牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「松島温泉 乙女の湯」


 今年のゴールデンウイークは子供たちの予定のない3日に日帰りで温泉に出かけた。連休初日でもあり、どこに行っても渋滞に巻き込まれる可能性があったため、高速や国道は使わず行けるところを事前にチェックしておいた。今回の目的地は以前出かけたことのある喜連川温泉近くの「松島温泉乙女の湯」という温泉。ネットで調べたところなかなか良い温泉のようであった。

 途中までは何度か行った喜連川温泉への経路を辿っていたが、途中寄った百円ショップで購入した栃木県の地図を見るとどうやら近道がありそうで、しかも混雑が予想される陶芸の街、益子の中心街を通らずに済みそうなので、益子の手前から芳賀方面に。芳賀の道の駅で休息後、田植をしている農家のクルマしか通らないような道をひたすら進む。途中やや迷ったところもあったが、とりあえず当初の目的地の喜連川の道の駅に到着。ここで簡単に昼食を済ませて、目的の「松島温泉 乙女の湯」に向かった。

 喜連川の道の駅からは10分もかからなかっただろか、田んぼの中の看板を発見し「松島温泉乙女の湯」(http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Ematuon/)に到着した。普段は空いているらしいが、さすがにゴールデンウイークだけあってそれなりに駐車場は埋まっていた。一人当たり800円の入浴料を支払うと靴箱の鍵と交換にロッカーの鍵が渡される。

 ということでいよいよ温泉に入ったのだが、これが「単純アルカリ温泉」となっていたが、非常にぬるぬるしており初めての感覚である。温度も40度近辺で熱い湯が苦手な私にもちょうど良い。湯には細かい泡も出ており、湯の花もしっかり浮かび、鼻を近づけるとイオウの匂いが強い。まさに温泉、もちろん源泉掛け流しで、しかもシャワーも蛇口からも出てくるのも温泉である。湯船に入るとぬるぬる感を強く感じるが、それがすべすべ感に変わるのである。まさに乙女の肌のための湯のようであった。

 入ってみて予想以上に良い温泉であったことに驚いた。これまでも白根温泉の「加羅倉館」や、那須湯本で二つの源泉を堪能できる「雲海閣」など質の良い温泉を堪能したことがあるが、それらとはまた違った良さを持つ温泉であった。

 帰りも山道などを含む脇道を主体にまったくの渋滞なしに帰宅することが出来たが、それでも自宅からは2時間程度かかってしまった。もう少し近いところにあると毎週でもいけるのだが。ちなみに「松島温泉 乙女の湯」は東北道の矢板インターからはクルマで10分程度の距離にある。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-05-07 14:59 | 趣味関心 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー