牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「公的債務管理者会合」


 財務省のホームページによると5月13日から14日にかけて公的債務管理者会合(Government Borrowers Forum)が初めて日本で開催される予定だとか。

 Government Borrowers Forum(以下GBF)とは開催地の国債発行当局と世界銀行の共催により「世界各国の国債発行当局や中央銀行等が、国債管理政策に関して意見交換を行う会合」であり、例年、約30~40か国から100名程度が参加している会合で、毎年開催されており、今年で26回目の開催。

 今年のGBFにおいては、「額賀福志郎財務大臣が、会合冒頭にスピーチを行い、篠原財務官が、世界銀行のレイ副総裁とともに議長を務め、サブプライムローン問題の国際金融市場への影響や国債市場の最近の動向等について意見交換が行われる予定です。」(財務省ホームページより)

 2007年の会合における参加者は以下のとおり(こちらも財務省ホームページより)、アイルランド、アルジェリア、アルゼンチン、イスラエル、イタリア、インド、英国、カナダ、韓国、ギリシャ、グァテマラ、クロアチア、コスタリカ、コロンビア、スイス、スウェーデン、スロベニア、チェコ、チュニジア、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニュージーランド、パキスタン、フィリピン、フィンランド、フランス、ブルガリア、米国、ベルギー、ポーランド、ホンジュラス、南アフリカ、メキシコ、モンゴル、ルクセンブルク、ロシア(以上38か国)
[PR]
by nihonkokusai | 2008-05-08 09:19 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー