牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「白川日銀総裁は景気と物価両睨みの姿勢を維持」


 6月13日の日銀の金融政策決定会合では、全員一致で現状の金融政策を維持することを決定した。そして、利上げを示唆したトリシェ発言や、インフレへの警戒を強めたバーナンキ議長に続いて、この日の白川日銀総裁の会見の内容が注目されていたが、さすがに協調利上げを示唆するような発言はなく、国内の景気と物価両睨みの姿勢を維持していることを示した。

 白川総裁は「インフレ予想変化するかしないか、金融政策考える、より重要なポイント」とし「景気下振れと物価上昇の両面のリスクを踏まえ金融政策を運営」する姿勢を示した。トリシェECB総裁やバーナンキFRB議長の発言に絡んでは「日米欧で景気と物価の状況は異なる」とし、「各国で同じような政策運営が協調しているということにはならない」と日欧米の中銀が協調して何かを行なうとの見方に釘を刺した。また「為替相場のみ取り上げて評価せず、意識するべきは景気物価全体」との発言もあった。

 ただし、「足元の物価上昇踏まえると、予想インフレ率はたぶん上がっている」、「現状の金融政策は将来の変化に応じて変化していく」、「世界的なインフレ方向のリスクは一段と高まっている」、「消費者のインフレ予想や企業の価格設定行動、より注意深く見ていく必要」として、インフレへの警戒も引き続き強めていることも示した。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-06-16 10:08 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー