牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

2008年 02月 19日 ( 1 )

「ニッポン経済の「ここ」が危ない」


 文藝春秋社から発売されている「ニッポン経済の「ここ」が危ない」は、竹中平蔵氏と幸田真音さんの対談形式となっており、今の日本経済を取り巻く状況をわかりやすく解説している。内容は中国情勢、日本の政治、サブプライム問題など多岐に渡っているが、それぞれにお二人の実体験も絡めて話が進んでおり、飽きさせない内容となっており、読みやすい。現在の日本の情勢をさっと読んで理解できる本である。原稿の元が対談となっているだけに専門用語なども入っているものの、下段で用語解説があることで理解できる。

 ここにきて榊原英資氏の「日本は没落する」(朝日新聞社)など、今後の日本の行く末を睨んだ本が何冊か出版されている。それだけ世の中を取り巻く環境において不透明感が強まってきていることの表れか。また政治に対しての不信といったものも強いのかもしれない。ある程度新聞報道などでこういった情勢を追う事はできるが、やはり本となってまとまっているものを読めば理解の度を深めることも可能となる。そういった意味でも現在の日本を取り巻く情勢を把握しておきたいと言った方には、「ニッポン経済の「ここ」が危ない」などぜひ一読していただければと思う。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-02-19 10:19 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー