はこちらからお願いいたします。

http://www.mag2.com/m/0001185491.html
[PR]
by nihonkokusai | 2011-10-03 08:24 | 債券市場 | Comments(1)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー