牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「日銀もゼロ金利政策か」

17日の夕方に、河村官房長官は「日銀は米国金利が下がってきたことも考えて対応してくれると思う」と発言し、「流動性供給について対策を打ち出してもらえると思う」、とも語ったとロイターが伝えていた。この発言から憶測されるのは、首相官邸はすでに日銀の利下げの可能性は高いと見ているとみられる。17日の昼には中川財務・金融相は「金融政策は日銀が判断すること、期待している」とも発言していた。

もちろん日銀の金融政策を決めるのは、政策委員の多数決によってではあるが、白川総裁、山口副総裁ら執行部は、すでに利下げとともに流動性供給について対策を行なう腹積もりではないかとも推測される。

仮に利下げの議長提案が出されたとして、今回はそれに対しての反対票が出ることは考えづらい。10月31日の決定会合で0.2%の利下げの議長提案に対し反対票が出たのは、あくまで利下げ幅などを巡っての意見相違でもあった。

19日に利下げが実施されるとなれば、利下げ幅は0.2%近辺となるとみられるが、そうなるとすでにゼロに近くなることで、日銀もFRBと同様にレンジを設けてくる可能性がある。たとえば無担保コール翌日物金利の誘導目標値をFRBのように0%~0.25%、もしくは0.1%~0.25%に引き下げるといった形式となる可能性がある。

利下げと同時に、流動性供給策としてCPの買取や日銀貸出担保の範囲拡大などを打ち出してくる可能性がある。国債の買い入れ増額も実施される可能性もあるが、今回はとりあえず、ゼロ金利政策に戻しその上で今後の量的緩和政策も視野に入れることを表明するかもしれない。あくまで推測の域を出ないが、そうなると量的緩和と国債買入増額がセットとなる可能性がある。

18日の日経新聞は仮に量的緩和導入する際には、病状が違うから違う薬を出す、との日銀幹部のコメントを伝えており、そうなれば2001年3月に打ち出された速水流の量的緩和政策ではなく、新たに白川流の量的緩和策が打ち出される可能性もありそうである。いずれにしても、明日、日銀は利下げを行ない米国と同様にゼロ金利政策を打ち出してくる可能性が高まったといえる。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-12-18 08:57 | 日銀 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー