牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「2月の鉱工業生産速報値」

経済産業省が8時50分に発表した2月の鉱工業生産速報値では、2月の生産は前月比9.4%の低下と5か月連続の低下となった。前年同月比では38.4%の低下。生産の低下に寄与した業種は、輸送機械工業、一般機械工業、電気機械工業等であり、品目別では普通乗用車、小型乗用車、シャシー・車体部品の順に低下に寄与した。

2月の出荷は前月比6.8%の低下とやはり5か月連続の低下となった。前年同月比では36.8%の低下。出荷の低下に寄与した業種は輸送機械工業、一般機械工業、電気機械工業などすべての業種となった。

2月の在庫は、前月比4.2%の低下とこちらは2か月連続の低下に。前年同月比は1.7%の低下。在庫の低下に寄与した業種は、輸送機械工業、電子部品・デバイス工業、情報通信機械工業等となった。

製造工業生産予測調査によると、3月は前月比2.9%の上昇、4月は同3.1%の上昇に。3月の上昇は輸送機械工業、化学工業、電気機械工業等により、4月の上昇は化学工業、輸送機械工業、電子部品・デバイス工業等による。

基調判断は「総じてみれば、生産は急速に低下している」とし据え置きに。(以上、経済産業省HPより http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result-1.html)

3月の生産予測が実現すれば、1~3月期の生産は前期比マイナス23.2%となる。生産は底との判断はまだできないとの経済産業省によるコメントも(ロイター)。

生産は底との判断はまだできないとの経済産業省によるコメントはあったが、1~3月期に比べ4~6月期はやや回復との予想ともなっており、目先は底打ち観測が出てくる可能性もある。しかし、生産や出荷を押し下げている輸送機械工業、一般機械工業、電気機械工業等、日本の輸出を支えてきた業種の回復が望めない限りは本格的な底打ちが見えてこないことも確かか。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-03-30 09:31 | 景気物価動向 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー