牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「偶然の一致だとは思いますが」


 債券先物がストップ安となったのは2002年9月18日に日銀が銀行保有株購入の発表を行なったことをきっかけに債券先物が売られて以来となるが、そのストップ安となった翌々日に行なわれた10年国債入札で10年国債としては初めての「札割れ」が発生した。そしてこの日は拙著「日本国債は危なくない」(文春新書)が発売された日であった。

 そして今回2008年4月25日に債券先物は前日比2円を超す下げとなりサーキットブレーカーが働いたのだが、その前日24日に拙著「債券の基本とカラクリがよくわかーる」が発売されたのである。もちろんたまたま偶然ではあろうが、次回、債券関係の本を出す際にはとりあえず注意してみたい。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-04-25 16:07 | 本の紹介 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー