牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「ムーディーズ、日本国債の格付をA1からAa3に引き上げ」


 格付会社のムーディーズは、日本政府の円建て国内債券(日本国債)の格付をA1からAa3に引き上げたと発表した。格上げの理由としてムーディーズは継続的な財政引き締めや再建への取り組みへの期待をあげている。ムーディーズは昨年10月に日本国債の格付をA2からA1に引き上げていたが、その後格付見通しの変更等を経ずにいきなりの格上げとなった。これについては、政府や与党の財政再建へのコミットメントの強さを指摘している。

 昨年10月から比較して日本の財政再建が目に見えて進展しているわけではない。福田政権は「骨太方針2008」を決定し、歳出・歳入の一体化路線を維持したかたちになっているものの、与党からの歳出増圧力も強く今後も財政規律が維持されるかどうかはかなり不安定な状況下にある。このような最中での日本国債の格上げは違和感を感じざるを得ない。とはいうものの日本国債の格下げの際の理由付けも良くわからなかったことも確か。

 この格上げによる日本国債への影響、つまり日本の債券市場に対する影響そのものはほとんどないであろう。格下げがあっても日本国債そのものの価値が大きく減ずることはなかった。その意味で日本国債は危なくなかったと言えようが、政府の債務残高そのものは日本国債の格下げ時よりも膨れ上がっていることも事実である。そしてそれに対する現在の政府の取り組みは積極的といえるかどうか。消費税に対しての首相の言動も揺れ動き、2011年度のプライマリーバランスの黒字化も危ぶまれているのが現状でもある。格下げにしろ格上げにしろ、何故そのタイミングなのか理解が難しい。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-06-30 12:59 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー