牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「ファニーメイとフレディマックを政府の管理下に」


 ポールソン米財務長官は7日の記者会見で、経営難に陥っているファニーメイとフレディマックを政府の管理下に置くと発表した。このGSE2社合計で 2000億ドルの優先株購入枠を設定し、経営状況に応じて段階的に公的資金を注入する。また米財務省は、暫定プログラムにより月内にGSE2社のMBSの購入を開始。GSE2社の現在のCEOは辞任し新CEOが就任する。また、両社の普通株と優先株の配当は廃止される。バーナンキFRB議長は、GSE2社を政府管理下に置く決定に対し強く支持すると表明した。

 この報道を受けて8日の東京市場では日経平均は先週末比300円を超す上昇となり12500円台を回復。債券市場では先物の買いポジションの解消売りが入り、寄り付きから大幅な下落となり、先週末比80銭安の137円88銭で寄り付いた。

 これにより、米金融システム不安が完全に解消されるわけではないが、原油先物価格の下落により、世界的な株安や、外為市場ではドルや円が買戻されるなどしていたが、いったんそういったポジションの撒き戻しが入ってきたとみられる。しかし、米金融システム不安が解消に向かったとしても、米経済が急に回復するとは思われず、世界的な景気減速への動きもいくぶん緩和されることはあっても、当面は方向性は変わりないとみられる。このためポジションの撒き戻し解消後は、株の上値が再び重くなり、債券は押し目買いが入るとみられる。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-09-08 10:26 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー