牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「月曜日10時の債券先物への仕掛け」


 8月25日(月)の前場10時ごろから、債券先物にまとまった買いが入り、当日の安値から1円以上切り返すなど大幅な上昇となっていた。特に材料もない中、現物債にはむしろ高値警戒感なども強まっている中にあっての先物への買いだっただけに、不可解な動きとなった。これは一部のヘッジファンドが数千億円単位で、新規で買いポジションを作ったのではないかとも噂されていた。実際に5月25日の債券先物の建て玉は9千億円程度増加した。その後26日の建て玉は1千億円の増加となったが、27日に3千億円程度減少しており、利食い売りが入っていた可能性がある。

 そして、9月1日(月)の前場10時ごろから10時20分あたりにかけ、今度は数千億円単位のまとまった売りが入り(10時ちょうどから 20分までの先物出来高は1.3兆円)、債券先物は当日高値から74銭の下落となった。売りと買いの違いはあるが、時間帯や規模、値動きなど5月25日の仕掛け的な動きとの類似点も多く、同じ手口の可能性が高いとみられる。9月1日の建て玉を確認しなければわからないものの、買いポジションを解消し、あらためてショートポジションを形成した可能性もある。

 2日の10年国債入札も控えてのヘッジ売りなども加わっての大幅な下落となったとみられるが、債券先物の大口売り一巡後は債券先物はやや買戻されるなどしており、今回の相場が大きく変動した主要因は先物への投機的な売買ではないかとみられる。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-09-01 12:14 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31