牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「日銀支店長会議総裁開会挨拶要旨」


 本日、日銀の支店長会議が開催された。日銀のホームページにアップされた総裁開会挨拶要旨を前回4月の分と比較してみたい。

最初に国内経済について。

(7月)わが国の景気は、エネルギー・原材料価格高の影響などから、減速している。輸出は、「足もと幾分鈍化しつつも」増加を続けている。企業収益は、「交易条件の悪化等を背景にこのところ減少している」。そうしたもとで、設備投資は増勢が鈍化している。個人消費は、雇用者所得の緩やかな増加を背景に、底堅く推移している。生産は、横ばい圏内の動きとなっている。景気の先行きについては、当面減速が続くものの、その後緩やかな成長経路をたどると予想される。

(4月)わが国の景気は、エネルギー・原材料価格高の影響などから、減速している。輸出は増加している。企業収益は高水準ながら伸び悩んでおり、企業の業況感もこのところ慎重化している。そうしたもとで、設備投資は増勢が鈍化している。雇用者所得の緩やかな増加を背景に、個人消費は底堅く推移している。「この間、住宅投資は、回復に向けた動きがみられるが、なお低水準となっている」。生産は、やや強めに推移した昨年後半の反動もあって、このところ横ばい圏内の動きとなっている。景気の先行きについては、当面減速が続くものの、その後緩やかな成長経路をたどると予想される。

7月の「」内が前回分と違いがあった箇所である。輸出に関して足元鈍化傾向が意識されている。企業収益については日銀短観でも明らかになったように、4月の「伸び悩み」から「減少している」となっている。また4月にあった「住宅投資」に関する記述が7月には含まれていない。これを見る限り、足元景気については下方リスクをより意識したものとなっているとみられるが、先行き見通しについては「その後緩やかな成長経路をたどると予想される」との見方に変化はない。

海外経済情勢について

(7月)国際金融資本市場においては、米国のサブプライム住宅ローン問題に端を発した不安定な状態が続いている。「また、米国経済は停滞しており、金融市場・資産価格・実体経済の負の相乗作用が、いつ、どのように収束に向かうのか、不確実性が大きい。国際商品市況の高騰が続くなど、世界的にインフレ方向のリスクは高まっている。海外経済や国際金融資本市場を巡る不確実性」、エネルギー・原材料価格高の影響などに、引き続き注意する必要がある。

(4月)国際金融資本市場においては、米国のサブプライム住宅ローン問題に端を発した不安定な状態が続いている。また、原油価格をはじめとする国際商品市況の高騰や米国経済の下振れリスクなど、世界経済についての不確実性が高まっている。したがって、国際金融資本市場や世界経済の動向、エネルギー・原材料価格高の影響については、引き続き注意する必要がある。

海外経済情勢については7月に「米国経済は停滞しており、金融市場・資産価格・実体経済の負の相乗作用が、いつ、どのように収束に向かうのか、不確実性が大きい」として4月に較べてより警戒感を強めていることがわかる。また7月には明確に「世界的にインフレ方向のリスクは高まっている」としている。

国内の物価について

(7月)物価面では、国内企業物価は、国際商品市況高などを背景に、当面、上昇を続ける可能性が高い。消費者物価(除く生鮮食品)の前年比は、経済全体の需給が概ねバランスした状態で推移するもとで、石油製品や食料品の価格上昇などから、「プラス」を続けていくと予想される。

(4月)物価面では、国内企業物価は、国際商品市況高などを背景に、3か月前比でみて、当面、上昇を続ける可能性が高い。消費者物価(除く生鮮食品)の前年比は、経済全体の需給が概ねバランスした状態で推移するもとで、石油製品や食料品の価格上昇などから、プラス基調を続けていくと予想される。

大きな文面の違いはないものの消費者物価(除く生鮮食品)の前年比「プラス基調」から「プラス」と表記が変化しており、より強めの見方となっている。

総括

(7月)日本銀行は、経済・物価の見通しとその蓋然性、上下両方向のリスク要因を丹念に点検しながら、それらに応じて機動的に金融政策運営を行っていく方針である。

(4月)日本銀行は、経済・物価情勢を丹念に点検しながら、見通しの蓋然性とそれに対するリスクを見極めた上で、それらに応じた適切な金融政策運営を行っていく所存である。

7月には「上下両方向のリスク要因を丹念に点検」や「機動的」という言葉が入っている。これらは最近の白川総裁などの会見などで使われている表現でもある。リスクについては景気については下振れ、物価については上昇リスクを意識し、今後の金融政策については「機動的」な運営を行なうとしている。機動的というのはどのような動きを意味するのかは、今後の日銀の動向によって次第に明らかとなっていくものとみられる。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-07-07 10:39 | 日銀 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー