「ほっ」と。キャンペーン

牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「今後の経済・金利見通し」

 IMFが発表した2009年の地域別の成長率予想では、米国が-0.7%、ユーロ圏が-0.5%、英国が-1.3%、そして日本は-0.2%となっていた。世界的な金融危機の影響や急激な円高進行もあり、10-12月期の日本の実質GDPのマイナス幅は大きく拡大するとの予想も出ている。10月30日に日銀が発表した展望レポートでも、先行きの日本経済の予測については2009年度半ば頃までの停滞を見込んでいる。海外経済全体の成長率の回復が当分の間見込めないことから、国内の景気についてはさらに悪化傾向になると予想せざるを得ない。物価については景気減速に伴う原油価格の急反落などから今後は低下基調となると予想される。

 米国では新大統領にオバマ氏が決まったが、米国の景気は今後さらに低迷してくると予想され、景気対策を積極化してくる可能性がある。これは財政悪化要因となり、米債は今後の需給が懸念されていることで上値が重くなっている。円債も今年度の税収不足等も含めて、国債への増発圧力が強まって来ることも予想され、米国同様に需給が上値を抑えてくるとみられる。しかし、日銀が7年7か月ぶりに利下げに転じたが、欧米の中央銀行も積極的な利下げを行なっていることで、短い金利には低下圧力も加わりやすい。このため、イールドカーブはスティープニング圧力を強めてくる可能性がある。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-11-07 09:49 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー