牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

2009年 12月 15日 ( 1 )

新規国債の発行額は、約44兆円以内

 政府・与党は14日に、2010年度の予算編成の基本方針案を決めた。焦点となる新規国債の発行額は、約44兆円以内に抑えるものとする、と明記された。日経新聞によると最初、午後1時過ぎに出された原案では、約44兆円に抑えることを目指し、となっていた。しかし、意見がまとまらず16時から再協議となったと伝えられた。このため表現が弱まるのかと思っていたが、5時間後の会議では、約44兆円以内に抑えるものとする、とむしろ強まった格好に。

 税外収入を最大限活用していく合意がされているから、それを踏まえた文言にしたとは古川内閣府副大臣、どこかにまだ大量の埋蔵金でも残っているのであろうか

 具体的には「事業仕分けの評価結果の厳格な反映によって、不要不急の歳出の削減を行う」との方針を示し、特別会計についても「聖域なき見直しを断行した上で、税外収入を確保する」と明記(産経新聞)。

 また、財政規律に関しては、2022年前半に複数年度を視野に入れた中期財政フレームと、中長期的な財政規律のあり方を示した「財政運営戦略」を策定する方針を示し、「財政健全化の道筋を示す」とした(産経新聞)。

 いずれにせよ、約44兆円と多少44兆円を超える程度となれば、債券市場にとっては安心材料になる可能性もある。44兆円という目標が突破されると、際限なく増えてしまうのではとの懸念もあった。本当に44兆円台で収まってくれるのかどうか、今後の政府の予算編成の動向に注意が必要か。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-12-15 10:17 | Comments(2)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー