牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「一般歳出が初の50兆円台に」

来年度の予算編成において、一般歳出は初めて50兆円台に乗せる見込みと日経新聞が伝えた。これは、来年4月からの基礎年金の国庫負担割合が二分の一に引き上げられることで、これに必要な2.3兆円が社会保障費に計上されることに加え、道路特定財源の一般財源化も一般歳出の押し上げ要因となる。

一般会計総額も過去最高を更新する見込みで、80兆円台後半となる見込み。今年度の一般会計税収は当初見込みの53.6兆円から6.5兆円程度下回る見込みともなっており、これにより、来年度の新規財源債の発行額は33兆円規模まで膨らむ。

ちなみに今年度の当初予算は、一般会計の総額が83兆0613億円、一般歳出は48兆2845億円。税収は53兆5540億円。国債費は20兆1632億円、そして新規財源債は25兆3480億円と前年度減額となっていた。

今後社会保障費の増加は避けられず、そこに景気後退による税収減に、景気対策に伴う費用もかさみ、財政の圧迫要因となる。今年度の新規財源債の発行額も30兆円を上回ることが予想され、来年にかけての国債増発圧力となる。市場では大幅な国債の増額はすでに織り込みつつあるとみられるが、当面は債券相場の上値を抑える要因とはなりそうである。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-12-09 08:45 | 国債 | Comments(3)
Commented by cafe at 2008-12-09 22:13 x
こんばんは、始めまして
ほとんど毎日サイトを見ています。ファンです(笑)
物価連動国債の価格が急落しているとどこかのサイトで
見ましたが、これって今後何か影響が出てきたり、何かの
前兆だったりするのでしょうか?それとも気にする事でも
ないのでしょうか?
Commented by nihonkokusai at 2008-12-10 09:16
ご覧いただきありがとうございます。

 物価連動債の下落のそもそもの理由は日本の物価が上昇しにくいという状況が大きいと思います。ただそれ以上に商品性そのものに投資家が買いづらい(償還元本の変動など)側面もあって、今年度の発行が停止されています。一時国債相場に影響を与えた場面もありますが、現在は相場そのものへの影響は限定的です。物価連動国債を組み入れた投資信託の基準価格の下落などもありましたが、債券市場以外への影響はほとんどないかと思われます。
Commented by cafe at 2008-12-10 21:33 x
お返事ありがとうございました。
そうですよね、商品全体下げてるから物価連動債も
この影響受けやすいですよね。消費者物価指数とか
インフレ指標の先回りで下げてるのかな~と思ったので・・・
ありがとうございました。
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー