「ほっ」と。キャンペーン

牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「牛さん熊さんの本日の債券、引け後」

・・・・・・・・・・引け後

熊「後場に入り、あきらかに地合が変わったと作者がぼそっと言っていた」
牛「これは債券市場のことではなく、東京株式市場の動向」
熊「公的年金の買い、いわゆるPKO(PRICE KEEPING OPERATION)と呼ばれる買い支えが入ったのではないかとの観測もあったが」
牛「それにしては、買い方が一時的でなく、波のように時を置いて入るなど、変った買い方でもあり」
熊「新日鉄やソニーなど一部銘柄が妙にしっかりとなる反面、銀行株など売られた銘柄は戻りは限られ」
牛「買っているとみられる銘柄が限定されているものも、その戻り方がややこれまでと違っていたようにも」
熊「今日の後場から空売り規制が入ったことによることが要因かもしれないが」
牛「この株の戻りに呼応したかのように、東京市場の引けにかけて、今度は為替市場が急激な動きに」
熊「これまで大きく売られていたユーロや新興国通貨に買戻しの動きが強まり」
牛「たとえばユーロ・円など14時半あたりは117円代たりだったのが、15時前に一時120円台に」
熊「ドル・円も同様に94円台あたりから、一時96円台に」
牛「この急激な外為市場の巻き戻しの動きは、一見、動きだけからは介入が入ったようにも思われたが」
熊「しかし、仮に介入だとすれば、かなり広範囲の通貨に入ったこととなり、しかも日本時間の引け際にするかな」
牛「日本の財務省・日銀の単独介入というのも、この動きからは考えづらく」
熊「現実としての協調介入も考えづらいことで、やはり株と同様に売られすぎの反動の動きと見て良いようにも」
牛「とりあえず少し落ち着いてから、この戻りの要因も明らかになるとみられるが」.
熊「これで株式市場が底打ちの見るのは早計だけど、しかし、そろそろいったん売りづらくなってくるのも確かかと」
牛「そんな中、債券市場はこういった動きに、あっけに取られていた感もあって」
熊「後場に入り、特に現物の商いはやや鈍っていたような感じもするが」
牛「20年国債の入札結果は最低落札価格100円35銭、平均落札価格100円43銭、応札倍率は3.52倍となり」
熊「テールも前回に比べて短いし、居所からも順調な落札結果となった」
牛「しかし、株の上昇もあり、債券先物は戻り売りに押され」
熊「特に引けにかけてはさすがに、円安株高の動きを受けて」
牛「債券先物は動きが鈍り、前日比90銭安の137円25銭の安値引けとなった」
熊「10年296回も引け後に、前日比+0.055%の1.530%に利回りが上昇したが」
牛「20年105回は前日比-0.015%の2.165%が、引けあとも一時買われるなどしっかり」
熊「しかし、株や為替など、売られるときも早いが、戻りだすとそのピッチも早くなる」
牛「マインドがやや改善されてきたようにも思うものの」
熊「海外市場動向、そして明日の東京市場の動向をチェックしたいところだな」
猫「さすがに朝は寒くなってきたわね」
熊「もう10月も下旬だし、富士山もすでに雪化粧しているし」
猫「冷え切っていた株式市場は、いつたん吹雪も収まるのかしら」
牛「雪解けはまだまだ時間がかかりそうやけど、少しぐらい暖かい風も吹いてくれないと」

・・・・・・・・・・お疲れ様でした。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-10-28 16:06 | 債券市場 | Comments(1)
Commented by 株の買い方 at 2011-09-29 21:39 x
とても魅力的な記事でした!!
また遊びにきます。
ありがとうございます!!
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー