牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

2006年 01月 26日 ( 2 )

「ホロウ」

 結局は耐震強度ゼロ、鉄骨ではなく札束によって形作られた企業がライブドアであった。私もパソコンやネット歴は長いが、その中にあって怪しいものには近づくなという鉄則を守っている。その中にライブドアがあった。自分のブログを選択するにあたって真っ先に排除したのもライブドアである。ネット企業もいろいろ見てきたが、なんとも得体の知れず、実体のない会社であったためである。

 マッキントッシュやiPodを生み出したアップル。アップルの二番煎じと言われながらもウインドウズで世界シェアを取ったマイクロソフト。こういったIT企業は自ら売るものをしっかりと持ってる。しかし、ライブドアが売っているものはせいぜい買収先の企業がこれまでやってきた商売にすぎなかった。

 金融ビックバンや個人のネットによる株売買の隆盛の波をうまく泳ぎ、時価総額の伸びをうまく利用して、実体を持たないホロウの企業が社長のカリスマ性などを武器に巨大化していった。

 しかし、虚像は虚像であった。現代社会にあっても錬金術はなく、何も生み出さずにカネだけを生み出すには法の網を潜り抜ける他に方法がなかったのであろう。

 ライブドアはそのからくりが暴かれた以上は、すでにデスドアと化している。虚像を膨らませようとマネーゲームに現を抜かしたライブドアの経営陣、そしてそのマネーゲームに踊った個人投機家たち、いずれ虚像は消え去るのみ。

人気blogランキング クリックいただけるとうれしいです。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-01-26 10:55 | Comments(0)

「DSがない」

 「脳トレ」がやりたい!、との声に答え、今更ながら秋葉原のゲームコーナーを回ってみると、どこもかしこも「ニンテンドーDSは完売、入荷待ち」状態。ネットのアマゾンも同様であった。

 DSの累計普及台数は昨年末までの実売ですでに500万台を突破し、松嶋菜々子さんのCMでさらに火がついていたそうで、600万台を超えるのも時間の問題だとか。気がつくのがあまりに遅かった。特に「脳トレ」は幅広い世代からのニーズを集めていることで、子供たちにねだられても親が「もう少し待ってお小遣いをためてからにしなさい」状態ではなく、まさに「大人買い」が入ったことであっと言う間に売り切れてしまったとも予想される。

 欧米市場でも「ニンテンドッグス」が北米と欧州でもミリオンセラーを達成しており、やはりDSの人気が高い。そして昨年末、三女がほしがっていた「おいでよ どうぶつの森」は国内累計出荷本数100万本を軽く突破していたようで、ミリオンタイトルもすでに4作品もあるとか。

 今後も売れ筋のタイトルが続々出てくるようで、特に注目されるのはゲームボーイの普及に大きく貢献した「ポケットモンスター」の新作か。ポケモン世代もすでにそれなりの年齢に達していると思うが、やはりニーズは相当あるものとも予想される。

 そんなことより、はやくDS本体を探さなくてはならないのだが。それともその前に任天堂の株を買ったほうが良いのか。ずいぶん高くなってはいるが・・・。

人気blogランキング クリックいただけるとうれしいです。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-01-26 09:39 | 趣味関心 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー